PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 腕部の組み立て②

こんにちは!今回は、PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 腕部の組み立て② をご紹介します!

前回からの続きですね。腕部の組み立てになります。

ここではPGユニコーンガンダムのショルダーアーマーとマニピュレーター付近を組み立てていきます!

ショルダーアーマーはアンチェインドで展開する部分があって、それによってMGとは若干構造が変わっているものになっています。それだけに、組み間違えたりすると展開しなかったりということもあるので気をつけて組んでいきましょう。

では行ってみましょう。

PGユニコーンガンダムの製作・組立工程 腕部の組み立て②

DSC_0497

まずはショルダーアーマーのパーツ一覧です。パーツ数はMGユニコーンガンダムと比べて少し増えたくらいですかね~。

DSC_0499  DSC_0501

まずはショルダーアーマーの内部フレームを組み立てていきます。どのパーツも向きを間違えないように注意しましょう。はじめの段階で間違いに気づく分には修正がラクですが、外装パーツを取り付けた後に間違いに気づくと厄介です。

DSC_0502 DSC_0503

続いてサイコフレームを取り付けていきます。サイコフレームを取り付けた後で、一旦アンチェインドでの展開ができるか確認しておきましょう。とくに、塗装をしていたりすると展開しにくくなる可能性が高いので対処が必要です。正しく組んでいても、展開しなくてまた分解しなければいけないこともあるかもしれません。

DSC_0504

この外装パーツの取付はそれほど問題無いですね。

DSC_0505 DSC_0506 DSC_0507

それほど問題ないので流し組みでした。注意点はやはり向きを間違えないように組むことですね。

DSC_0508 DSC_0509

DSC_0510

下の2個の外装パーツを上部に取り付けるわけですが、この取り付け部分(ショルダーアーマー上部のアイアン色パーツ)を逆向きにはめてしまっていることをこの段階で気づく場合があります。うわっ!逆だったなんて。

そうなるとまた外装パーツなどを外して直さないといけないので、はじめの段階できちんと向きがあっているかを注意しておく必要があるんですね。

(今回やけに注意勧告を出しますが、自分がそうだったのでしつこく伝えてみました(^^ゞ)

DSC_0511  DSC_0513 DSC_0514

DSC_0512

これでショルダーアーマーは完成です。左右両方組み立てておきましょう。

DSC_0515

ここからはLEDユニットを組み込む前の、腕部の残りの外装パーツを用意して組み立てていきます。LEDをユニットを組み込むため、中途半端な状態での完了となります。

あと、説明書では右腕から右腕LEDユニットの組み込みという流れですが、ここでは左右両方とも組んでおきます。

DSC_0516 DSC_0517

外装パーツですね。左右で形が違うので、ここも若干注意が必要ですね。

DSC_0518 DSC_0519

次に腕部内部フレームを組み合わせていきます。ここまでで組んだパーツを一つに繋げていきます。向きに注意しましょう。

アイアン系の上下2パーツを組み合わせますが、差し込み部分が若干強度が弱く抜けやすいので、強度が増すように調整してもいいかもしれません。

DSC_0520

続いてマニピュレーター部分です。パーフェクトグレードなだけに、マニピュレーターがとてもリアルです。MGのユニコーンガンダムはエモーションマニピュレーター(全ての関節が稼働するマニピュレーター)ではなかったので、これは新鮮ですね♪

DSC_0521

真ん中の四角いパーツは向きを間違えないように注意しましょう。

DSC_0522

このビジュアル、たまりませんなぁ(^o^) 今にも動き出しそうな躍動感を感じます!

ショルダーアーマー以下にご紹介した外装パーツ、腕部内部フレーム、マニピュレーター部分も、左右両方とも作っておきましょう。

DSC_0523

以上で、LEDユニットを組み込む前の腕部組み立ては終了です。LEDユニット組み込みに必要なパーツを集めてみました。

では次回、これら腕部にLEDユニットを組み込んでいきたいと思います!

ここまでの疲れを癒やす?ための動画をどうぞ!

えーですなぁ。それでは良いガンプラライフを!

ではでは~。

icon
icon
icon

⇒楽天でPG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でPG ユニコーンガンダムを探す

コメントを残す