HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の製作① 改修ポイント

こんにちは!今回は、HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の製作①をご紹介します!

1

今回からHGUC 1/144 フルアーマーユニコーンガンダム(デストロイモード/レッドカラーVer.)の製作をしていきます。名前が長いっすねぇ。なので、フルアーマーはFAと短縮、そしてHGのレッドカラーバージョンはデストロイモードしか無いのでこちらも省いて、短的にHG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.でご紹介していきます。(これでも長いですけど^_^;)

ユニコーンガンダムはこれまでPGという最高峰のユニコーンガンダムをご紹介したことがあるのでそれほど目新しい感じでもないですねー。武器類のカラーリングも似たように仕上げていますし、組立工程も以前ご紹介したフェネクスとほとんど同じ。なので、今回の特徴としては、バーニアをメタルパーツにしているということと、サイコフレームをメタリックレッドにしているということくらいです。

ですが、フェネクスとかと比べると完成度はちっとはましになっているかと思いますので、完成までどうぞお付き合いいただければと思います。では早速製作工程に行ってみましょう。

まず制作に関してですが、それほど大掛かりなことはしておらず、形を変えるような改修作業はしていません。キット自体ディティールがしっかりとしていますし、これ以上手を加えるとかえってごちゃついてしまいますので。なので、制作としては以下の基本的なことだけしておきたいと思います。

■合せ目消し

まず合せ目を簡単に消しておきます。合せ目を消すパーツはガトリングガン☓3、ハイパー・バズーカの根元☓2、先端☓2、プロペラントタンク☓2、ビームライフルです。

2

合わせ目部分はそれほど複雑ではないので、簡単に組合せて接着、ヤスリがけして合せ目を消しておきます。チョー簡単ですが、合せ目消しのご紹介でした。

■アンテナの整形

アンテナが怪我防止のための太い形になっているので、これをカットして鋭利にしておきます。

3

裏面の出っ張りを平らになるようにカットして、表面と裏面から紙やすりで丁寧に鋭利になるよう削っておきます。

■マガジンの肉抜き穴埋め

予備マガジンの裏面にごっポリと肉抜き穴があるので、これをエポパテで埋めておきます。

4

パテ埋め時は水とヘラを使ってキレイに形を整えておきます。特にマガジンの下の部分(画像赤◯)の部分は境目が無いので、直角の形を作っておくと、仕上げる時に簡単なヤスリがけのみで済むのでラクです。表面にはマガジンの形をしたディティールがあるので、裏面も同じようにディティールを掘ってみてもいいかもです。

■メタルパーツの穴あけ

今回も各部にメタルパーツを埋め込んでおきます。メタルパーツの埋め込み位置は胸部、ショルダーアーマー、腰部フロントアーマー、脚部膝付近です。腰部フロントアーマーには1.0mmのマイナスモールドメタルパーツ(イボルブワークス製)、それ以外の箇所は1.7mmマイナスモールドメタルパーツ(イボルブワークス製)を埋め込むようにしておきます。

5

■メタルバーニアの穴あけ

メタルバーニアは、プロペラントタンクのスラスター部分、バックパックのスラスター部分、腿裏のスラスター部分に使用しました。プロペラントタンクはイボルブワークス製のメタルバーニアMを使用、バックパックにはプラモプラスのPPノズルB-単品変換シャフトDアンテナ用を使用しました。

6

7

画像はすでに塗装後のパーツになっちゃってますが、スラスター挿し込み用の突起をカットし、シャフトが通るようピンバイスで穴を開けておきます。

8

穴のサイズは1.0mmでも1.7mmでも問題ないかと。プロペラントタンクのスラスター箇所は、イボルブワークス製のシャフトが少し太めなので、3mmサイズのピンバイスで穴を開けておきました。穴は中に少し段差があるので、中心からずれないように開けていきます。はじめに細いピンバイスで穴を開けてから徐々に多くしていきましょう。

上記合せ目消しやアンテナの整形、パテ埋めの方法、メタルパーツ・メタルバーニアの穴あけは制作・塗装工程③で詳しくご紹介していますので、そちらをご参考くださいませ。

以上、簡単な改修でしたが、ここまで処理したら、パーツをヤスリがけして洗浄しておきます。

9

パーツ洗浄後、しっかりと乾かしたら次に塗装をしていきます。

では次回は、HGFAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の塗装をご紹介していきます。お楽しみに!

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でHG ユニコーンガンダムを探す


コメントを残す