注意事項:サーバーの移行により、サイトや画像がきれいに表示されない場合がありますことをご了承下さい。

HGガンダムアスタロトの製作⑤ 内装パーツの塗装

こんにちは!今回は、HG ガンダムアスタロトの製作⑤をご紹介します!今回は、HGガンダムアスタロトの内装パーツの塗装をしていきます。

■製作工程7 内装パーツの塗装

HGガンダムアスタロトの内装パーツは鉄血系HGではおなじみのガンダムフレーム型パーツです。ほぼどの鉄血のオルフェンズガンダムフレーム型HGもだいたい似たような形状になっています。

自分的には、このブログで何度も、何度も、何度も・・・・ご紹介してきた箇所なので、正直ゲッソリです(笑)もう見たくもね~と思うほどですが、何度も塗装してきたおかげで、なかなかこなれたものです。(自分で言うなよ~)

なので今回も、HGガンダムアスタロトを初めて塗装される方のため、そして自分の塗装力レベルアップのため、5たび目くらいのチャレンジをしていきますよ!

25

内装パーツの塗装と言っても、だいたいはスターブライトアイアンで塗装するのみです。ただその前に、シャフト部分と肘部をシルバー系(スターブライトシルバー)で塗装しておきます。

以前HGキマリストルーパーの塗装を御覧頂いた方にとっては同じことの繰り返しとなりますが、改めてご覧いただければと思います。(多分鉄血系HGのガンプラ制作では毎回ご紹介することになるかもですm(_ _)m)

26

シルバー塗装が乾いたら、シャフト部や駆動部をマスキングしていきます。アイアン系で塗装するときにマスキングテープの間から浸透しないよう、しっかりとマスキングをしておきます。

マスキング後、この他の内装パーツと共にスターブライトアイアンで塗装します。下地塗装しておいたパーツも、足裏のパーツも忘れずにスターブライトアイアンで塗装しておきます。

27

スターブライトアイアンで塗装した状態。ではマスキングテープを剥がしていきます。パーツに傷をつけて塗装を剥がしてしまわないように注意します。

28

こんな感じでキレイに色分けすることができました。本当は塗装面に傷をつけないよう、この状態で艶ありのクリアーを吹くのが常識なんですけどね。安上がりにするために省いています。

以上で内装パーツの塗装終了です。ちょっと全体的にどのパーツを塗装しているかのパーツ一覧画像がないのでわかりにくいかもしれませんが、ご参考いただければと思います。

では内装パーツ塗装のおまけ?として、ナイフの塗装をご紹介しておきたいと思います。(内装パーツじゃねーし^^;)

29

ナイフはまず、脚部足の甲などをマスキング塗装した時に使用したジャーマングレーで全体を塗装しておきます。そして画像のようにマスキングをしておきます。

30

ナイフの刃の部分をスターブライトアイアンで塗装します。

31

マスキングテープをはがすとこんな感じに仕上がります。ナイフの切れ味が上がったっぽい?お好みでヤスリがけして、先端を鋭利にしてから塗装してもいいかもですね。

さて、ここで少し近況報告を。HGのフルアーマーガンダム製作が終わり、ただいまHGサイコザクの製作中であります。共にサンダーボルトの登場機体なので、特徴的な部分があっていいガンプラになっています。なので、製作もなかなか楽しめてますし、製作、塗装のしがいもありますな。

そして何より、鉄血系のガンプラとは構造やパーツの形状が違うのが新鮮♪鉄血系はもういいです。ごちそうさまでした
( ̄ーΑ ̄)フキフキッ

といっても、鉄血系もまだHGガンダムバルバトスのコンプリートセットがありますし、そして何より、秋にはセカンドシーズンが始まります。セカンドシーズンに登場する機体もどうせ内部形状はこれまでとおんなじなんだろうな~と思いつつも、新機種に期待しましょう。

では次回は、塗装も終わったところで、デカール貼りやトップコートなどをご紹介していきます。お楽しみに~。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムアスタロトを探す
⇒駿河屋でHGガンダムアスタロトを探す


コメントを残す