RGシナンジュの製作② 金メッキ落とし

こんにちは!今回は、RG シナンジュの製作②をご紹介します!

せっかくのグロスインジェクション&金メッキで、素組みでも高い完成度を誇るRGシナンジュですが、今回はその艶を活かした塗装ではなく、つや消し&ゴールド塗装で仕上げていきます。ゴールドを塗装するには金メッキを一度落とさなければいけないので、その金メッキを落とし、プラスチック材質の状態にして塗料の食いつきを良くしておきたいと思います。

一方、赤色部分ですが、こちらはつやありのグロスインジェクションになっています。グロスインジェクションはどうやらメッキのようなコーティングではなく、つやありのプラスチック素材を流し込んで作られているようなので、(多分^_^;)塗装はグロスインジェクションの上からしていきます。

ではRGシナンジュの金メッキを落としていきます。RGシナンジュの金メッキを落とす方法も、以前紹介したMG百式Ver.2.0の金メッキの落とし方と同じです。溶剤で金色を剥がし、キッチンハイターで処理をしていく方法。

なのでそれほど多くを語らずともよいのですが、一応RGシナンジュの金メッキパーツと共に落とし方をご紹介していきたいと思います。

img_4597

まずはMr.カラーのうすめ液で金メッキパーツを浸します。一瞬で金色が落ちるので、溶剤はパーツが浸かる程度で大丈夫です。つからなくても落ちますよ、多分。あまりたくさん使うともったいないので、このあたりはビンボー精神で^_^;

それと、溶剤を一度に多く(多くはないけど・・・・)使うので、しっかりとマスクや換気をしてから溶剤を使うようにしましょう。

容器は金属製の容器を使います。プラスチック製だと溶剤で溶けてしまうこともあり得るので。金属製容器だと安心です。

img_4598

溶剤に浸した状態。入れた直後から徐々に金色が落ちていきます。

img_4599

1分位経つと、ほぼ金色は落ちてしまいます。調色スティックなどで優しく混ぜると、全体がまんべんなく落ちていくと思います。あまり激しくかき混ぜてパーツを破損させないよう注意です。パーツは金色が落ちて段々銀メッキパーツになっていきます。

img_4600

おそらく1分位で大丈夫だと思いますが、不安なら2分くらいつけておいてください。そして金色が落ちたら、パーツをディッシュやタオルなどに上げてパーツを拭き、金色を落とします。パーツを拭くのはティッシュで大丈夫です。パーツをなくさないよう1個ずつ慎重に金色を拭き取っていきます。

残った溶剤は、道具洗浄に使用したりして再利用します。塗料の希釈用に向かなくはないと思いますが、黄色が混ざってしまいます。黄色い塗装時に使うにはありかもです。(やったことが無いのでわかりませんが、使う場合は自己責任でお願いしますm(_ _)m)

img_4602

パーツの金色を拭き取ると、キレイな銀メッキになります。余裕がある場合はもう一度溶剤につけてもいいかもです。もう一度浸けるとより確実に金色が落ちると思います。

ちなみに大きめのシールド部分のパーツですが、溶剤で金色を落としている時にポキっと折れてしまいました_| ̄|◯ 仮組みから外した時は大丈夫だったんですが、外した時に少し弱っていたようで、ティッシュで金色を落としている時にポキっと折れました(T_T) このあたりは溶剤のダメージがあったのかもしれません。なので、あまり長時間溶剤に浸け置きしないよう注意しましょう。

img_4603

では銀メッキを落としていきます。今度は台所用のキッチンハイターを使用します。他の台所用漂白剤を使ったことがないので、他の漂白剤を使うとどうなるのかはわかりません。ここでは、この花王のキッチンハイターで銀メッキを落とします。

img_4604

っとその前に、一応さっとパーツを水洗いして溶剤を落としておきます。

img_4605

そして容器にパーツを移し、パーツが浸るくらい水を入れます。そしてキッチンハイターを水の半分の量くらい入れてかき混ぜ、パーツを浸けておきます。この時もパーツを破損させないように混ぜておきます。先に混ぜてからパーツを入れたほうがいいかもです。

img_4606

だいたい2分位で銀メッキが落ちてきます。画像が2分位たった状態。

img_4607

30分位浸けておくと、完全に銀メッキが落ちました。

img_4608

細部までキレイに銀メッキが落ちています。もし落ちていなかったら、もう少し漬けておきます。ですが何時間も漬けておくとパーツが弱ってくるかもしれないので、様子を見ながら確認していきましょう。それでも落ちない場合は、落ちないまま漂白剤から上げたほうがいいかもです。

img_4609

ざるに上げ、水洗いして漂白剤を落とします。その後パーツ洗浄して余分な脂や漂白剤などをキレイに落としておきます。パーツ洗浄はビニール袋に水を入れ、パーツを入れて食器用洗剤を数滴入れます。ビニール袋のフタを縛ってよく振ってパーツの汚れを洗い落とします。よく振って汚れを落としたパーツをざるに上げ、しっかりと水洗いして洗剤を落として完了です。

もちろん超音波洗浄機を使ってもいいかと思います。やりやすい方をお試しくださいませ。

img_4610

以上で金メッキ落としの終了です。しっかりとパーツを乾かして塗装に備えます。

それにしてもこの黄色いパーツ、何気にグロスインジェクションなんですね。黄色のつやつやパーツになっています。ということは、やはりつやつやのプラスチック素材を使ってランナーをプレスしているってことですね(多分^_^;)。 なので、この黄色いパーツもこのつやつや状態から塗装をしていきます。

それでは次回は、ちょいちょい塗装、ちょいちょい合わせ目消しなどをしていきます。塗装の前準備として、各パーツのヤスリがけとパーツ洗浄も忘れずにしておきます。いつものことなのでここではヤスリがけとパーツ洗浄のご紹介は省いてちゃちゃと進めたいと思います。どうぞご了承を。

では今回はこのへんで。良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRGシナンジュを探す


コメントを残す