HGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程 腕部の組み立て②

こんにちは!今回は、HGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程 腕部の組み立て②をご紹介します!

前回の続きですね~。もうすぐMGのフルアーマーガンダムが発売されるので、それまでになんとかHGの組み立てを終わらせますよ~。MGフルアーマーガンダムの発売日が2016年7月23日で、写真レビューなどを含め、組立工程のご紹介があと7回程度。発売日まであと6日なので・・・・・

間に合わんではないか~~~~!!!_| ̄|◯

まあこれが理想と現実ってやつですよね。ぶっちゃけ、HGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程が終わったあとにはHGサイコザクをご紹介するつもりなので、発売日に間に合わないからどうということもないんですけど・・・・。(じゃあ間に合わせるという目標はなんだったのか・・・・)

まあ、何事も目標って大切ですよね~。結果を出すためにはまず目標設定をってね。

さて、うまくオチも付いた?ところで、腕部の続きをどうぞ!

DSC_0086

まずはショルダーアーマーの組み立てから。合わせ目処理をしていないので、フツーにアーマーを組み合わせていきます。

DSC_0087

DSC_0088

DSC_0089

多少合わせ目が目立つところでありますし、あとシールの凹凸が少し目立つかな~。やっぱマーキングシールの限界というか、ありますよねぇ。まあアップ画像なので余計目立ってますけど、組み上げた後に全体を見るとそれほど気になるものでもないです。見る角度によっても違うので、マーキングシールでも悪くはないですよ。

白いスラスター箇所のパーツを取り付けていきます。この部分は合わせ目が出ないよう、凹凸部分で合わせてあるので問題無いですね。ハメこむ向きには注意です。一応差込口がL字になっているので、普通に差し込めば間違えることはないと思いますけど。

DSC_0090

DSC_0091

DSC_0092

赤いスラスターパーツを取り付けていきます。スラスターは脚部、肩部、バックパックなど各箇所に点在しているので、ランナーからすべて切り取って組み立てたりする場合には、サイズに注意して取り付けます。あと、パーツが小さいので、無くさないように注意して取り扱いましょう。まあHGのサイコザクほどスラスターが小さくは無いので助かります。

HGサイコザクのスラスターはホントに細かいので、ちょっとしたことでぶっ飛びます(笑)

DSC_0093

DSC_0094

DSC_0095

DSC_0096

これで肩部完成です。本編でジムのスラスターはパイロットが操縦席でレバーを動かすとゴリゴリ動いてましたけど、このHGフルアーマーガンダムのスラスターはあまり動きそうにない感じですねぇ。本物はしっかりと動くようになってるんでしょうけど。

DSC_0097

続いて前腕部分を取り付けていきます。すでに合わせ目処理をしているので、ただ差しこむだけの状態。合せ目消しをしない場合は、PC①とPC⑤のポリキャップを挟んで左右のパーツで組み合わせます。ポリキャップの入れ忘れに注意するのと、PC⑤のポリキャップ(手首側)にはハメこむ向きがあるので、説明書をよくご覧頂き、差しこむようにしましょう。

DSC_0098

だいぶ腕部らしくなってきました。白い箇所には合わせ目のような縦のラインが目立ちますけど、この箇所には段差のあるモールドが・・・・・無いですね^_^; やはり合せ目消しをしていないだけです。完璧主義の方はぜひ合わせ目を消しちゃってくださいませ^_^;

DSC_0099

横面にすると、モールドがどういうラインをたどっているのかがわかるので、組み立ての参考になるかと思います。

DSC_0101

ではマニピュレーターと腕部、肩部を組み合わせていきます。マニピュレーターの甲のパーツは本来白いのですが、ちょっとした変化を加えて色を変えてみました。マニピュレーターには2連ビームライフルや5基ロケットランチャーを持たせるので、あまり甲の部分が目立ちません。チラ見程度なので、ほんのひと味ですが、気持ちリアル感が出ています。

DSC_0102

DSC_0103

素組みレビューでもご紹介しましたが、この腕部は可動箇所が2箇所あるので、なかなかよく曲がりますよ。四角くてゴツい割りに表現力が豊かな関節になっているので、ポージングも楽しめます。

塗装後の腕部を曲げた状態がないので、素組み時の曲げた腕部をご覧くださいまし。

DSC_0064

ここまで曲がればなかなか優秀ですね。

DSC_0104

両腕部を組み立てておきます。組み立てた後でご紹介するのもあれなんですけど、前腕のパーツは長方形の穴が外側にくるように取り付けておきます。もし間違えた場合は、肘の付け根から差し替えるだけでOKです。

DSC_0105

では腕部と胸部、頭部を組合せて上半身を完成させます。胸部の腕の付け根にあるアイアン色パーツは比較的抜けやすいですが、腕部を差し込むことで抜ける隙間がなくなり、しっかりと固定されます。頭部もゆるゆる感がなく、しっかりと固定されます。やはり各箇所にポリキャップの恩恵を受けていますね。グリス処理もいらないくらいスムーズに動きますし、強度もしっかりとしています。さすがに少しお値段が高いことはありますな。

DSC_0106

DSC_0107_2

上半身の完成です。胸部アーマーの脇には、パーツを上下で組み合わせた時にできるラインがありますが(画像やじるしのところ)、モールドとして捉えると逆にメカっぽくていいかと思います。気になる方は合せ目消しをどうぞ。でも合せ目消しをすると、胸部の横面がツルツルになって味気ないものになってしまうかも。合わせ目を消して、独自のスジボリをするのもありかもです。

DSC_0108

 

DSC_0109

以上で腕部、そして上半身の組み立て終了です。

本編を見たからか、組立工程を見ていると頭でジャズの音楽が流れてきます(笑)さすがに音楽の効果って侮れないですよね。劇中のインパクトあるシーンも浮かんできますし、また作品を見返したい気分にもなります。サンダーボルトを見た方は、自分と同じようにジャズが流れてくるのではないでしょうか。ジャズが聞こえたら、イオ・フレミング少尉が来た合図ですからね~(笑)

では次回は脚部の組み立て工程をご紹介していきます。お楽しみに~。

良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.を探す


コメントを残す