MG Hi-νガンダムVer.kaHWS拡張セットの塗装レシピと塗装後の写真レビューです。

こんにちは!

今回は、MG Hi-νガンダムVer.ka HWS(ヘビーウェポンシステム)拡張セットの塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介します!

MG Hi-νガンダムVer.kaHWS拡張セットは、プレミアムバンダイ限定商品です。

それでは、まずは塗装前と塗装後の写真をどうぞ!

塗装前
DSC_0071

塗装前のレビューはこちら
⇒MG Hi-νガンダムVer.ka用HWS拡張セットのレビューです。

塗装後(第1形態)
DSC_0150

DSC_0155

HWS拡張セット自体、正面は白の単色になるため、MGHi-νガンダムと組み合わせるとより白に近くなります。

今回はより簡単な塗装にしていますが、各部に黄色とかを交えてもいいかもしれませんね。

正面からはシンプルですが、足につけた拡張アイテムや後方のファンネル部分を見ると、改めて良いデザインしてるな~って思います。

かっこいいですね(*^-^)b

上でご紹介した写真はHWS拡張セット第1形態です。

それでは第2形態の写真もどうぞ!

塗装後(第2形態)
DSC_0169 DSC_0183

シールドのまだら模様や、後部の重量感はすごいですね!

それでは塗装レシピのご紹介です!

塗料の種類は前々回のHi-νガンダム塗装レシピでご紹介したとおりですが、もう一度ご紹介します。

MG Hi-νガンダムVer.ka HWS拡張セット 塗装レシピ
————————————————

○黒部分(グレーパーツ)
[ガイア] スターブライトアイアン(55%)+[ガイア] スターブライトシルバー(35%)+[ガイア] スターブライトゴールド(10%)

ガイアカラー 125 スターブライトアイアン(メタリック・15ml入瓶)
ガイアカラー 125 スターブライトアイアン(メタリック・15ml入瓶)
ガイアカラー メタリックカラー 121 スターブライト シルバー
ガイアカラー メタリックカラー 121 スターブライト シルバー
ガイアノーツ ガイアカラー スターブライトゴールド
ガイアノーツ ガイアカラー スターブライトゴールド

○シルバー部分(ホワイトグレーパーツ)
スターブライトシルバー

○青色部分(ブルーパーツ)
パープル95%+ホワイト5%
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C67 パープル(光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C67 パープル(光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)

GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C1 ホワイト (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C1 ホワイト (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)

○白色部分(ホワイトパーツ)

塗装なし

○ハイメガシールドタンク、バズーカミサイル格納部
ブラック40%+ライトグレー60%(うろ覚えですいません・・・)

GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C338 ライトグレーFS36495(半光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C338 ライトグレーFS36495(半光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)

○シールド内部ミサイル
赤モンザレッド
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C68 モンザレッド(光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)
GSIクレオス Mr.HOBBY Mr.カラー(ミスターカラー)C68 モンザレッド(光沢) (溶剤系アクリル樹脂塗料 油性)

————————————————

以上、塗装レシピでした。

塗装に関する注意点・・・というか、塗装後の注意点があります。

それは、HWSのハイメガシールドとハイパーメガライフルの固定部分です。

これは塗装前のHWS拡張セットレビューでもお伝えしましたが、

HWSのハイメガシールドは、Hi-νガンダムVer.kaのシールドにかぶせる仕様になっています。

このため、ハイメガシールドを外すとき、Hi-νガンダムVer.kaのシールドのトップコートがこすれて剥がれてしまうことがあります。

一方、ハイパーメガライフルの固定部分ですが、ハイパーメガライフルには、重量で腕が下がってしまわないよう、腕に固定するパーツがついています。

多くの頻度でハイパーメガライフルを取り外ししていると、腕のトップコートを剥がしてしまうということもあるでしょう。

このへんは取り扱いに注意が必要です。

胸部や腰、脚のパーツは、Hi-νガンダムVer.kaに取り付け部分があるので、特に影響はありません。

若干ポロリしやすいところもありますが、気になる方は対策をしてもいいかもしれませんね。

では、いくつかシャッターしたので、塗装の参考にどうぞ!

第1形態

DSC_0147

DSC_0154

DSC_0157

DSC_0160

DSC_0161 DSC_0162

第2形態

DSC_0163

DSC_0165 DSC_0167 DSC_0173 DSC_0178 DSC_0179 DSC_0182 DSC_0187

DSC_0189

DSC_0190 DSC_0193 DSC_0194

いかがでしょうか。

バランス的には、第2位形態がいいですかね~。ハイメガシールドを腕につけると、左に偏ってしまいますからね。

あと、まだら模様のシールドは全てデカールでの表現なので、デカール張りに注意が必要です。

細かい作業が必要なので、デカールの端がずれたり切れたりしないように気をつけましょう。

以上です!

それでは良いガンプラライフをお過ごしください(*^-^)b

ではでは~

⇒楽天でMG Hi-νガンダムVer.kaを探す
⇒駿河屋でMG Hi-νガンダムVer.kaを探す

コメントを残す