RG サザビーの制作② モールド再造形、パーティングライン処理など

今回は、RG サザビーの制作②をご紹介します!

月イチ単位での更新となっているRGサザビーですが、前回、簡単なメタルパーツの埋め込みなどの処理をしておいたので、後はヤスリがけや表面処理をしつつ、各部のパーティングライン消し、それによって削り飛ばしたモールド再造形などをしていきます。

まずは脚部後部のバーニアですが、一部外装に露出する部分にパーティングラインがあるので、モールドも含めヤスって表面をきれいにしておきます。そしてよく使うプラ棒(エバーグリーンのプラ棒0.5mm)を、モールドの長さにカットして接着(タミヤ流し込み接着剤)します。

ビーム・ショット・ライフルのバレルグリップもパーティングラインがモールドの真ん中にあってヤスリがけしにくいので、デザインナイフで削り飛ばし、プラ棒で再造形しておきました。

モールドは先程のプラ棒(エバーグリーンのプラ棒0.5mm)を2本並べて接着し、端を曲型にしたものになります。

膝の内部フレームパーツもモールドと合わせてパーティングラインがあるので、白◯の箇所も含めてヤスリがけしてモールドを削っておきます。そしてスリット入りのプラ板エヴァーグリーン プラシートVグループ0.5厚1.0mm)をカットしてモールドが平行になるように貼り付け、パーツ形状に合わせてニッパーやヤスリで整形。

先端の三角形モールドもプラ板(0.2mm?)をモールド形状に合わせて切り出し、貼り付けておきました。

組み上げるとこんな感じに。外装でほとんど見えなくなりますが、パーティングラインが見えてしまうよりはマシかなぁと^^; いっそのこと三角の隙間は埋めてしまったほうが良いのかもですね。

腹部の外装パーツは左右に◯モールドがあるので、ここにマイナスモールドのメタルパーツを埋め込みます。使用するのはいつものイボルブワークス製マイナスモールドメタルパーツ(1.7mm)

1.0mmピンバイスで中心を開口後、1.7mmで穴を広げ、ふちを丸モールドで削って慣らしています。

後は表面処理をしつつ、各部のヒケをヤスってきれいにしていきます。400番だと目が粗く、傷が深くなり、600番だと表面処理に時間がかかってしまうので、使い古した400番あたりで表面処理するとサフを吹いても傷が残りにくく表面処理も早くできるのかなと最近思いました。(個人の感想です;)

以上、今回はここまでです。ほとんど表面処理やヤスリがけに時間を費やしていますが、久々に制作するとやっぱり楽しいですね。でもまだまだ未熟ですし道具類も使いこなせていない部分があるので、いろんなアイテムも幅広く使いつつ、より高レベルに仕上げていきたいと思う今日このごろでした。

⇒楽天でRG サザビーを探す
⇒駿河屋でRG サザビーを探す
⇒ヤフーショッピングでRG サザビーを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す