RG サザビーの制作③ 続・モールド再造形、パーティングライン処理など

今回は、RG サザビーの制作③をご紹介します!

2ヶ月もかけてヤスリがけ、表面処理を施しているRGサザビー。今回も前回に引き続き、気になったパーティングラインなどを削ったりして簡単なモールドを再造形していきます。

股間部パーツは角型モールドのそばにパーティングラインがあり、処理しているとモールドも一緒に削れてしまうので、全てのモールドをヤスリがけして削り、0.2mmプラ板でモールドを再造形しておきます。はじめにモールド形状に合わせてプラ板をカットしてから削り落としたほうがいいですね。

ファンネル後部の引き出しパーツは、側面モールドにパーティングラインがあるので、こちらもモールドごと削って平らにし、0.2mmのプラ板を貼って作り直しておきます。引き出しギミック用に造形しているだけっぽいので、表面の2ラインモールドは造形せず、プラ板だけのシンプルなフォルムにしておきました。

左右4箇所とも処理するとこんな感じに。KPSパーツで柔らかいので、ヤスリがけしていると角が削れ落ちやすいので注意です。削りたい部分(凸モールドなど)は金属ヤスリで削り、表面を均すのにヤスリスティックなどで角落ちを防ぐと良いのかなと。貼り付けたプラ板は角を少しだけヤスリがけし、パーツの形状に馴染ませておきます。

バックパック後部の展開用装甲パーツにも、モールドと一体型のパーティングラインがあるので、丸モールドまですべて削り落とします。そして縦長のモールド部分はプラ棒(エバーグリーンのプラ棒0.5mm)を適当な長さにカットして接着し、再造形しておきます。

丸モールド部分は1.7mmピンバイスで開口後、表面を丸ビットで均し、マイナスモールドを埋め込んでおきます。このマイナスモールドもいつも使うイボルブワークス製マイナスモールドメタルパーツ(1.7mm)です。まだ接着せず、塗装後に接着してディテールアップします。

こんな感じに。

後は一通りヤスリがけ、表面処理を済ませつつパーツ洗浄を施し、塗装するために乾燥させておきます。暖冬と言われていますけど、パーツの乾燥は遅いです。なので、食器乾燥機の購入も検討しつつ。次から塗装に入ります。

以上、今回はここまでです。RGサザビーの制作を開始したのが2019年の11月。それから3ヶ月程度経過しましたが、RGサザビーのガンダムデカール発売されないですね;いつも5枚ほど一気に発売され、前回発売されたのが2018年の1月でした。あれからもう2年が経ちましたが、No.120以降の発売がないのが残念です。できれば製作中にRGサザビーのデカールが発売されるといいんですけど、やっぱり完成後に発売されるパターン?;

⇒楽天でRG サザビーを探す
⇒駿河屋でRG サザビーを探す
⇒ヤフーショッピングでRG サザビーを探す

コメントを残す