RE/100 バウの製作① 改修

こんにちは!今回は、RE/100 バウの製作① 改修をご紹介します!

1

前回製作した1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスと比べて随分名前が短くて拍子抜けしてしまいますが、今回からRE/100バウの製作をしていきます。

RE/100(リボーンワンハンドレッド)シリーズは組み立てやすさと完成度の両方を求めたハイクオリティブランド。なのでこのRE/100バウも変形機構やしっかりとしたディテールを持ちつつも組み立てやすいキットになっています。これは製作や塗装に関しても同じで、比較的改修しやすかったり塗装しやすかったりしているキットでもあります。

今回の製作は、基本は今まで通りですが、かなりらく~な感じでオーソドックスに済ませています。(いつものことですね^_^;)キットを見てその出来に、『そんなに複雑な改修いる?・・・・』と感じたもので。メタルパーツはちょいちょい加え、マスキングによる色分けもしていますが、まぁ程よくって感じです。変形機構があるのであまり複雑にして不具合が出てもイケないですし、最低限手を加えた感じになりました。

ではまずは、ちょこっと改修まがいのことをしておきます。今回いじった箇所はいつものメタルパーツ埋め込みとモノアイの変更です。モノアイは以前製作したRGシナンジュで使ったルミドームSPプレートが余っていたのでこれを使用しました。

2

ルミドームとSPプレートは共に2.0mm用のものを使用します。

3

まずはモノアイのパーツに、SPプレートが収まるように穴を開けておきます。穴は2.5mm。ピンバイスで開けておきました。っと、ここは一気に2.5mmのドリルを使うのではなく、1.0mm程度のドリルで中心部に穴を開けておき、その穴を基にして1.7mm、2.5mmと徐々に穴を大きくしていきます。そうすることで中央からずれないきれいな穴を開けることができます。

4

SPプレートの外周は2.7mmなので、2.5mmの穴ではモノアイが収まりません。なので、2.5mmの穴を開けたら、ダイヤモンドビットなどで少しずつ穴を広げてやります。そしてモノアイが収まるサイズまで穴を開けておきます。もちろんピンバイス2.7mmで一気に開口させてもいいのでしょうが、あまり派手な穴になっても困るので慎重に開けておきました。あまり大きいサイズのピンバイスで穴を開けると、パーツが破損したりすることもあるのでご注意くださいまし。

ここではまだモノアイを接着せず、かみ合わせを確認するだけです。

5

続いてメタルパーツを埋め込む穴を開けておきます。こちらもピンバイスを使用して穴を開けます。画像がこれ一枚なのでわかりにくかもしれないですね、申し訳ないです^_^;

肩部と膝部は2.0mm、フロントアーマーとリアアーマーは1.0mm、脚部のアポジモーター部分(内側の脹脛辺り)は2.0mm、そしてシールドのスラスターは1.0mmで中心部に穴を開けて1.7mmで広げています。メタルパーツ用の穴あけ方法を詳しく知りたい方は以下のリンク先を御覧くださいまし。⇒ガンプラの製作・塗装工程③ 改修(メタルパーツ用の穴あけ・スジボリ・合せ目消し・肉抜き穴埋めなど)

そして使用するメタルパーツは、肩部と膝部にイボルブワークスの2.0mmマイナスモールド、フロント・リアアーマーにイボルブワークス1.0mmマイナスモールド、アポジモーター部分に、プラモプラスのロングアポジゴールド、シールドのスラスター部分にプラモプラスのPPソケットノズルA1を使用しました。PPソケットノズルA1は長いので、細いシャフト部分はペンチでカットして使用します。これらの埋め込み詳細はまた後でご紹介しますのでお楽しみに。

改修点は以上です。いつも通りっちゃあいつもどおりですね~。バックパックのスラスターも変えようかなーと思ったのですが、妥協してしまいましたm(_ _;)m なので今回のRE/100バウは、こんな感じでゆる~く製作していきたいと思います♪

では次回はバウを塗装していきますのでまた次回をお楽しみくださいまし。サクサクっと紹介していくけぇねー。(久々の広島弁・・・・)

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRE/100バウを探す
⇒駿河屋でRE/100バウを探す

コメントを残す