注意事項:サーバーの移行により、サイトや画像がきれいに表示されない場合がありますことをご了承下さい。

MGフルアーマーガンダムVer.Kaの製作② 塗装その1

こんにちは!今回は、MGフルアーマーガンダムVer.Kaの製作② 塗装その1をご紹介します!

10

前回少しばかりの改修を行いましたので、今回からMGフルアーマーガンダムVer.Kaの塗装をしていきます。今回の塗装のコンセプトはチラリズム。・・・・・といってもあまり意味が分からないと思いますのでちょっとご紹介を^_^;

このMGフルアーマーガンダムVer.Kaは関節部分がフレームカバーによるシーリング処理をしてあるなど、ストーリー上比較的電気を通さない素材が使われています。なので外装に関してアイアン色の金属色を使うのはあまり最適ではないと考えました。

ですがサンダーボルトの影響をあまり受けない内装部分に関しては金属素材が使われているだろうと考慮して、内部パーツにはアイアン色を使用しています。なので、わずかに内部パーツが見えたりするところに少しだけアイアン色がチラチラと見えるよう配慮したチラリズムを意識して塗装しています。

内部パーツのみのアイアン色塗装なので、上記画像のようにほとんどアイアン色が見えないですが、ミサイルのフルハッチオープン状態では適度に内部パーツが露出するようにしています。なのでそういった意味では、少しアクションを加えることで雰囲気が変わるような状態にはなっていると思います。

それでは各部の塗装をしていきます。

■MGフルアーマーガンダムVer.Kaの塗装

まずは早速チラリズム?のアイアン色を塗装していきますが、塗装前にランドセルのダクト部分だけマスキングしておきます。この箇所は元々白いので、特に色分けする必要は無いかもです。アイアン色のほうが多少ランドセル後部のカラーリングに幅が出る感じなのでお好みですね。

12

ちょっと画像ではわかりにくいかもしれませんが、真横にパーティングラインが出るので、気になる場合はヤスリがけしておきましょう。形状がギザギザなので少し難しいですが、こういったところは紙やすりよりも金属ヤスリを使ったほうがやりやすいかもしれません。それか、全体をヤスリがけして全てのギザギザを取り除き、三角形のプラ棒で造形するのもありですね。

13

画像の内部パーツ類をスターブライトアイアン(ガイアカラー)100%で塗装しておきます。右上のダクト部分は下地としてつやありのブラックで塗装し、その上からスターブライトアイアンで塗装しています。ちなみに使用したエアブラシはいつものようにタミヤのレボⅡ、スターブライトアイアンを薄めるのにはガイアノーツのメタリックマスターを使用しています。メタリックマスターの効果についてはこちらをどうぞ。⇒メタリックマスターを使った塗装の効果を検証してみました。

フレームカバーを被せる関節内部パーツも一応アイアン色で塗装しています。ほぼ隠れて見えなくなりますが一応気分的なものです^_^; 見えないので組み合わせてから塗装するという中途半端ぶりです(笑)それと右端の上から3番目に写っている腰部のパーツですが、これはエマージェンシーポッドを格納する内部はアイアン色にして、外装として露出する部分は後でグレーで塗装していきます。

14

その他の細々としたパーツも全てスターブライトアイアンで塗装しておきました。画像右下のパーツも忘れずに塗装しておきます。

15

ランドセルパーツのマスキングを剥がした状態。周りに被せるパーツが別にあるので、少しくらいはみ出ても問題なしです。

16

そして今度は周りの白い部分を塗装するため、塗装した箇所をマスキングしておきます。

11

ここで少し前回の改修の補足ですが、一応改修したパーツにサーフェイサーを吹いて全体のキズや凹凸などを確認しておきました。アンテナ部分はサーフェイサーの前にマルチプライマーを吹いてサーフェイサーの密着性を高めています。サーフェイサーを吹くと不思議といい感じに見えますな(〃∇〃)

17

今度はフルアーマーガンダムの外装アーマーを塗装していきます。成型色だと比較的青っぽい藍色のカラーリングになっていますが、今回の塗装では藍色だけでなく、少し茶色やグレーといった色合いを混ぜつつ塗装しています。なので見る角度を変えると茶色っぽく見えたりグレーっぽく見えたりするようになっています。

塗料は青15号75%+ジャーマングレー20%+ローズブライトレッド5%(全てガイアカラー)を使用しました。(分量は大体なので、一応色合いを見ながら調色していってくださいね。)サーフェイサーを吹いた改修パーツもこの色で塗装しておきます。

18

これらのパーツも上記の藍色と同じカラーで塗装します。

今回はここまでです。悪役なので比較的ダークなカラーリングが多いMGフルアーマーガンダムVer.Ka。なので地味な色合いが多くなりますが、パーツの組み合わせやデザインがしっかりとしているので組み合わせるとなかなかいい感じに仕上がってくれます。

第2部のアトラスガンダムと比べるとかなり対照的なカラーリングではありますが、それもまた味。MSVのダークグリーンのような色合いにしても様になりそうな、フルアーマーガンダムらしいバリエーションある塗装を楽しむのもいいですね。

では次回も引き続き塗装をしていきます。では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMGフルアーマー・ガンダム Ver.Kaを探す
⇒駿河屋でMGフルアーマー・ガンダム Ver.Kaを探す


コメントを残す