HG ガンダムキマリストルーパーの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、HG ガンダムキマリストルーパーの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

箱絵800

ガンダムキマリストルーパーは、ギャラルホルンの特務三佐であり、ギャラルホルンを束ねるセブンスターズの名家であるボードウィン家の一族、ガエリオ・ボードウィンの愛機です。

HGガンダムキマリストルーパーは、人型形態から馬型のトルーパー形態に変形可能。さらに、大型武器のデストロイヤー・ランス、キマリスサーベル、キマリスシールドを装備、台座が付属、サブアームも装備という充実感あるキットになっています。

今回のHGガンダムキマリストルーパーの塗装は、もともとの成型色をベースにして、内装部分はアイアン系、外装は成型色に近い色合いでの塗装にしました。

ただ、普通に成型色に近いだけでは面白みもないので、敵側のキットということで、紫部分などは少し暗めの塗装で仕上げています。ホワイトグレーであしらわれた機体なので上品さは損なわず、少しダークでシックな印象に仕上がっていると思います。

メタルパーツはショルダーアーマー、膝のアーマー、リアアーマー、脚部内部パーツ、そしてデストロイヤー・ランスに取り付け、ディティールを加えています。メタルパーツに関しては製作工程をご覧ください。

ではまずはHGガンダムキマリストルーパーの塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧ください。

■塗装後(アフター)

DSC_0023

DSC_0024

■塗装前(ビフォー)

1

DSC_0030

各部色が濃いのと、内装パーツがアイアン色なので、かなりダークな感じになっているかと思います。

マスキング塗装した箇所は関節部分のシャフトが覗く場所と、リアアーマーのダクト部分、腰部のフロントダクト部分、シールド表側の一部、シールド裏くらいです。比較的塗り分け箇所が少ないガンプラなので、それほど手間なく仕上げることが出来ました。(前腕の紫色は筆による塗装です。)

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

DSC_0028DSC_0030

DSC_0035

DSC_0040DSC_0041DSC_0057

DSC_0068

それではHG 1/144 ガンダムキマリストルーパーの塗装レシピです。

■HG 1/144 ガンダムキマリストルーパーの塗装レシピ

○内装部分①(ガンダムフレーム、トルーパー形態前足部、キマリスシールド裏部、リアアーマーダクト部など):スターブライトアイアン50%+スターブライトシルバー50%(ガイアカラー)
○内装部分②(肘、腹部、膝などのシャフト、バックパックバーニア):スターブライトシルバー(ガイアカラー)
濃い紫部分:パープル75%+ジャーマングレー15%+ブルー10%(Mr.カラー)
淡い紫部分:パープル75%+ジャーマングレー10%+ブルー5%+ホワイト10%(Mr.カラー)
キマリスシールド(表面):パープル20%+インディブルー10%+コバルトブルー25%+ジャーマングレー35%+ホワイト10%(Mr.カラー)
○デストロイヤー・ランス:パープル10%+インディブルー20%+コバルトブルー20%+ジャーマングレー25%+モンザレッド15%+ホワイト10%(Mr.カラー)
台座:フラットブラック(Mr.カラー)
○スミ入れ:コピックモデラー、タミヤすみ入れ塗料
○トップコート:スーパークリアーつや消し、Mr.スーパークリアー (Mr.カラー)※瓶

アイアン色で塗装したパーツは、下地塗装としてガイアカラーのニュートラルグレーⅣを使用しました。下地塗装の上のアイアン色塗装なので、発色は良くなっていると思います。

デストロイヤーランス、キマリスシールドは、ボディの紫色よりも更に濃い色にするため、いくつか色を混ぜて使用しています。

スミ入れに関しては、白系のパーツはタミヤのスミ入れ塗料を使用し、紫色パーツなど色の濃い部分はコピックモデラーのブラックを使用しています。

スミ入れは、ボディーの色とあまりに違う色でスミ入れをするとラインが際立ったり違和感が出てきますが、今回の紫色パーツにブラックのスミ入れでは、それほど違和感なく表現出来ました。

各部詳しい塗装内容に関しては、製作工程をご覧いただければと思います。

では幾つかHG 1/144 ガンダムキマリストルーパーの画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

DSC_0039

DSC_0042

DSC_0043DSC_0045DSC_0049

DSC_0053

DSC_0058DSC_0061

DSC_0064DSC_0065

DSC_0067

DSC_0070

DSC_0072

以上です。白と紫で色合いが対照的なので、メリハリがきいた良いデザインだと思います。そのHGキマリストルーパーに塗装をすると、よりリアルにキレイに仕上がると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

今回の写真レビューが参考になれば幸いです。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムキマリストルーパーを探す
⇒駿河屋でHGガンダムキマリストルーパーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムキマリストルーパーを探す


コメントを残す