HGUC(REVIVE)百式のパッケージ、ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HGUC 1/144 (REVIVE)百式のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

前回HGUC 1/144 (REVIVE)百式の素組みレビューをご覧いただきましたが、「レビューは素組みだけで十分」と言う方もいらっしゃるかと思い、今回のレビューでは素組みとパッケージ・ランナーなどに分けてみました。なので、今回はHG 1/144 (REVIVE)百式の箱絵とランナー各種、説明書等をレビューをご紹介していきます。

ではまず箱絵から。

1

箱絵はリアルでしっかりとしたイラストで、宇宙空間で活躍する百式が掲載されています。ライバル機のキュベレイも掲載されています。パッケージの帯がゴールドでHGシリーズ200番目のキットです。初回限定同梱として、Yahoo!モバゲー「ガンダムトライヴ」の百式設計図シリアルコードがついています。

2

RGダブルオークアンタとの比較。RGのパッケージと比べるとやや薄めですが、よくあるHGシリーズのサイズと同じです。

3

横絵は百式のスタイルとアクション、武器、ツインアイなどの特徴が掲載されています。反対側はキュベレイと対戦しているシーンや百式のスペック等が掲載されています。

4

パッケージにしっかりとランナーが入っています。

5

全部で4袋分のランナーが入っています。HGとしてはまずまずの量かと。

6

最近良く見る、バンダイのカタログとガンダムアーケードゲームのチラシが入っています。

7

ここから百式の説明書を見ていきます。表面は百式の塗装済み完成品画像。以下、順番に説明書をご覧頂きます。

8

9

10

11

以上、説明書でした。裏面はパッケージ横面に掲載されている内容がプリントされています。カラーガイドもこちらに記載。

12

ガンダムトライヴのシリアルコードです。

ではここから、ランナーを見ていきます。

13

↑Aランナーです。ゴールドカラーのランナー。百式のおなじみキンキラ金の外装パーツ類です。

14

↑Bランナーです。こちらもゴールドカラーのランナー。2枚あります。こちらも外装パーツ類。

15

↑C1ランナーです。グレーカラーのランナー。武器類、内装パーツなどが並んでいます。

16

↑C2ランナーです。こちらも内装パーツ類です。

17

↑D1ランナー(青色ランナー)、D2ランナー(ワインレッドランナー)です。青色は胸部、腹部、バックパックなど、赤色は脚部、動力パイプ周りなどのパーツ類が並びます。

18

↑Eランナーです。ツインアイのクリアーグレーパーツのみです。

19

↑ポリキャップ、ビームサーベル刃、マーキングシール、ホイルシールです。マーキングシールには『百』の文字が、ホイルシールは貼り替えによってツインアイのパターンを変更することが出来ます。ビームサーベル刃は黄色のサーベルが再現できます。

以上です。HGという比較的組みやすいシリーズなので、パーツ数もそれほど多くはありません。ランナーから全部切り離して組み立てても間違いなく組めるかと思います。(全部切り離して組み立てる場合は、パーツをランナーの番号ごとに分けておくとラクです。)

あと、色分けは素組みのままでも十分満足できるレベルで、ちょっとしたところに部分塗装してやるだけでかなりいい完成度に仕上がるようにできています。なので、ガンプラ初心者でも手軽に塗装していただけるキットに仕上がっていると思います。塗装が苦手でも、そのままで十分な完成度なので、どの状態であっても納得できる百式が楽しめるので、満足度はかなり高いキットですね。

icon

⇒楽天でHGUC 百式を探す
⇒駿河屋でHGUC 百式を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC 百式を探す

コメントを残す