HGガンダムアスタロトの組立工程 胸部の組み立て

こんにちは!今回は、HG ガンダムアスタロトの組立工程 胸部の組み立てをご紹介します!

今回からアスタロトを組み立てていきます。HGガンダムアスタロトの胸部はもちろん、ガンダムフレームのエイハブリアクター内蔵型システムです。なので、HGガンダムバルバトスなどと外装パーツ以外は全く同じものです。

腕部や脚部などは同じガンダムフレームでも機体によって形状が違ってたりするんですが、この胸部だけはだいたいどのガンダムも同じような形です。おかげで何度となく鉄血シリーズを組んできたこちらとしてはもうぐったりですよ | ι´Д` |っ もはや説明書なしでも間違いなく組み立てられる予備知識が備わってしまいました(笑)

外装パーツに関しては胸部のダクトが黒色なので、ガンダムタイプとは少し違った印象がありますね。かといってデスティニーガンダムのような悪役っぽさはなく、ストーリー上スクラップ的な要素のあるガンダムなので少し地味なのかなといった印象です。

ちなみに『アスタロト』も、バルバトスやグシオン、キマリスなどと同じくヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の一人です。ここはブレてないですね~。あくまで鉄血系は悪魔の名前で通すようです。『あくま』だけに・・・・^_^;

さて、雑談はこれくらいにして、胸部の組立工程にいってみましょ~。

DSC_0182

まずはお決まりのパーツ一覧。HGガンダムアスタロトの胸部のパーツ一覧です。左側の外装パーツ以外はよく見る風景。アスタロトの場合、内装パーツはバルバトスなどと同じなので形状が丸みを帯びたものですが、外装は角ばった形状なのでなんとなく年代というか、ジャンクパーツというか、そういった印象があるような。

個人的には軽トラの印象があるんですけど、さすがにそこまで落ちぶれてはないですかねぇ・・・・。モビルワーカーにも似てるかな?

DSC_0183

DSC_0184

DSC_0185

DSC_0186

DSC_0187_2

何度となくご紹介してきたところなのでこのまま流してしまおうかとも思いましたが、やはりアスタロトの組み立てを参考にされる方のために今一度注意点のご紹介を。

この腕部のポリキャップですが、外装パーツで挟み込むときにポリキャップが潰れやすいので注意です。一度潰れて広がってしまうとはめにくくなるので、もし潰れてしまったら潰れたところだけを少しカットしてやります。あまりカットしすぎてゆるゆるにならないように注意です。

DSC_0188

DSC_0189

DSC_0190_2

シャフト部のパーツを取り付けます。ここも何度となくご紹介したところですね~。シャフト部とリアクター下の凹みが合うように取り付けます。リアクター部が前後ろ逆になってしまわないように注意です。

DSC_0191

DSC_0192_2

リアクター部をひっくり返して背骨のパーツを取り付けます。シャフト部上部に突起があるので、こちらを先に取り付けてから下の部分をはめ込んでいきます。そうすることで、背骨パーツがしっかりとハマります。しっかりとはまっていないと胸部の前後への腹筋と背筋がゆるゆるになってしまうので注意です。

DSC_0193

DSC_0194

ここから外装パーツを組み立てていきます。パーツは合計4種類。極めて単純な組み合わせですが、それぞれ色分け箇所があります。全てが四角っぽいパーツのオンパレードなので、組み合わせる向きには注意が必要かと。ちょっと迷う感じもあるのでね。赤いパーツと黒いパーツが上下どっちだ?って少し悩みました^_^;

あと、デカールを貼る向きなんですけど、これも一度仮組み状態を見てから貼ると、組んだ時に向きが違った!なんて後悔することがなくなりますよ。

DSC_0195

DSC_0196

DSC_0197

組み立てだけなら低年齢でもサクサクっと組めちゃうところですね~。HGのガンプラは対象年齢が8歳以上なので、その点は問題ないかと。ちなみにMGが15歳以上、PGは大人でも難しい、です。PGに対象年齢はないっぽいですね~。PGユニコを組んで思いますが、あれはガンプラ組み立ての最高峰とも言えるべきものなので、『大人でも難しい』は納得です(*-ω-)

DSC_0198

裏向きからもどうぞ。

DSC_0199

では外装パーツをガンダムフレームに取り付けていきます。この辺りも何度もやってきたので、こなれたものですわ。ガンダムフレームの裏表は間違えないようにします。といっても、表面は凹凸のある形状、裏面はバックパックを差し込むための丸型穴がついているので見分けは問題なくつくと思います。

DSC_0200

最後に首のパーツを取り付けて完成です。

DSC_0201

なかなかお上品に完成しました。

DSC_0203

DSC_0204

ではアクリルキューブを使って立てた状態で。ものの見事にピントがブレてしまっております_| ̄|◯プロカメラマンなら100%撮り直しなんでしょうね^_^;

アスタロトの胸部ですが、普段他のガンプラには胸部にメタルパーツを仕込むところですが、アスタロトはセンサーがあるので仕込んでいません。あまりやり過ぎるとゴチャつくところもあるので、今回は控えました。その代わりにセンサーをゴールド系で塗装しているので、それなりにワンポイントにはなっていると思います。

通常はグリーン系での塗装だと思いますが、こういったちょっとしたところに変化を加える事で、オリジナリティーのあるガンプラになるのでいいですよ。

では良いガンプラライフを~。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムアスタロトを探す


コメントを残す