HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の組立工程 プロペラントタンクの組み立て

こんにちは!今回は、HG FAユニコーンガンダム レッドカラーVer.の組立工程 プロペラントタンクの組み立てをご紹介します!

っと、プロペラントタンクの組み立てと題打ってはいますが、今回はプロペラントタンクの組み立てに加えてガトリングガンやシールドなどをユニコ本体に装備させていきたいと思います。もちろんプロペラントタンクも装備させるので、ユニコからすれば『重すぎてたまらん^_^;』なんて声が聞こえてこなければいいのですが・・・・・・。まあ聞こえてくるわけはないわな・・・・・ なにしろおもちゃだもん・・・・・

さて、では早速プロペラントタンクの組み立てからどうぞ。

1

プロペラントタンクにはイボルブワークス製のメタルバーニア、EWメタルバーニア Mセットを使用します。このメタルバーニアは中心軸が太めなのが特徴。やや太めの穴を開けないとイケないのがやや難点ではありますが、接着してもしっかりと固定されますし、使い勝手はいいメタルパーツです。

やや艶が強いので、気になる方はマルチプライマーを吹いてからシルバー系で塗装するといいかと思います。ちなみにマルチプライマーは、金属系素材やポリエチレン系素材(ポリキャップなど)といった塗装が剥げやすい素材に塗料を密着させるためのアイテムです。

2

プロペラントタンクの本体部分は合せ目消しをしているので最中割を組み合わせたあとのものです。先端パーツを取り付けておきます。

3

4

続いてプロペラントタンク用のアタッチメントを組み立てておきます。凸凹でパーツの形状が違うので注意です。

5

4方向からプロペラントタンクを掴む形になっています。劇中ではかなり柔軟に動いていたプロペラントタンクですが、キットだとそんな融通性は皆無です。PGでさえプロペラントタンクは固定されたまんま。まあこのデカブツが動くと逆に取り扱いが難しくなりそうな気もしますが。このあたり、MGのサイコザクだとどうなるんでしょうね。あれにも半端ないプロペラントタンク(スラスター)が付くらしいですし。 それにしても、あのクソでかいプロペラントタンク、いる?・・・・・

少なくとも劇中ではあんなプロペラントタンク(スラスター)は装備していなかったような気がしますが^_^; ・・・・・ちょっとサイコザクについて物申してみました。(クソって言う言葉も良くなかったですね^_^;)(あとで見返すと、ちゃんとでかいスラスターがついてました。失礼しました、お詫びして訂正させていただきますm(_ _)m)

6

アタッチメントをプロペラントタンクに装備しておきます。カポってハマって固定され、外れにくくなっています。

7

8

続いてスラスター部分です。メタルバーニア取り付け部分にはピンバイスで穴を開けています。詳しくは改修ポイントのページをどうぞ。

9

まずはメタルバーニアを取り付ける内部パーツと外装パーツを組み合わせておきます。

10

イボルブワークスのノズルとシャフトを瞬間接着剤で固定させておきます。画像のように差し込んで接着しておくとノズルと内側のシャフトの長さが丁度良く固定されるかと。

11

ノズルとシャフトがしっかりと接着されたら、スラスター部分にメタルバーニアを接着します。ここも瞬間接着剤です。接着剤がはみ出ないよう注意しながら接着します。それと、いつもお伝えしていますが、接着剤が手についてノズルを汚してしまわないよう注意です。一度ノズルに付いた接着剤は落とすのが難しいです。瞬接に合ったリムーバーがあればいいですけど。リムーバー・・・・接着剤を落とすツール。

12

スラスターカバーを取り付けてスラスター部完成です。普通のプラ素材ノズルよりも金属感があっていい感じになりました。ガイアカラーのパールカッパーなどで焼き色を付けるとさらに良くなるかもです。

13

14

15

これでプロペラントタンク本体とスラスター部分が完成しました。プロペラントタンクの組み立てはとりあえずここまでで、一時置いておきます。

16

ではここから、ガトリングガンとシールドを腕部に取り付けていきます。まずはガトリングガンを腕部に取り付けます。

17

18

ガトリングガンで腕部を挟み込むようにして固定させます。塗装やトップコートをしていることもあって、かなりガッチリと固定されます。塗装剥げに注意しながら取り付けます。

19

20

21

シールドはガトリングガンの差し込み穴に取り付けるだけの簡単作業です。左腕部のシールドが一番メインなので、赤ロゴのシールドを左腕部に取り付けました。どのシールドを取り付けるかはお好みですが、多分ここが一番防御に使うところだと思ったので、一番いい感じのシールドを使いました。(特に何の根拠もないですけど^_^;)

22

両腕にガトリングガンとシールドを装備しました。かなり重そうな感じが出てますねぇ。

23

24

25

26

28

29

腕部にガトリングガンとシールドを取り付けただけだと、なんか寂しい感じですねぇ。戦闘時には先に腕部の武器を使い果たして身軽にしないとですね♪

30

次にバックパック側にガトリングガンと、今度は閉じた状態のシールドを取り付けます。バックパックに取り付けたマウントフレームに、ガトリングガンの取り付け部分があるので、取り付け部分を挟み込むようにガトリングガンを取り付けます。この箇所は結構硬めなので、組み立て後のポージングの際は、マウントフレームが破損しないよう慎重に脱着します。

31

32

そしてシールドを差し込んでおきます。さらに重たくなってきた♪

33

34

これくらいだと直立にそれほど影響はありません。ガトリングガンとシールドは意外と軽いので、不安定さもない感じ。関節がポリキャップなので安定しているというのもありますね。膝や足首もしっかりとしているので、フニャッと感なく直立してくれます。(膝はちょっと不安かもですが^_^;)

36

ではプロペラントタンクとハイパー・バズーカを取り付けていきます。ハイパー・バズーカは取り付ける向きに注意します。ミサイルランチャーが外側に、グリップとトリガーが後ろ側になるようにします。

37

ハイバズはまずまず固定されますが、取り付けが甘いと手が当たった時にガクッと落ちてしまうことがあるので、しっかりと固定させておきます。

38

では最後にプロペラントタンクを取り付けていきます。

39

さすがにプロペラントタンクを取り付けると後方に倒れてしまうので、プロペラントタンクに専用の支柱を取り付けて置きます。支柱をはめ込んでからスラスター部分を取り付けます。この時、支柱の向きに注意と、支柱には高さ調整の凹みがたくさんあるので、ちょうどいい位置で固定しておきます。

40

支柱を取り付けたら、マウントフレームにプロペラントタンクをアタッチメントごと差し込んで完成です。では何枚か画像をどうぞ。

41

42

43

44

46 47 48 49

以上です。かなり重たくなったユニコです(笑)プロペラントタンクのメタルバーニアがいい味出しているのと、フルアーマーユニットがパワフルなユニコを演出させています。やっぱフルアーマーユニコは萌え~ですな(^^)

さて、HGフルアーマーユニコも残すところあと1回です。そしてその後に写真レビュー。HGフルアーマーユニコが終わって次にご紹介するものはできているのですが、それより前に現在製作中の◯◯をご紹介したいと思っております。ですが、多分制作が間に合わず。なので次はHGのあれを紹介することになると思います。『あれ』とか『◯◯』とか隠しちゃってますが、そのほうが驚き?があっていいかもと思ってご紹介しておりませぬ。その分楽しみやがっかりもあると思うので、開けてビックリな感じでお楽しみいただければと思いますです♪ ひょっとしたら何度かお伝えしているかもしれないので、気になる方は過去の記事を見返してみていただけたらと思います。

ではこんな感じで良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHG ユニコーンガンダムを探す
⇒駿河屋でHG ユニコーンガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ユニコーンガンダムを探す

コメントを残す