HGサイコザクの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、HGサイコザクの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

201604211612514b7_800

HGサイコザクが完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます!

今回の塗装はHGサイコザクの基本的なカラーリングとほとんど同じで特に奇抜なことはしていません。サンダーボルトバージョンのキットカラーそのままなので、それほど珍しさは無いかもです。ですが、シンプルでありながら一番最適化かなーというカラーリングなので、そういった意味では一番サイコザクらしい仕上がりになっているかと思います。その中で、ちょっとしたところにアイアン色を使って金属の質感を出してみたり、実弾としての重量感を出してみたりしています。リアルさが増している感じになっているかと思いますので、もしHGサイコザクを塗装する際は参考にしていただければと思います。ではまず塗装後の画像からどうぞ。

■塗装後(アフター)

29

30

■塗装前(ビフォー)

034

045

色的に大きな変化はありませんが、さすがに塗装と素組みのシール貼りでは全然雰囲気やリアルさ、ガンプラの質感が全く違うことがよく分かりますね~。むしろ素組みと同じカラーリングにしていることで、塗装することの良さがより明らかに感じられるようになっています。メインカメラの改修、武器のカラーリング、金属感をプラスなど、本当に細かなところではありますが、細かいところがちょっとずつリアルさを増やし、全体的にかなり印象の違うものにしている感じです。

シールで色分けされていたところはマスキング塗装や面相筆による筆塗りで色分けし、武器類はやや濃い目のグレーに。メタルパーツを埋め込まない分、スタスター系はガイアカラーのゴールドカラーで少し豪華さを出しています。また、ヒートホークはクリアー系塗料を混ぜて明るめになど、何気ないちょっとしたところに味を加えています。

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

1

3

12

21

それではHG 1/144 サイコザク サンダーボルトVer.の塗装レシピです。

■HG 1/144 サイコザク サンダーボルトVer.の塗装レシピ

○内装部分(関節部):スターブライトアイアン100%(ガイアカラー)
○グレー部分(シーリング処理関節・武器類):フラットブラック40%+ネイビーブルー40%+ブラウン5%+レッド5%(全てMr.カラー)
ライトグレー部分(バックパック色分け・スラスター等):ネイビーブル35%+インディブルー25%+コバルトブルー10%+レッド15%+つや消しブラック15%(Mr.カラー)
黒色部分(腕部・脚部・胸部・バックパックなど)フラットブラック100%(Mr.カラー)
アイアン色部分(マニピュレーター・武器用アタッチメント・武器類等)ブラウン50%+オレンジ40%+ブルー10%(Mr.カラー)
赤色部分(ボディ):レッド90%+ウィノーブラック5%+モンザレッド5%(全てMr.カラー)
オレンジ色部分(ボディ):黄橙色65%+モンザレッド20%+ジャーマングレー5%(全てMr.カラー)
動力パイプ部分:
ウィノーブラック40%+マホガニー60%(全てMr.カラー)

ゴールド部分(スパイク・スラスター・アポジモーター・予備弾頭)ブライトゴールド100%(ガイアカラー)
ヒートホーク刃イエロー50%+クリアーグリーン50%+ホワイト50%(全てMr.カラー)
○スミ入れ&細かい筆塗り箇所:コピックモデラー、チタンシルバー、ブラック、フラットレッド、ダークグレー、ゴールドなど(タミヤエナメル)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

腕部と胴体とのつなぎ目や、足首などの内装関節、マニピュレーターにはスターブライトアイアンで金属感を出し、シーリング処理がしてある関節部には、少し複雑な調色ではありますが、ネイビーグレーっぽいゴム質な感じを出しています。動力パイプも元々の成型色を活かし、マホガニーでシックな感じにまとめています。

スパイク・スラスター・アポジモーター・予備弾頭などはガイアカラーのブライトゴールドで塗装。ガイアカラーの金属系塗料は質がよく、しっかりとした艶を出してくれるので重宝します。専用薄め液のメタリックマスターで薄めるとさらに質感の良い金属色を出してくれますので、もし良かったら使ってみてはいかがでしょうか。ガイアカラーのゴールド系に関してはスターブライトゴールドやスターブライトプラスなど、数種類のゴールドが発売されていますが、共に明るさが強めなこともあり、比較的落ち着いたゴールドであるブライトゴールドを使用しました。

外装のレッドはややダークな色合いにしています。説明書ではレッドのみの記載でしたが、もう少しだけ引き締まった感じが欲しかったので、ただのレッドだけでなく、ウィノーブラックやモンザレッドを足しています。ブラック系は入れすぎるとすぐに黒っぽくなってしまうので、少しずつ入れつつ、色合いを確認して調色していきます。

この他、各部の塗装など細かい塗装状況に関しては製作② 塗装のページに記載しているのでそちらをご覧くださいまし。

では幾つかHG 1/144 サイコザクサンダーボルトVer.の塗装済み完成品画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

8

13

17

25

32

36

60

以上です。前記事でお伝えしましたが、台座(アクションベース)が破損したため撮影画像はそれほど多く用意していません。わかりにくい点があれば、ご了承いただければと思いますm(_ _)m モノアイ改修はかなりザクの印象を変えますねー。それだけに、改修してよかったと思います。思いの外手軽に、モノアイの存在感が大きくなりました♪ もし手を加えたい場合はモノアイの改修ページをご覧くださいませ。

では最後に、今回もHGサイコザクのPC,スマホ用壁紙を作成してみましたので、宜しければダウンロードしてみてくださいね。ちなみにダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。

■壁紙見本(PC版)

1920_1200

1920_1200

1920_1080

1920_1080

1600_1200

1600_1200

■壁紙見本(スマホ版)

750_1334

750×1334

640_1138

640×1138

気に入っていただければ、ダウンロードしてパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思いますm(_ _)m

では今回の塗装レシピ&レビューをHGサイコザクの製作の参考にしていただければ幸いです。頑張って塗装、改修してみてくださいね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHG サイコザクを探す
⇒駿河屋でHG サイコザクを探す
⇒ヤフーショッピングででHG サイコザクを探す


コメントを残す