MGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットのレビューです。

こんにちは!今回は、MGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットのレビューをご紹介します!

エフェクトセット箱絵w800

MGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットは、MG1/100フリーダムガンダムVer.2.0をフルバーストモードで再現することができる、3色のビームエフェクトパーツです。

ルプスビームライフル、クスィフィアスレール砲、バラエーナプラズマ収束ビーム砲に、それぞれ色分けされたエフェクトパーツを取り付けることで、躍動感あふれるシーンを再現できます。また、新規にデザインを収録した水転写デカールも付属。よりリアルなMGフリーダムガンダムVer.2.0が再現可能です。

DSC_0149

エフェクトパーツは全部で5つ。それぞれ、ルプスビームライフル用の緑色エフェクトパーツ、バラエーナプラズマ収束ビーム砲用の赤色エフェクトパーツ、クスィフィアスレール砲用の黄色エフェクトパーツです。

DSC_0166

ルプスビームライフル用エフェクトパーツは1本。ビームライフルの先端に差し込む丸型パーツです。これらのエフェクトパーツの中では唯一最中割になっていないパーツ。

DSC_0167

赤いバラエーナプラズマ収束ビーム砲用のエフェクトパーツ。最中割で左右それぞれ付属しています。

先端に挟み込むようにして挿し込みます。差込口がバラエーナプラズマ収束ビーム砲の先端に合うように形どられているので、挿し込みすぎることもありません。挿し込み後もしっかりと固定されていてポロリもなかったです。

DSC_0168

クスィフィアスレール砲用の黄色エフェクトパーツは、エネルギーが放電しているような演出がされています。クスィフィアスレール砲が折り畳み携行式の電磁レールガン兼可動式スラスターユニットなので、このような電磁エフェクト仕様になっているようです。

こちらもしっかりと先端に固定され、ポロリもありませんでした。クスィフィアスレール砲が若干先端や腰部への付け根が垂れ下がりそうになりますが、なんとか耐えてくれます。

では適当に何枚かどうぞ。

DSC_0151 DSC_0152

プレミアムバンダイのホビーオンラインショップから期間限定発売のMG1/100 フリーダムガンダムVer.2.0 フルバーストモード スペシャルコーティングVer.にはラメ入りのエフェクトパーツが付属しますが、こちらは通常の材質が使用されています。

ビームサーベルなどに使われているような軟式素材です。

DSC_0153

ハイマットフルバーストモードが見事に再現可能。かなりキマっています。

DSC_0154 DSC_0155 DSC_0156

DSC_0157   DSC_0160

5本まとめて装着すると前に重心がかかり、台座がかなり不安定になります。なんとか頑張ってくれますが、ポージングの際は少し気を使う必要があるかと。

DSC_0161 DSC_0162 DSC_0163  DSC_0165

ポージングの際は、何度か手前に倒れかけたり、重さからビームライフルの手首が抜けたりと、『コノヤロウ・・・・_| ̄|◯』と思うこともしばしばでした。ただ、一旦ポージングを決めてからは、ゆっくり台座を回転させたりするのは問題無いですし、エフェクトパーツ自体も外れにくいので問題ないと思います。

エフェクトパーツ装着後の見た目は迫力があり、劇中のシーン以上の萌えを感じるので、ポージング時の難点もつい許してしまいそうなくらい良く見えますね。

やや設置後の不安定さはあるものの、付属の水転写デカールがリアルさを表現し、エフェクトパーツによって躍動感あるフリーダムガンダムが演出できる、内容的にまずまずのアイテムでした。

 

MGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットのパッケージ、ランナーのレビュー

ここからは、MGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットの箱絵とランナー各種、説明書をレビューしていきます。

ではまず箱絵から。

DSC_0131

箱絵は単色で、青と白のプレバンならではのパッケージです。ハイマットフルバーストのイメージ画像が掲載されています。

DSC_0135

裏面はMG1/100フリーダムガンダムにエフェクトパーツを装着した写真が掲載。

DSC_0133

DSC_0134

箱の大きさはHGガンダムバルバトスよりもかなり薄型。

DSC_0136

同じくプレバンから発売されたRG1/144ストライクフリーダムガンダム用光の翼エフェクトパーツよりも少し小さめ。

DSC_0137

中には説明書、水転写デカール、緑、赤、黄のランナーがそれぞれ袋に入っています。

DSC_0138

まずは説明書です。表面にはエフェクトパーツの組み立て方、裏面は水転写デカールの貼る位置が紹介されています。

DSC_0139

裏面も水転写デカールの貼る位置を紹介。説明書を見る限り、エフェクトパーツと水転写デカール、どちらがメインかわかりませんな^_^;

DSC_0140

↑まずはKランナーから。Kランナーは2枚あります。MG1/100フリーダムガンダムのランナーが『J』で終わっているので、おそらくエフェクトパーツが『K』ランナーからの仕様になっているのかと。

黄色いクスィフィアスレール砲用のエフェクトパーツです。

DSC_0141

↑L1ランナーです。L1ランナーも2枚あります。赤いバラエーナプラズマ収束ビーム砲用のエフェクトパーツ。

DSC_0142

↑L2ランナーです。ルプスビームライフル用エフェクトパーツです。

 

DSC_0144

水転写デカールです。GBWC2013世界チャンピオンの山内俊平氏のデザインと、通常製品版と同様のデザインになっています。

DSC_0145

エフェクトパーツは最中割ですが、合わせ部分が特殊で横長の凹凸になっています。

DSC_0146

DSC_0147

以上です。組み合わせに関してはとにかく簡単。ランナーからカットして組みわせるシンプルなものです。合わせ目が気になる方は消すのもありですが、削ったところの見栄えが悪くなることもあるので、その場合は塗装が必要かもしれません。

また、劇中のシーンにもっと近づけるために、白を使ったグラデーション塗装をするのもいいですね。

⇒楽天でMGフリーダムガンダムVer.2.0用 拡張エフェクトセットを探す
⇒楽天でMG フリーダムガンダムVer.2.0を探す
⇒駿河屋でMG フリーダムガンダムVer.2.0を探す

コメントを残す