HGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程 胸部の組み立て

こんにちは!今回は、HGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程 胸部の組み立てをご紹介します!

今回からHGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.の組立工程に入ります。プラモ狂四郎時代からのMSVフルアーマーガンダムとはちょっと違い、基本的なフォルムを残しつつ、オリジナリティが表現されているサンダーボルトバージョンです。

鉄血のオルフェンズHGシリーズなどと比べるとやや関節の可動域などに制限があり、ポージングなどでは少し不満もあるところですが、外見的には見慣れたスクエア(四角)な形状で、昔ながらのディティールが楽しめるのは嬉しいところです。ストーリー上悪役設定ということで、カラーリングもどこかしら華やかさは控えめですけど、ゴツゴツ感はありますし、重装甲の醍醐味は組立工程からも味わえるので、ガッツリ組み立てて完成させていきましょう。

では胸部の組み立てからどうぞ。

DSC_0036

まずは胸部のパーツ一覧です。胸部の各パーツが横割りになっているので、組立後に合わせ目が極力目立たないようになっています。この辺りの形状は昔からのフルアーマーガンダムみたいですよね。

DSC_0036_1 DSC_0036_2

DSC_0037

ポリキャップのカバーパーツは、取り付ける向きに注意です。表面にL字型のディティールがあるので、その形を頼りに向きをあわせて行きます。おそらく下の画像の方が、はめこむ向きが分かりやすいと思います。

DSC_0038_2

画像のとおり、手前に幅が狭い方を、奥に幅が広い方を持っていきます。

DSC_0039

DSC_0040

上・中・下と、パーツを組み合わせます。

DSC_0041

DSC_0042

まあ特に注意するところもなく、サクサクと組んでいけますね~。この感じ、お馴染みのガンダムアーマーですよ。プラモ狂四郎時代には、パーフェクトガンダムとフルアーマーガンダムに大変お世話になりました(笑)

パーフェクトガンダムといえば、昔コミックボンボンで完全自作のパーフェクトガンダム記事が出ていました。フィギュ速さんのページを見ればネットでもお目にかかれるので、少しご覧くださいまし。⇒【ガンプラ】パーフェクトガンダムを自作しようとしたよね

小学生のころコレを見て、なんとか作りたいなーと思いチャレンジしましたが、挫折してしまいました。今考えても『ムリじゃね?』と思えるくらい無謀な組み立て内容だったと思います。プロモデラーで常に自作してる方ならできるでしょうけど、小学生にコレを作らせるのはどう見ても『ムリじゃね?』と感じるのは自分だけでしょうか^_^; 肩を木片とプラ版で自作するって・・・・

DSC_0043

続いて胸部フロントアーマー、首部パーツ類を取り付けていきます。胸部フロントアーマーもフルアーマーガンダムおなじみの装甲ですね。

DSC_0044

DSC_0045

DSC_0046

首周りにもシーリングがあります。製作時にご紹介しましたが、サンダーボルトに登場するキットには、関節にゴムカバーのようなシーリング処理がされています。ちなみに、MGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.は、このシーリング処理がゴム素材で組み込むようになっています。

昔あったパトレイバーのイングラムのような感じになるんですかね~。それとももっと高品質な素材になるのでしょうか。いずれにしても楽しみです♪

DSC_0047

外装のワンポイントである、胸部のパーツと肩のパーツを取り付けていきます。

DSC_0048

DSC_0049

DSC_0050

シーリング処理があるせいで、全体的に金属感は少なめです。機械感をなくさないために、所々にアイアン系を使って金属感をチラ見せさせるようにしています。アイアン系パーツが見えることで、全体的に少し締まって見えるのではないでしょうか。

以上。胸部の組み立てでした。

今回は組み立て内容よりも過去の話題がメインでしたね^_^; 昔懐かしのキット名もいくつか出てきました。イングラムやパーフェクトガンダムなど、プラモ世代の方には馴染みのある名前でしょうし、当時の記憶も懐かしく感じることでしょう。

フルアーマーガンダムの形状が今も生きているということは、それだけ当時のデザインも素晴らしいものだったということが言えると思います。少し下町の工場チックな材質と形状で親近感もあるデザインなので、人気が高い理由もなんとなく分かります。もはやレジェント的なキットなので、そういった懐かし気分も思い出しながらサンダーボルトバージョンを組んでいただければと思います。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGフルアーマーガンダムサンダーボルトVer.を探す


コメントを残す