HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作② 各部の改修1

今回は、HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作②をご紹介します!

前回、先立って股間部周りの構造をアップデートしておいたので、今回はその他の部分に手を加えていきます。

まずは頭部の改修。といっても大幅に形状を変化させるわけではなく、簡単なディテールアップ程度にしていきます。まずはとさかのセンサーですが、特にパーツ分割されているわけでもなく、ここは簡単なモールドにシールを貼ってセンサーを色分けするようになっています。

黄色いフレームに当たる部分をニッパーやデザインナイフで切り飛ばしておきます。山の部分はニッパーで、谷の部分はデザインナイフでカットし、センサー部分を平らに。

そしてタミヤのイージーサンディングで接着し、合わせ目を消しておきます。センサーはホログラムフィニッシュシートなどを使って色分けし、削ったフレーム部分は後で塗装したプラ棒をカットして接着する予定です。技術があれば、センサー部分をごっそりカットし、クリアーパーツを複製してセンサーにするのもありですね。

メット部側面には合わせ目ができるので、フェイス部裏のダボをカットして後ハメできるようにしておきます。後ハメ用の処理はこれだけです。

そしてメット部はイージーサンディングで接着して側面の合わせ目をヤスって消しておきました。間の部分は段落ちモールド化されていますが、最下(赤◯)にも合わせ目があったので後で消しています。

アンテナは後部に安全加工がされているので、ダボを切り飛ばし、全体的にヤスって尖らせておきました。

これで塗装に備えます。アドバンスド・ヘイズル用の白い複合センサーも合わせ目を消しておきます。

続いて股間部。アドバンスド・ヘイズルにはアクションベースやスタンドにディスプレイするための3.0mm穴が空いていないので、開口して穴を作っておきます。

リアアーマーを外し、内側にある下のダボ穴を削り飛ばします。ニッパーで切り込みを入れ、ゴッドハンドのビットブレードで削ると簡単に削り飛ばすことができます。

そして下から3.0mmピンバイスで開口。穴を開けたら表面を丸ビットで少し削って慣らしておきます。

内側からは3.0mm軸が差し込めるサイズのポリキャップをカットし、接着しておきました。周りをパテで埋めようかとも思いましたが、強度的に不安はなさそうだったのでそのままにしています。リアアーマーのダボピンは邪魔になるのでカット。

底面はこんな感じです。

それと股間部、大腿部にパーツを複製してアップデートしていますが、関節強度に不安があるため、保険として一応通常のボールジョイントパーツも使って仕上げます。(HGUCハイゼンスレイの余剰パーツから拝借。)こちらも股間部に3.0mm軸差し込み穴を開口し、ポリキャップを埋め込んでおきました。

以上、今回はここまでです。パーツ複製の股間部、大腿部が結構貧弱なので、きれいに仕上げるのは難しそうです。改めてバンダイの技術力の高さを痛感しましたが、できる範囲で仕上げていきたいと思います;

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す