HGガンダムバルバトス第6形態の組立工程 頭部の組み立て

こんにちは!今回は、HG ガンダムバルバトス第6形態の組立工程 頭部の組み立てをご紹介します!

第6形態の頭部はHGガンダムバルバトスの頭部と全く同じです。なので組立工程も全く同じです。以前HGガンダムバルバトスの頭部をご紹介した事を反復するようになりますけど、一応流れということで、さっと目を通しておきましょう。

撮影位置や角度だったりアクリルボックスだったり、周りの環境的なものは少し違っているので、両方合わせてご覧いただくとさらにバルバトスの頭部について組立工程の内容が深まるかもです(^^)

ちなみにHGガンダムバルバトス頭部の組立工程はこちら

では第6形態頭部の組み立てです。

DSC_0060

DSC_0061

第6形態頭部のパーツ一覧です。マスクの黒ラインはエナメル塗料で筆塗りしていますが、ルーペなどがあると拡大できて筆塗りがラクになります。クレオスさんから手軽でお安いルーペが発売されているので、そういったものを利用してもいいですね。RGのパイロットフィギュアの塗装なんかはルーペがないとかなり際どい塗装を強いられますから^_^;

ルーペと同じく面相筆も必須アイテムです。MGのパイロットならまだいいですが、RGは特に細かいですよ。

DSC_0062

DSC_0063

DSC_0064

頭部は小さいパーツが多いのでちまちま感を感じますが、どのパーツもはめ込みやすくサクッとハマります。

ツインアイは付属のシールを使用しています。バルバトスの目は隠れる箇所が多いので、シールでもそれほど目立つことなく再現されます。逆に筆塗りのほうが目が消えてしまうような気も・・・。

DSC_0066

DSC_0067

DSC_0068

ヘルメットを被ったヒゲおやじ的な?特にゆるい箇所もなく、きちんとまとまっています。

DSC_0069

DSC_0070

DSC_0071

アンテナは先端の丸みをカットして紙やすりで鋭利に仕上げています。また、アンテナ裏面にあった肉抜き穴もタミヤのエポキシパテで埋めています。

DSC_0072

DSC_0073

以上、頭部完成です。簡単な流れでご覧頂きました。

DSC_0074

DSC_0075

HGバルバトスの頭部は1/100と比べて少し軽量です。首周りがスリムなので、動かしやすく角度調整が多彩で、いろんなポージングを楽しむことが出来ます。おそらく1/100よりも柔軟ですよ。この頭部は。

鉄血シリーズのなかでも一番のイケメンフェイスですから、バルバトス好きの方も多いことでしょう。主役機でもあり、人気の座も揺るぎないものになっています。セカンドシーズンのバルバトスがどのように変化してくれるのか、楽しみデスね!

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でガンダムバルバトス第6形態の最安値を探す


コメントを残す