1/100ガンダムグシオンリベイク 腰部 外装パーツの組み込み

こんにちは!今回は、1/100ガンダムグシオンリベイク 腰部 外装パーツの組み込みをご紹介します!

ガンダムフレームに外装パーツが組み合わさっていくと、だんだん正規の姿が現れて見た目も良くなっていきますね。グシオンリベイクは特に隠し腕やシールドなど、外装に特徴があるので、ガンダムフレームそのままと比べても一変していくものになっています。

そしてこの腰部もまさにその典型ですね。シールドがグシオンの胸部デザインそのままになっていて、流用したことがよく分かります。さらにそのデザインのシールドを腰部裏面に取り付けることで不思議と蜂のおしりのようなデザインに仕上がっています。

モビルスーツのデザインって、自然界の生き物をベースにしているのがよく分かリますよね~。グシオンはカエルだし、リベイクは蜂。クシャトリヤは亀だし、ハンブラビはエイ?アッガイはタコとクマ?多くのモビルスーツが動物のデザインなので面白いです。もちろん全部が全部動物ではないですけどね。

さて余談でしたが、そろそろ腰部外装パーツの組み込みにいってみましょう。

1/100ガンダムグシオンリベイク 腰部 外装パーツの組み込み

DSC_0419

腰部パーツ一覧です。サイドアーマーを含め、背面シールドパーツもコチラにあります。後で大きい画像が出てきますが、シールド裏面はマスキングを何度も繰り返し、各部色分けしました。

DSC_0420

まずはサイドアーマーから。2個パーツでの組み合わせで、色分けされてありながらも最小限のパーツ数で済まされています。バルバトスみたいに3色ではないので簡単ですね。

DSC_0421 DSC_0422

黒い部分の下側はパーティングラインを紙やすりで消していますが、上の部分には少し残っています。金型作成時にできればパーティングラインが出ない配慮があるとありがたいのですが贅沢ですかね~^_^;

DSC_0423

DSC_0424

次に腰部フロントアーマーの組み立てです。それほどパーツ数が多いわけでもなくですね~。

DSC_0425 DSC_0426

このオレンジ色パーツは突起ひとつを差し込んで組み合わさっているので、仮組みから外すときには差し込み突起を折ってしまわないように注意して外しましょう。

DSC_0427 DSC_0428 DSC_0429

言ってしまえばそんなに特徴のないフロントアーマーですね^_^;グレムリン変身後のフェイスに似ている気もしますが、グレムリン知ってます?午前0時を過ぎて食事をすると変身(凶暴化)しちゃうんですよ。恐ろしいペットを売ってますねぇ。(映画での話です。実物は存在しません。念のため)

DSC_0430 DSC_0431

フロントアーマー取り付け完了です。全体的にそれらしい見た目になりましたね。

DSC_0432

ではここからシールドの組み立てです。もともとは表面が薄茶色、裏面は黒で統一されていましたが、マスキングをして色分けしています。塗装方法はまた塗装レシピのご紹介時にご紹介しますが、マ~細い色分けでした^_^;どんだけ~と何度思ったことか(-_-;)1/100サイズなら細かくパーツ分けしてほしかったところです。素組みのままだととても物足りないので、表面くらいは色分けしたほうがいいかと。

逆にその分組立工程はラクですけどね。

DSC_0433

内側にバーニアパーツを取り付けます。フタを被せた時に穴から顔を出すように位置を調整します。

DSC_0434

こんなもんでシールド完成です。随分簡単な・・・・・^_^;おっと、裏面の縁に肉抜き部分がなくなっています。パテで埋めたわけですが、それについてもまた改修ポイントとしてご紹介したいと思います。

DSC_0435

腰部や腕部に取り付けるためのパーツを取り付けます。アイアン系の塗装は表面がつるつるなので、パーツが干渉しても塗装が剥げることは少ないと思います。気になる方はクリアーでトップコートをどうぞ。

DSC_0436

DSC_0437

DSC_0438 DSC_0439

接続用アタッチメントはかなり細いパーツが合わさって角度調整ができるようになっています。コレが出来て何故シールドは最中なのかがよくわかりませんが・・・下側パーツの左突起部分は下側に向くように設置します。

DSC_0440 DSC_0441

DSC_0442

では背面に外装パーツとともに取り付けていきます。外装パーツは被せるだけです。

DSC_0443

DSC_0444

シールドを取り付けて完成です!シールドはモールドが満載でゴテゴテ感がすごいです。全体的な形や中央のモールドが八角形ということもあり、余計蜂やハチの巣などを印象づけます。おしりに大きい物が付いているのが蜂のおしりのようにも見えるので、かなり創造性の高いデザインになっていると思います。

さらに言えばアンテナも触覚に見えますし、どこをとってももはや蜂にしか見えない^_^;

さて次回は蜂で言う羽の部分に当たるバックパック&隠し腕の組み立てをご紹介します。バックパックの組立工程はなかなかボリュームが多いので、2回に分けてお送りします。また、2回目はついでに武器の組み立てもご紹介して、リベイクは完成となります。

本編ではほとんど存在感がなかったのは残念ですが、かなり優秀な戦績だったとのこと。それだけでも見る目が変わりますし、リベイクは本当はすんごい機体なんだということを感じる今日このごろでした。そりゃあ隠し腕があれば強いわな。

では良いガンプラライフを。

ではでは~。

⇒楽天で1/100グシオン/グシオンリベイクを探す


コメントを残す