PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 胸部の組み立て①

こんにちは!今回はPGユニコーンガンダムの製作・組立工程 胸部の組み立て①をご紹介します!

いよいよユニコーンガンダム本体の製作・組み立てに移っていくわけですが、パーツが多いだけに細部まで細かく再現されています。

パーツの中から使うパーツを探すのは結構大変で、探すのに時間がかかってしまうでので、塗装した時にパーツ分けをしておけばよかったと少し後悔(´_`。)

いやこれでも、ある程度分けてるんですけどね~。まあそういったパーツ探しも楽しみの一つであります(ザ!プラス思考)

では胴体の組み立てに行ってみましょう。

PGユニコーンガンダム製作・組立工程 胸部の組み立て①

DSC_0487

胸部の内部パーツです。コクピット周りですね。コクピット周りだけでもこのパーツ数です。

中心にはピンクのアクリルパーツ、周りはグレーなどのパーツでしっかりと固められています。

画像に影が写ったりぼやけていたりグダグダですが、そこはご容赦を^_^;

DSC_0488

ここで早くもバナージくんが登場します。

DSC_0490

バナージくんは細かく塗装をしました。極細筆でラインを塗装しています。髪の毛がブラウンですが、実際はもっと黒い髪をしています。

塗装前の状態ではラインなども細かくモールドがしてあるので、塗装はかなりラクです。箇所ごとに細い筆を使って塗装していけば、それなりに綺麗に塗装できると思います。

タミヤメイクアップ材シリーズ No.48 モデリングブラシ HF 面相筆 極細 87048

DSC_0491 DSC_0492

上の画像にあるグレーのパーツを逆方向に入れてしまうと、変形時に腰が伸縮しないので気をつけましょう。(自分が失敗したので^^;)

DSC_0493 DSC_0494

コクピットの球体がついたパーツを前後ろ逆に付けないように注意が必要です。

DSC_0497

いい感じに組み上がってきてますね!プチモビ(トロハチ)みたいです(笑)バナージくんがコクピットでいい感じになっています。

DSC_0496

コクピット周りの胴パーツ類です。

DSC_0498 DSC_0499

これでここまで胸部の内部系を組み立てました。変形機構の腹部を伸び縮みさせてみます。

DSC_0500

 

組み立ては差し込みにくい部分とか、合わない部分とか、そういったところがないのですごく組みやすいです。

腹部の伸縮も固定部分があるので、伸ばしても縮めてもしっかりと安定して固定されています。

塗装での注意点としては、

パーツが多いので、どの色で塗装するのかしっかりと見極めてから塗装することが大切だと思います。

間違って変なところに違う色で塗装したということがないよう、よく注意する必要があるかと。

さて次回は、胸部の組み立て②、胸部の外観を作っていきます!

いよいよユニコーンの白い外観がお目見えするので、やや興奮気味ですが、できるだけいいものに仕上げたいと思います!

ではでは。

icon
icon
icon

⇒楽天でPG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でPG ユニコーンガンダムを探す


コメントを残す