RE/100 バウの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、RE/100 バウの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

hakoe_800

RE/100 バウが完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます。

今回のRE/100 バウは、比較的カンタンな改修、塗装であまり手をかけない感じに仕上げています。改修は各部にメタルパーツを埋め込み、モノアイにルミドームを使用して発光パターンを追加した程度です。塗装も比較的キットの成型色に近いものを使用しました。ただその中でも、赤い外装部分はオレンジというよりはよりレッドに近いカラーリングを心がけ、存在感という意味では少し高いように仕上げてみました。

キット自体はRE/100ということで組み立てもカンタンものになっていますし、塗装もそのおかげでパーツが大きくマスキングもし易いです。手間をかけずに仕上げられて完成度も高いので、これからエアブラシ塗装をやってみようという方にも比較的取り組みやすいキットになっていると思いますよ。ではまず塗装・改修後の画像からどうぞ。

■塗装・改修後(アフター)

7

9

■塗装・改修前(ビフォー)

1 2

外装をより赤くしたことで、のっぺりとした成型色からキリッと締まったようなディテールになっていると思います。バックパックもプロペラントタンクを白に塗装することでおもちゃ感が薄れ、実機のような感じも出ているのではないでしょうか。内部パーツはアイアン色で塗装することでメカニカルな金属感を出し、黄色も気持ちダークな色を混ぜることで少し落ち着きのある印象も強めています。

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

10

6

2

3

11

1516

それではRE/100 バウの塗装レシピです。

■RE/100 バウの塗装レシピ

○内装部分:スターブライトアイアン100%(ガイアカラー)
赤色部分:ローズブライトレッド90%+橙黄色10%(ガイアカラー)
黄色部分:橙黄色90%+インテリアカラー10%+ニュートラルグレーⅢ少々(ガイアカラー)
白色部分(プロペラントタンク、ビームサーベル):フラットホワイト100%(ガイアカラー)
黒色部分:フラットブラック95%+マホガニー5%(Mr.カラー)
○ゴールド部分(脚部付け根パーツ):ブライトゴールド100%(ガイアカラー)
○シルバー部分(脚部付け根パーツ、ビームライフルセンサー部など):スターブライトシルバー100%(ガイアカラー)
○ダークブラウン部分(シールド):マホガニー70%+モンザレッド15%+フラットブラック15%(Mr.カラー)
○ビームライフルセンサー:スターブライトシルバー50%(ガイアカラー)+クリアーグリーン50%(Mr.カラー)
武器類:ジャーマングレー100%(ガイアカラー)
○細かい筆塗り箇所チタンシルバー、フラットブラック、ガンメタル(タミヤエナメル)
○スミ入れタミヤスミ入れ塗料ブラウン(タミヤエナメル)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

塗料をそれほど多く用意することもなかったですし、MGのような内装パーツが存在しないため、塗装する量も『こんなもん?』と少しあっさりとした感じがありました。それでも組み立てると特に落ち度のない感じに仕上がっているのは、このRE/100が無駄なく構成されているということだと思います。

細かい箇所の塗装では、エナメルのフラットブラックをちょこちょことモールドに筆塗りしておくことで、全てオレンジカラーの外装に仕上げるよりも実物らしさは出るかと思います。その他動力パイプもアイアン色とは別にチタンシルバーを筆塗りして多少色目を出しています。(あまりシルバー塗装したところは目立ってないですね_| ̄|◯)

デカールに関してはバウということもあり、付属のマーキングシールをどうしても使用しないといけません。(レーザープリンタで自作できる場合は別ですが^_^;)なので貼り付けには少し気を使うこともありますね。マーキングシールは仕上がりに凹凸が出来てしまうので、あまり頻繁に使うと全体的な仕上がりを損ねてしまいます。なのでマーキングシールの使用箇所は程々にとどめ、他の部分はハイキューパーツのコーションデカールやサテライトデカールなどを使用して極力マーキングに段差がでないように仕上げています。

スミ入れに関しては毎度のことながら、外装パーツを少し濃い色にしたカラーをスミ入れに使うというのが鉄則なので、スミ入れのブラウンを使用しています。そうすることでくどくないパネルラインを表現することができたと思います。

では幾つかRE/100 バウの塗装済み完成品画像をどうぞ。

13

14

17

19

20

21

22

26

25

27

30

32

33

34

35

38

飛行形態が好きなのでちょっと画像を多めでお届けしてみました(*^^*) アクションベースを使用して飛行パターンを演出することで、キットに躍動感が出ますね♪ ホントに2機が連動しつつ飛び回る感じが再現できるのがこのキットの魅力ですかねー(〃∇〃)

では恒例となりました、PC,スマホ用壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければRE/100 バウの壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。

■壁紙見本(PC版)

1920_1200

1920_1200

1920_1080

1920_1080

1600_1200

1600_1200

■壁紙見本(スマホ版)

750_1334 640_1138

750×1334 640×1138

気に入っていただければ、ダウンロードしてパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思います。

前回もちょこっとお伝えしましたが、機動戦士ガンダムUCの公開以来、機動戦士ガンダムZZの機体が少しずつキット化されはじめ、このRE/100バウもその中の一つとなっています。MGZZガンダムVer.Kaやハンマハンマ?がキット化される予定がありますし、鉄血のオルフェンズももうじき終わるので、新TVシリーズがひとまず落ち着いている時期に、旧作品の機体キット化の情報を期待したいですね♪

では今回はこのへんで。良いガンプラライフを~。ではでは~♪

⇒楽天でRE/100バウを探す
⇒駿河屋でRE/100バウを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2017年5月22日 at 20:10 - 返信

    こんにちは カッコいい!ナイスバウですね ZZ関連は盛り上がって欲しいです
    UC系の機体は出てるけどガルスのJKコンビはどうなってるんでしょうか?
    ゲーマルクとクイン·マンサ 私は待ち続けますw

    • nori

      on 2017年5月22日 at 22:31 - 返信

      コメントありがとうございます!
      塗装済みキットをお褒めいただき感謝ですm(_ _)m
      ZZ系はMGダブルゼータガンダムVer.Kaやハンマ・ハンマなど続々とキット化中ですね。
      ガルスJもかなり前に1/144として発売されたもののみですし、HG化されるとKにも流用できると思うんですけど。
      ゲーマルクやクインマンサもぜひキット化して欲しい機体なので、自分も待ち続けたいと思います(*^^*)

コメントを残す