MG ジェガンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ジェガンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はロンド・ベル隊に所属しているジェガン部隊が陣形を維持しつつ、戦闘を繰り広げるシーン。背景にベースジャバーに乗ったジェガンがいることを見るに、アクシズ攻防戦でシャア率いるネオ・ジオン軍との戦いの一コマが描かれているのだと思います。MGらしい迫力のあるイラストになっているので、箱を見るだけで購買意欲が高まります。

横絵は内部フレームやギミック、各付属品など、様々な情報が細かく掲載されています。さすがMG。HGとは違った情報量の多さで、そのキットの特徴がとても良く分かります。

今回は画像を用意していませんが、箱のサイズはVer.Kaなどのものよりも薄型。MGガンダムVer.3.0や最近発売されたMGガンダムF91と同じサイズです。

では開封。大判は多くなく、中判型のランナーが複数入っています。

全部で8袋分のランナー。

中にはホビーオンラインショップ(プレバン)で現在予約受付中の98式ベース・ジャバーのチラシが同梱されていました。裏面は真っ白。やはり劇中シーンを演出するなら、このアイテムは不可欠な一機です。できればMGジェガンも2体入手して、上下に搭載したいところです。

では説明書を見ていきます。説明書はMGおなじみの黒枠パケ絵で裏面は塗装済みキット写真。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。MGはかなり組み立てがハードなイメージがありますが、このジェガンは左右対称の部分も多く、組立工程自体も洗練された感があります。武器類が少ないのも組み立てをラクにしている一つの要素ですね。なので、普通に組むと3時間もあれば完成できそうです。

カラーガイドは複数の塗料をかなり細かく調色したガイドになっています。カラーの種類も多いですし、塗装する場合はなかなか手が混みそう。Mr.カラーの水性ホビーカラーなら全色揃いそうなので、そちらをお試しになってみてはいかがでしょうか。ラッカー系で塗装する場合には、いろんなメーカーを使用したり、ある程度ガイドとは違った調色になりそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1、A2ランナー。A1はライトグリーンの腹部、胸部パーツ類で、A2がグリーンの脚部、バルカン・ポッド・システム用パーツなど。

↑Bランナー。ダークグレーの腰部、胸部バックパックなどの内部パーツ類です。

↑Cランナー。ダークグレーの脚部、頭部、バックパックなどの内部パーツやサイドアーマーのハンド・グレネードなど。

↑D1ランナー。ダークグレーで脚部やバックパックなどの内部パーツ類。同じものが1枚あります。

↑D2ランナー。ダークグレーのランナーです。腕部、脚部の内部パーツ類など。同じものが2枚あります。

↑Eランナー。ダークグレーのシールドやビーム・ライフルなどのパーツ類。

↑F1、F2ランナー。共にイエローのバーニア口やダクト口などのパーツ類。

↑G1、G2ランナー。共にライトグリーンの脚部、腕部、バックパック外装パーツなど。

↑H1ランナー。ライトグリーンのシール度や脚部外装パーツなど。

↑H2ランナー。ライトグリーンの脚部、胸部外装パーツなど。

↑Iランナー。ライトグリーンの頭部、腰部、バックパックなどの外装パーツ類。

↑J1、J2ランナー。J1がレッドで腰部やコックピットハッチ、ミサイル・ランチャーパーツ。J2がクリアーブルーのセンサーやバイザーパーツ。

↑クリアーピンクのSB1、ダークグレーのMPパーツ(ハンドパーツ類)、マーキングシールです。

以上です。ベースのジェガンでこのランナー形状ですから、後のバリエ展開はまさにHG並になりそうです。ジェガン祭りは嬉しい限りですが、できればお財布に優しいバリエーション展開&コストパフォーマンスを期待したいですね。

⇒楽天でMGジェガンを探す
⇒駿河屋でMGジェガンを探す
⇒ヤフーショッピングでMGジェガンを探す

  • ,
  • タグ:

コメントを残す