RG νガンダムHWSのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 νガンダムHWSのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は左にフェイスアップ、右に素立ち画像というRGのフォーマットに則ったデザインになっています。(素立ちは塗装済みキットを使った合成。)RGνガンダム用HWS拡張セットではポーズを決めたνガンダムHWSが掲載されていましたが、こちらのほうが正規の商品っぽい感じで描かれていていいですね。これならフルカラーの一般発売商品にしても良かったのかも。

パッケージサイズはMG Ver.Kaのパッケージよりも薄型。MGの少し武装が多いキットと同じくらいですね。身近で確認したものでいうと、RGνガンダムファンネルエフェクトセットやMGエールストライクガンダムVer.RMなどと同じでした。一般的なMGよりも1cm程度大きめかな?

開封。RGでパーツのサイズが小さいため、全体的なボリューム感は感じません。なのでパッケージに少し余裕があるくらいのランナー量が入っています。

RGνガンダム用のランナーが5袋分、

HWS用のランナーが3袋分、合計8袋分のランナーが入っています。

説明書はRGνガンダム用のものに、RGνガンダムHWS用の説明書が付属しています。RGνガンダムHWSの説明書は表紙のパーツリストと最後のカラーガイドの記載が違っている以外、組み立て方法などもRGνガンダム用拡張セットの説明書とわずかに記載が違っているところはありますがほとんど同じです。なので下記のリンクからそちらのレビューをご参考ください。RGνガンダム用の説明書も以下のリンクからどうぞm(_ _)m

⇒RGνガンダムのパッケージ・ランナー レビュー
⇒RGνガンダム用HWS拡張セットのパッケージ・ランナー レビュー

カラーガイド。通常版のRGνガンダムとは、ベースのホワイトからすべての色種が違っています。ホワイトにはエアクラフトグレーやセールカラーが追加されるなど、全体的にくすんだ感じのカラーリングに。胴体などのダークブルーも少しクセのあるカラーリングにしてあるようです。変わった色味になりそうで面白いかもですね。

では各ランナーを一通り見ていきます。

↑Aランナー。ダークグレー、レッド、クリアーグリーン、クリアーピンクのイロプラランナーで、胴体部、肩部、脚部などの内部パーツ類や外装の色分け箇所パーツ、ビームサーベル刃パーツなど。グレーはKPS素材です。

↑Bランナー、ダークグレー成型色で、フィン・ファンネルの中心パーツ。アドバンスド・MS・ジョイントランナーです。

↑C1ランナー。くすみのあるホワイト成型色で、フィン・ファンネルや腰部、肩部、脚部などの外装パーツ類です。

↑Dランナー。くすみのあるホワイト成型色で、頭部や腕部パーツの他、ビーム・ライフルやニュー・ハイパー・バズーカ、シールドなどの武装パーツなど。

↑Eランナー。少し濃いめのダークブルー成型色で、フィン・ファンネル用パーツです。

↑Fランナー。少し濃いめのダークブルー成型色で、νガンダム本体の各部パーツやバックパック、ニュー・ハイパー・バズーカパーツなど。

↑Gランナー。ダークグレー成型色で、脚部内部パーツ類など。KPS素材です。

↑Hランナー。ダークグレー成型色で、胴体内部や関節、武装類などのパーツ。KPS素材です。

↑Iランナー。イエロー成型色で、各部ダクトパーツやフィン・ファンネルパーツなど。

↑J、Kランナー。Jはくすみのあるホワイト成型色で、頭部、腕部、脚部などの各部外装パーツ類。Kはライトブラウン成型色で、腕部や腰部、脚部などの外装パーツ類。

↑L1ランナー。ダークグレー成型色で、腕部内部フレームやハンドパーツなど。KPS素材です。

↑SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)ランナー、リアリスティックデカールです。

ここまでがRGνガンダム用のランナー。以下、HWS用のランナーです。

↑HAランナー。くすみのあるホワイト、濃いめのダークブルー、イエローのイロプラランナーで、脚部スラスターユニットやハイパー・メガ・ライフル、ハイ・メガ・シールドパーツなど。

↑HB1ランナー。くすみのあるホワイト成型色で、胸部装甲ユニットや脚部スラスターユニット、ハイパー・メガ・ライフル、ハイ・メガ・シールドパーツなど。

↑HC1ランナー。ダークグレー成型色で、ハイパー・メガ・ライフルやハイ・メガ・シールドパーツなど。KPS素材です。

↑HB2、HC2ランナー。HB2はくすみのあるホワイト成型色で、HB1の一部と同じ、HC2はグレー成型色で、HC1の一部と同じ(KPS素材)です。

↑HWS用のリアリスティックデカールです。

以上です。一昔まえのRGだと外装のぽろり率が高かったり関節がゆるゆるで武装の重量に耐えられなかったりと、取り扱いに不自由な部分が多かったと思います。ですが最近のRGは内部フレームにもKPSを使うようになり、構造もしっかりとしてきました。実際、このRGνガンダムHWSはMG並のパーツ構成でありながら、ぽろりもなくこれだけの重武装でもラクにポージングさせることができています。

1/144サイズで比較的軽量なことはありますが、それでもガンプラの進歩がめざましい発展を遂げているということで、これほどの完成度であればもはや進化の必要がないくらいになっていると思います。ですが今後は発光やエフェクトセットなど、更なる付加価値が加えられたガンプラも登場しそうですし、また違った進化の形というのも見てみたいですね。

icon

⇒楽天でRG νガンダムHWSを探す
⇒駿河屋でRG νガンダムHWSを探す
⇒ヤフーショッピングでRG νガンダムHWSを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す