PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 腰部の組み立て② 腰部LEDユニットの組み込み1

こんにちは!今回は、PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 腰部の組み立て② 腰部LEDユニットの組み込み1です!

前回作成した腰部と脚部を組み合わせて、腰部にLEDユニットの組み込んで行きたいと思います!

ガンプラのサイズが巨大なので、一つの画像に写り込ませるにはなかなか苦労するところであります。(私事で恐縮です^_^;)

脚部は以前にご紹介した状態だと、LEDは組み込み済みで完成している状態です。

今回は腰部の組み立て時に、その脚部と脚部のLEDユニットを接続していきます。

LEDの接続自体はそれほど難しくなく、接続部分は凹凸がはっきりとしていて一方向からしか接続できないようになっています。

なので、方向を間違えて挿してしまったということは無いと思います。(多分、それぞれの口の大きさや形が違うから、間違ったところに挿すこともないでしょう。)

では行ってみましょう。

PGユニコーンガンダム製作・組立工程 腰部の組み立て② 腰部LEDユニットの組み込み1

まずは前回組み上げた腰部と、前々回組み上げた脚部を用意します。

DSC_0460

もうでかいの一言です!(ノ゚ο゚)ノ カッティングマットギリギリのサイズで撮影しています。

きちんと組まれていれば、画像のように脚部から1本、LEDのコードが出ていると思います。

DSC_0461

まずは右足から。画像ではすでに右脚部を取り付けた後ですが、説明書通りにすると、コードを腰部の穴に通してから、右脚部を取り付けるようになっています。

DSC_0462

前から見るとこんな感じですね~。腰の前方アーマーを取り付けると、このコードは全く見えなくなります。

DSC_0464

左脚部も同様に取り付けると、腰部の後ろから2本コードが出ているようになります。

DSC_0465

続いてLEDユニットの『b』パーツを用意します。2本脚で大地に立つユニコーンは芸術品ですなぁw(*゚o゚*)w

DSC_0466

まずLEDユニットの『b』パーツを画像のように腰部後ろの中央にある穴に挿し込みます。方向を間違えないように挿し込みましょう。(2本コードが出ている方が上側です)

ちなみに、『b』パーツは、奥まで差し込んでしまうと接続が難しくなる場合があるので、とりあえず少しだけ差し込んでおくとイイと思います。他のコードを接続した後で、奥まで差し込むと良いかと。

DSC_0467

LEDユニットの『b』パーツの上部から出ているコード(上部右側のコード)と、右脚部から腰部に通したコードを接続します。

DSC_0470

次に、LEDユニット『b』パーツの上部から出ているコード(上部左側のコード)と、左脚部から腰部に通したコードを接続します。

DSC_0471

少しずらした角度から撮影してみました。左右が別々で、クロスしないように接続していますね。

DSC_0473

ここで『b』パーツを奥まで挿し込みます。手前に出ている2本のコードは左右に振っておきます。画像では見にくいかもしれませんが、上のコードが左、下のコードが右です。

DSC_0474

そして、脚部から出ている、接続したコードを、腰部の枠に押し込んで格納します。無駄な配線を見えなくするように格納枠が付いているんですね。

DSC_0476

次に、いつぞやに製作した(笑)胸部を取り付けていきます。(8月28日なんで、1ヶ月以上前の記事ですね)

DSC_0508

まずはおさらいとして、胸部の後ろの画像をどうぞ。一番下のコードが重なっていて見にくいですが、これはサポートパーツの下から出てきているコードです。

DSC_0477

まずはその胸部サポートパーツの下から出ているコードと、先ほど組み込んだ『b』パーツの下から出ているコードを接続します。

DSC_0478

DSC_0479

見にくいので別の角度からも撮影してみました。(これでも少しわかりにくいですかね~。)

この辺りは配線が多いので、作業が少し複雑かもしれませんね。

DSC_0480

続いて腰部の後ろのアーマーを取り付けます。これでコードを隠してしまおうっていう魂胆ですね( ´艸`)

DSC_0481

取り付けると見事にコードが隠れてしまいました。見た目が複雑でなくなると、なんか安心します。

DSC_0483

PGユニコーンガンダムを組み始め、一番最初に組んだ台座を用意します。でかすぎてカッティングマットに収まりませんでした(汗(リモコンまで写り込んじゃってますね)

DSC_0484

胸部の後ろから出ている2本のコードを、台座の穴から通します。

DSC_0485

胸部と台座を接続して固定し、先ほど通した2本のコードのうち、接続口が大きい方と台座から出ているコードを接続します。

とりあえずここまでです。ここまで組み立てたら、いよいよLEDユニットの点灯チェックをします!

では点灯してみましょう!台座の手前下部にスイッチと丸いボタンがあるので、まずはスイッチを入れ、ボタンを2回押します。(2回押す理由はこの記事の最後に書いています。楽しみが薄れるかもしれないので、知りたくない人は最後を読まないようにしましょう。)

DSC_0486

う~ん、見事ですねぇ。実物は写真とは比べ物にならないくらい美しいです。まさに圧巻の一言です(個人的意見です(^o^))

DSC_0487

LEDを点灯すると、背中の配線もキレイに見えますね。

DSC_0488

DSC_0489

一通り全部点灯しているか確認します。点灯していない場合は、どこかが間違っている、もしくはLEDの不備が考えられます。(LEDのコードなどはしっかりとしているので、そんなに不備はないと思いますが。)

とりあえずここまでです。点灯テストが終わったら、台座のスイッチを切っておきましょう。

いや~、ここまでくると、楽しくて仕方がないですなぁo(^▽^)o ユニコーンもそこそこ組み上がってきて完成形がイメージできますし、LEDユニットの点灯テストが出来て、とてもいいものを拝ませていただきましたm(_ _)m(いいものを見れて、少し興奮気味です(笑))

これでデストロイモード、アンチェインドにするとどうなるのやら、楽しみがつきないであります。

改めてPGユニコーンガンダムとLEDユニットの性能に驚かされます。

さて次回は、この続きですね。腰のアーマー取り付けと同時に、この部分にもLEDユニットを取り付けていきます。お楽しみに。

よいガンプラライフを。ではでは~。

 

台座のスイッチを2回押す理由をご紹介します。

※台座のスイッチを2回押す理由・・・

台座のスイッチを1回押すだけだとユニコーンガンダムの目しか点灯しないようになっています。2回押すことでユニコーンガンダムの全身のサイコフレームが発光する仕組みになっているためです。

icon
icon
icon

⇒楽天でPG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でPG ユニコーンガンダムを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 置物猫

    on 2015年10月12日 at 20:33 - 返信

    こんばんは。
    下半身が完成すると結構大きさにビックリしますよね。

    私もバンシィ用にLEDを確保して、点灯テストをやりましたが、やっぱりわくわくしますね。

    とは言ってもまだ作り出していませんが・・・(;´Д`)

    また遊びに来ますねー。

    ヽ(´▽`)/

    • nori

      on 2015年10月13日 at 10:41 - 返信

      >置物猫さん

      コメントありがとうございます!

      でかいですね~(^^ゞ

      特に日頃HGなんて組んでいると、PGユニコの脚だけで圧倒されてしまいます。

      バンシィいいですね!黄色に光るLEDもキレイなんだろうな~(^^)

      悩ましいところです^_^

コメントを残す