MG ジェガンの製作 進捗

今回は、MG ジェガンの製作 進捗をご紹介します!

長期に渡って制作しているMGジェガンですが、今日一日で進んだ進捗状況を簡単にご紹介。

現在、ガンプラレビューや1/144RX-78-F00ガンダム制作などの合間でちょこちょこと手を付けていますが、今回はヤスリがけ、表面処理に時間を費やしました。なので特別変わったことはしておらず、パーツをひたすら黙々と、シャカシャカとヤスっていた感じです。ご紹介する内容もそんなにはないのですが、ビームサーベルの表面処理でも簡単にご紹介を。

クリアー成型色のビームサーベルは、そのまま切り出した状態だとゲート跡ができてしまいます。縦中央にはパーティングラインも確認できますね。MGの1/100サイズともなるとパーティングラインも割りと目立ってしまうので、それらを処理するために表面をヤスっていきます。

やり方は色々とあると思いますが、自分は表面を400番の紙やすりでヤスり、ゲート後とパーティングラインを消します。ヤスると表面には多くのキズができ、透明度が全くなくなってしまいます。

透明度を戻すために、Mr.コンパウンドの極細を付属の不織布に少しとり、ビームサーベルをひたすら擦ってキズを消していきます。きれいにするにはある程度時間がかかるので、早く済ませたいなら400番の後に1000番あたりでヤスっておくといいですね。

Mr.コンパウンドの極細だけでも十分な透明度が戻りますが、もっときれいにしたい場合はハセガワのセラミックコンパウンドを不織布に少しとり、さらに擦っていきます。今回はほどほどで済ませましたが、やればやるほど透明度が戻ってくると思います。

表面処理を済ませたパーツは、塗装するパーツごとに分け、パーツ洗浄をしておきました。パーツ洗浄は超音波洗浄機を使ってもいいですし、コストを抑えたい場合は歯ブラシでパーツを1個ずつ洗ったり、ビニールにパーツを入れ、水と洗剤を入れてシャカシャカしてもいいと思います。

以上、簡単にですが進捗状況のご紹介でした。MGはパーツ数が多いので、その分表面処理には時間がかかります。心が折れやすいですけど、1個1個きれいに表面処理をするとその分仕上がりも違ってくるので、ジェガンの活躍シーンを見直しながらテンションを↑げて・・・(笑)

icon

⇒あみあみでMG ジェガンを探す
⇒楽天でMG ジェガンを探す
⇒駿河屋でMG ジェガンを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ジェガンを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す