HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の製作③ スミ入れ・細部の塗装・トップコート・メタルパーツの取り付けなど

こんにちは!今回は、HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の製作③をご紹介します!

35

前回大まかに塗装を済ませましたので、スミ入れや細かな塗装などをして仕上げていきます。工程としてはまあいつものとおりなんですが、スミ入れ⇒細かな塗装⇒トップコート前のマスキング⇒デカール貼り⇒トップコート⇒メタルパーツの取り付け⇒組み立てです。

組み立てはまた後日説明書どおりに順を追ってご紹介していくとして、今回はそれ以外の仕上げ的工程をギュッと凝縮してお伝えしていきます!ではスミ入れからどうぞ。

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.のスミ入れ

31

ちょっと散らかっちゃってますが、いつもどおりコピックモデラーのブラックで白いパーツに墨入れしていきます。っていうか、他は全部黒っぽい塗装なので、白いパーツにしかスミ入れするところって無いですよね^_^; このあたりはラクーな感じです。アンテナのラインもキレイにスミ入れしておきます。

以上、スミ入れでした。って、終わりかい!

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の細部の塗装

32

続いて細部の塗装です。ガトリングガンととさか部分のセンサーはエナメルのフラットグリーンで筆塗り。頭部のライン、胸部のラインはフラットブラックで少しアクセントを加えています。

以上、細部の塗装でした。・・・・・早っ!これだけ?( ゚д゚)

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.のトップコート前のマスキング

33

トップコート前のマスキングとして、塗装した背中のサイコフレーム部分にマスキングをしておきます。

以上、トップコート前のマスキングでした。・・・・・・小刻みに出してくんじゃねぇ(# ゚Д゚)

シールド裏など他の部分は塗装時にマスキングを済ませているので問題ないですねー。なので今回はこれだけです^_^;

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.のデカール貼り

36

デカールは別売りのガンダムデカール「HG RX-0 ユニコーンガンダム用」を使用します。このデカールはHGユニコーンガンダム単体用のものなので、フルアーマーユニット分の水転写デカールは含まれていません。ですが、シールドのビスト財団ロゴくらいは入れられるのでちょうどいいかと。その他余ったデカールはフルアーマーユニットに使ってもOKです。

37

相変わらず品薄でかなり高額になっているので、使わなくても入荷したらとりあえず入手しておくのがいいですね。

そのまま説明書通りに貼り付けていきます。・・・・と思ったのですが、ガンダムデカールにはいかんせん番号がついていない。なので、どれを何処に貼ったらいいのかわかりませんでした。検索でデカールの番号が記載してあるサイトを見つけたので、そちらを参考にデカール貼りをしていきました。

もしガンダムデカールを使用の際は、以下のサイトをご覧くださいまし。

fruntal デカール貼る位置 HGUCユニコーンガンダム

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.のトップコート

ではデカールを貼り終えましたので、トップコートをしていきます。トップコートもいつも通り、Mr.カラーのスーパークリアーつや消しNo.182です。

38

トップコート後のパーツ一式です。白いパーツにはクリーム色が入っているので、少し茶系の白のいい感じが出ています。

39

ではマスキングをしていた箇所のテープを剥がしていきます。ほとんどシールド関係ですねぇ;

40

マスキングテープを剥がすとこんな感じ。キレイに色分けやトップコートができました。シールド内側がギラギラしすぎていると気になる方は、内側のディティールに沿ってマスキングをし、ダークグレー系2色で色分けしてもかっこよくなるかもです。

■HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.のメタルパーツ埋め込み

では最後の仕上げとしてメタルパーツを埋め込んでおきます。穴あけ時にご紹介しましたが、使用したのはイボルブワークス製のマイナスモールド1.0mmと1.7mmサイズのものです。

41

胸部、脚部、肩部には1.7mmサイズ、腰部フロントアーマー部分には1.0mmのマイナスモールドを埋め込みます。1.0mmはかなり小さいので、つる先ピンセットでもはさみそこねると遠く彼方に吹っ飛びます(笑)ちょっと大げさですが、小さいだけに、吹っ飛ぶと探すのが苦労するので、注意して取り付けます。

42

埋め込むとこんな感じ。何度もお伝えしていることですが、初心者の方のために今一度ご説明を。裏面から瞬接を付け、表側からメタルパーツを埋め込んで精密マイナスドライバーで角度調整をしておきます。

 

以上です。制作①でご紹介したメタルバーニアの取り付け穴開けは、実はこの後で行っています。どちらのタイミングでも問題ないと思いますが、メタルバーニアの取り付けに関しては組み立てながらでないと難しいので、参考にしたい場合は、このあと順を追ってご紹介していく組立工程を御覧くださいませ。

では次回から、HGフルアーマーユニコーンガンダムレッドカラーVer.を組み立てていきます。お楽しみにー。

さてさて、HGガンダムバルバトスルプスが発売され、鉄血のオルフェンズ第2期がスタートしました。空から登場するガンダムバルバトスルプスにバトルシーンの迫力、何も分からなかった第1期の第1話と比べて知っていることも多いので、見ていてワクワク感を感じます。かなり期待大ですね♪

ストーリー上、モビルスーツの生産が拡大したと言うことで、1期以上に新機体の登場数が多いと予想されます。ですがその分、ガンプラも楽しみなキットが増えるのは嬉しいところです。全部買うにはさすがに苦しいかもしれませんが、じっくり吟味して組み立てていきたいと思います!

では鉄血のオルフェンズ第2期を楽しみつつ、良いガンプラライフを送りましょう♪

ではでは~。

⇒楽天でHG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でHG ユニコーンガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ユニコーンガンダムを探す


コメントを残す