RE/100 バウの組立工程 頭部の組み立て

こんにちは!今回は、RE/100 バウの組立工程 頭部の組み立てをご紹介します!

今回はRE/100 バウの頭部を組み立てていきます。前回ご紹介したとおり、頭部はモノアイの部分をルミドームとSPプレートに変更して少し改修しております。といっても、改修ページ(RE/100 バウの製作① 改修)でパーツに穴を開けたりして前準備はほぼ済ませた状態。後は接着して頭部に組み込むだけの簡単なものです。また、ルミドームとSPプレートを使用したモノアイも定番。改修自体それほど手の混んだものではないのでかる~く仕上げておきました。

そして組立工程もパーツ数が少なく簡単。あっと言う間に終わってしまうので、今回はボリューム少なめのレビューですね。っと、組立工程を撮影中、ルミドーム何処行ったかな・・・・?とちょっと探してしまいました^_^; きちんと小袋に入れて分けておいたので簡単に見つけられ事なきを得ましたが、パーツ類と一緒に入れていたりすると塗装時になくしたりすることもあるので注意しましょうね。自分はメタルパーツなどが入っていた小袋を取っておいて、それを使ってルミドームとSPプレートをパーツ類とは分けておきました。

1
では早速組み立てていきましょう。まずは頭部のパーツ一覧です。かなり少ないですねー。全部で6個?このパーツ数、まさにHGクラスですよっ!(最近のHGよりも少ない^_^;)これは初心者にもお子様にも優しい構成になってますね。モノアイは改修ページで穴を開けておいたパーツにルミドーム&SPプレートを接着していきます。ただこのモノアイ、MGザク系のようなギアもなければ、HGのようなスイッチャーもありません。つまり、動かないってこと_| ̄|◯ いくらREだからってそりゃないでしょーってかんじですねぇ^_^;。

2

では頭部一番の見どころ?モノアイを取り付けていきます。モノアイ(ルミドームとSPプレート)とパーツを瞬間接着剤で接着します。ルミドームとSPプレートはかなり小さいので、ピンセットでつまむときにはすっ飛ばさないよう注意しましょう。1つしか用意していない場合、すっ飛ばすと致命的です。ご注意を。

3

頭部が小さいということもあり、外装パーツもかなりシャープで細身。内部フレームも最低限の体積しか持ち合わせないというかなり軽量サイズ。バウの頭部はベヒーモス?のような長いたてがみが特徴なのもありますが、やっぱり変形時に頭部を引っ込める仕様なので、あまりでかいと邪魔になっちゃうところがあるのかもしれません。

4

頭部を組み合わせていきます。けっこうしっくりとハマっていて、モノアイが干渉することもないですね。あまりでかい別売りモノアイパーツを使うと、外装とサイズが合わないこともあるので、使用前にはしっかりと大きさを測っておきたいところです。

5

正面から見るとこんな感じ。少し睨みつけたようないかつめのモノアイになってます。外装が左右ではさみこむタイプですけど、合わせ目は段落ちモールドなどで目立たず、完成度もまずまず高めかと。。

6

以上、簡単に頭部の完成です。ではいろんなビューをどうぞ。

7

やっぱり内部に金属パーツを使うことでメカニカルなディテールが再現されていますね。欲を言えば動力パイプを色分けすると良かったですが、今回はかなりお手軽塗装で仕上げたのでちょっと妥協です^_^;

8

9

10

ブラックライト照射状態。モノアイをブラックライトで照らしてみました。かなり鮮やかですね♪ ちなみにブラックライトはマジカルライトペンを使用しています。HGサイコザクのモノアイ改修時(HGサイコザクの改修 モノアイの変更)にもご紹介したやつですねー。モノアイを光らせるためだけに購入しましたが、文字を書いてブラックライトで照らすと書いた絵やメッセージが光って見えるというちょっとしたおもしろアイデアペンでもあります。

11

これがマジカルライトペン。

以上です。組立工程も少なく、ホントにサクサクっとした手短なレビューでした。モノアイに関してはルミドームではなくプラスチックパーツのHアイズでもいいですね。ただ、ルミドームのほうが切り出さなくていい分ラクです(どんだけ~!)それと、ちょっと複雑にはなりますが、モノアイが可動するように改修してみるのもいいですね。

では次回は腕部の組み立てですお楽しみに~。良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でRE/100バウを探す
⇒駿河屋でRE/100バウを探す

コメントを残す