PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 頭部の組み立て①

こんにちは!今回は、PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 頭部の組み立て①をご紹介します!

さていよいよ頭部の組み立てですね~。

脚部、胸部、腰部、腕部ととても長い道のりだったような気がします(;´∀`)PGユニコ本体としては残るは頭部とバックパックだけなので、完成まであと一息ですね!

その後の武器とフルアーマーユニットの組立のことはひとまず忘れて、とりあえず完成を急ごうと思います!

ではちゃっちゃと参りましょう!

PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 頭部の組み立て①

まずは頭部のパーツ一覧からご紹介します。

DSC_0460 DSC_0461

パーツ数がたくさんあると言っても、これまでの脚部や腕部と比べれば鼻くそのようなものですね。(言葉が汚かったですね。スンマソン^_^;)

アンチェインドで展開する部分が若干増えたのと、頭部の側面が取り替え式ではなく、本編通り回転する使用になったのが、MGユニコとの変更点ですね。あとはブレードアンテナが塗装しやすいように細かく分けてあります(ありがたや)

おかげで細いパーツが多くなっていますが、これまでのことを思うと組むにはそれほど困らないので、ちまちまやっていきましょう!(ちなみに細いパーツを無くさないように注意しましょう)

DSC_0462 DSC_0463 DSC_0465 DSC_0466 DSC_0467

とりあえず内装パーツですね。特に問題は無いと思うんですが、ピンクのクリアーパーツの向きは注意ですね。逆向きに挿してしまうと外すのが面倒なので注意しましょう。

DSC_0468 DSC_0469 DSC_0470 DSC_0471

続いて頭部の上側です。アンチェインドでの展開部分がついているので、組むパーツが増えています。この部分は向きに注意です。あと、バルカン砲のパーツは小さいので無くさないようにしましょう。

DSC_0472 DSC_0473

とさかの部分です。緑のクリアーパーツは先が折れてしまって、形状が変わっています。パーツの形をこのサイトで確認しながら組んでおられる方、すいませぬ。m(_ _)m本当はもう少し長めのパーツになっています。

DSC_0474 DSC_0475 DSC_0476

ブレードアンテナ部ですね。ここも細いパーツを取り扱うので注意が必要です。アンテナと分けてあるので色分けできて助かります。あと、アンテナにつけるときには向きに注意が必要です。凹部と凸部に気をつけて取り付けます。

DSC_0477 DSC_0478

デストロイモードのマスクです。各パーツ全て色が別のパーツで組み合わされています。

DSC_0479

DSC_0480

ユニコーンモードのマスクです。

DSC_0481 DSC_0482

頭部の両サイドアーマーです。変形時に回転する部分ですね~。球状の部分が回転軸になっています。素組みだと少しゆるく、ぽろりする可能性がある箇所なので、何らかの対処が必要かもです。まあ固定しておく部分なので、ゆるくても問題ないわけですが、塗装などをすると保持力が高くなります。

DSC_0483

以上でLEDユニットを組み込む前のパーツが揃いました。

サイズが大きいだけに、頭部の構造も複雑で、細いところまでパーツが分かれています。例えば内部フレームに取り付けるピンクのサイコフレームだったり、頭部両サイドのアーマーにつけるユニコーンモードの頬のパーツだったり、サイドアーマーの内側のフレームだったり。

このようなところは細部がリアル化されていて、一つのパーツで成り立っているものよりも見た目が美しいですね。

これらのところは実際組んだ時にちら見する部分だったりするので、そういった配慮がされているのはありがたいです。PGというグレードとすれば必須の部分なのかもしれませんが。

さて、今回はこれぐらいですね~。LEDユニットの組み込みはまた次回ということで。

では良いガンプラライフをお過ごしください!

ではでは~。

icon
icon
icon

⇒楽天でPG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でPG ユニコーンガンダムを探す

コメントを残す