MGフリーダムガンダムVer.2.0の組立工程 ウイングユニットの組み立て③

こんにちは!今回は、MGフリーダムガンダムVer.2.0の組立工程 ウイングユニットの組み立て③をご紹介します!

前回まででウイングはほぼ完成してしまっているので、あとの組立工程はほとんどなく、簡単な組み合わせ程度ウイングユニットは完成となります。なので今回の記事、それほどボリュームはないんですねぇ。

ある意味組立工程と呼べるのかって感じですが、その分完成画像のボリュームを増やしていますので、そちらを楽しんでいただければと思います。ある意味お披露目会みたいな感じですね。ただし、ハイマットモードなどの翼を展開した形はありません。そのあたりは全て完成後の写真レビューでご紹介していきたいと思います。(もったいぶってるというか、撮影し忘れたというか^_^;)

47

まずは前回組み立てたウイングを左右共に組み立てておきます。組み立て手順も前回と同じ。パーツの形や取り付け位置が対称になっているので、それだけ注意して組み立てます。

48

組み立てた左右のウイングをバックパックに取り付けていきます。バックパックの穴に差し込んでいくだけ。ここでも差し込みがきつくないか注意しながら差し込んでいきます。きつかったらムリにツッコまず、ゆるくならない程度にヤスリなどで表面塗装を落としてから差し込んでいきましょう。

49

これでウイングユニットの完成です。フリーダムのウイングユニットってかなりでかいんですよねー。 ガンダムSEEDではそれほど感じませんでしたが、ガンダムSEED DESTINYでフリーダムが初めて登場したときは『翼でかっ!』って思いました(^^) あのスパイみたいなやつらに孤島の家が狙われたシーンです。久々にキラがフリーダムに乗った時。まさか地下にフリーダムが隠してあるなんて・・・・w( ̄▽ ̄;)w

・・・・・語ると長くなるのでこの辺にしておきましょう。

50_2

展開させておくとカッティングマットいっぱいくらいの大きさになります。これだけでかかったらよく飛べるでしょう。(って、フリーダムはこの翼で飛んでるわけじゃねーし^_^;)ぶっちゃけ、フリーダムの翼って飛ぶためじゃなく、姿勢制御のためにあるんですよねー。

画像のように、可動は左右に閉じたり開いたりできるのと、バックパックに差し込んだパーツを軸にして前後に回転させることができます。ちょっと可動の再現が難しいですが、わかりますかねぇ。

51

開いておくと少しだらしがなく見えるので、閉じてスマートにしておきましょう。閉じた状態もかっこいいですね(〃∇〃)

53

ではウイングユニットをフリーダム本体に取り付けます。突起を背中に差し込んでやるだけですが、しっかりと固定されます。特に破損もない場所ですが、塗膜が厚いと一度ハメたら外れなくなることもあるかもです。

ではここから数枚ですがウイングユニットをとりつけたフリーダムを御覧くださいませ。

55

57

58

59

60

62

63

64

65

66

67

本当はウイングの『ZGMF X-10A』ナンバーが表側にくるように取り付けるんですが、あえて反対側にしています。理由はただ取り付けかえるのがめんどくさかったから♪

ウイングユニットを取り付けたフリーダムはさらにかっこいい姿になりましたが、ビームライフルやシールドを持たせることでさらに勇ましくなります。ストライクフリーダムほど派手な武器では無いですが、赤みの少ないフリーダムとって、シールドやビームライフルによって色味が追加されるのは華やかさが増すことにもなります。

次回はそういった武器類の存在感もご確認いただければと思います!次回は組立工程のラスト、武器の組み立てです。お楽しみにー。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMG フリーダムガンダムVer.2.0を探す
⇒駿河屋でMG フリーダムガンダムVer.2.0を探す

2 件のコメントがあります。

  1. シルバースター@

    on 2016年9月23日 at 15:41 - 返信

    スゲーかっこいいですね(*^_^*)♪

    • nori

      on 2016年9月23日 at 15:44 - 返信

      コメントありがとうございます!
      そう言っていただけるとホントに嬉しいです♪
      画像を公開しているといいように見えているんだろうか?と気になったりしますが、そういったご意見があると安心できますね。
      いつもご覧いただきありがとうございます♪そしてありがたいお言葉、感謝ですm(_ _)m

コメントを残す