MGフルアーマーガンダムVer.Kaの製作③ 塗装その2

こんにちは!今回は、MGフルアーマーガンダムVer.Kaの製作③ 塗装その2をご紹介します!

18_2

では前回の続きです。っとその前に、今回のMGフルアーマーガンダムVer.Kaでは台座にサンダーボルトのロゴとフルアーマーガンダムVer.Kaの英語表記を入れてみました。多少フォトショップ(画像編集ソフト)を使って台座に合うよう加工編集し、シールを使ってプリントしていますので、その方法についてはまた後日ご紹介したいと思います。

では塗装の続きをどうぞ。

21

まずはシールドの裏面をグレー系で塗装するため、脇の部分にマスキングテープを貼っておきます。もし『裏面は白でいい!』という方は特に色分けは必要ないと思います。ただし、裏面を白にする場合は、モールドにスミ入れをしておく必要があるかもですね。自分はモールドにスミ入れをするのが面倒だったので、マスキングして色分けしました。(どっちが面倒なんだか・・・・・^_^;)

モールドがかなり凸凹しているのでマスキングは少し難しいかもしれません。まぁキレイに色分け出来ていない部分はエナメル塗料で筆塗りして色分けしていくので、ある程度キレイになっていなくても大丈夫です。

22

腹部のエマージェンシーポッド収納部分パーツも、内部に収まるところだけマスキングして、露出するところの塗装に備えておきます。

23

マスキングしたら、シールド裏と腹部パーツ、そして5連装ロケットランチャーの本体部分をジャーマングレー(ガイアカラー)85%+マホガニー(Mr.カラー)10%+フラットホワイト(ガイアカラー)5%で塗装しておきます。この塗料は後でグレー系パーツの塗装にも使うので、少し多めに作っておきます。

そして合わせ目を消した2連ビームライフル砲身と各パーツ類、サブアームやエマージェンシーポッドのパーツをニュートラルグレーⅢ90%+ジャーマングレー10%(全てガイアカラー)で塗装しておきます。サブアームは成型色では全てのパーツが同じ色ですが、色分けしたほうがいい感じに見えると思ったので分けました。

24

シールド裏面を塗装後、脇のマスキングテープを剥がし、今度は塗装した内部にマスキングをしておきます。シールド下部の底面にもきっちりとマスキングして隠しておきます。(もちろん上部にも。)横面の凸凹しているところは少し浮き気味でもOKです。

25

シールドを含め、画像に写っていませんが白い外装パーツを全てフラットホワイト95%+ニュートラルグレーⅢ5%(全てガイアカラー)で塗装しておきます。(別にフラットホワイト単色でも問題ないかと。)

シールドと2連ビームライフルの一部は橙黄色80%+オレンジ20%(全てMr.カラー)で塗装し、サブアームの一部は青15号20%+ジャーマングレー60%+ニュートラルグレー20%(全てガイアカラー)で塗装しておきます。(この両塗装は調色データを残し忘れ、記憶から掘り起こして記載したものです。少し曖昧なので、加減を見て調色してくださいましm(_ _)m)

19

グレーのパーツと赤いパーツをまとめて塗装しておきます。パーツを個々に並べていませんが、成型色が同じなので分かるかと思います。塗料は、グレーのパーツは先程使用したジャーマングレー(ガイアカラー)85%+マホガニー(Mr.カラー)10%+フラットホワイト(ガイアカラー)5%で、赤いパーツはあずき色50%+モンザレッド50%(全てMr.カラー)です。

26

ビームサーベル刃はいつものようにピンク(Mr.カラー)で全体を塗装後、根元をフラットホワイト(ガイアカラー)で少しずつ吹きかけてグラデーションをつけています。頭部パーツが写っていますが特に関係なく、白いパーツと同じ色で塗装しておきます。

ミサイルはスカーレット(ガイアカラー)70%+モンザレッド(Mr.カラー)30%で塗装し、黄色は橙黄色(ガイアカラー)で塗装です。ミサイルは多少明るめのほうが、ハッチオープン時にインパクトが出て魅力的です。(ミサイルパーツが一個ない・・・・w( ̄▽ ̄;)w)

49

クリアーパーツはスターブライトシルバー(ガイアカラー)50%+クリアーグリーン(Mr.カラー)50%で塗装。あまり吹きかけず、適度にクリアーが残るようにしています。

以上です。かなりサバサバと、パーツと使用した塗料のみで簡単なご紹介でしたね~。全体的にもそれほど複数の塗料を使うわけでもなく、身近な塗料を使ってサクッと塗装しています。やっぱりグレー系の塗料が多いとラクですねー(笑)(地味なキットのメリットっちゅーやつかな?)

パーツ数が多いだけでそれほど細かい塗り分けもなく、マスキング箇所はシールドほか数点だけと手間いらずでした。元の成型色だと味気ない部分(2連ビームライフルやサブアームなど)を適度に色分けし、ポージングさせることでちょっと違った感じの出る塗装には出来たと思います。

では次回は細部の塗装をしていきます。お楽しみに~。では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMGフルアーマー・ガンダム Ver.Kaを探す
⇒駿河屋でMGフルアーマー・ガンダム Ver.Kaを探す


コメントを残す