1/100ガンダムバルバトスルプスの組立工程 ガンダムフレーム胸部・頭部の組み立て

こんにちは!今回は、1/100ガンダムバルバトスルプスの組立工程 ガンダムフレーム胸部・頭部の組み立てをご紹介します!

1/100ガンダムバルバトスルプスを組み立てていきます。1/100ガンダムバルバトスルプスは鉄血のオルフェンズ1/100シリーズ恒例のガンダムフレームの内部構造に外装パーツを組み合わせていく仕様。なので今回も説明書通り、はじめにガンダムフレームを組み立てておきます。

バルバトスルプスのガンダムフレームはフルメカニクスという冠を頂いたとは言え、以前ご紹介した1/100ガンダムバルバトスとほぼ同じ。脚部と腕部が少し違っている程度なので、かなり簡潔で短的にご紹介していきますね~。なので、もしわかりにくいところがあれば、申し訳ないですが説明書の方でご確認いただければ幸いにござりまするm(_ _)m。その中で、注意点や追加塗装などがあればご紹介していきたいと思いますです。

では早速ガンダムフレームの胸部を組み立てていきましょう。

1

まずは胸部のパーツ一覧です。ガンダムフレームのところどころに見えるシャフトや動力パイプ系はエナメルのチタンシルバーで筆塗りしたり、スターブライトシルバーなどで細かく塗装して分けています。動力パイプを塗り分けするだけでもだいぶ完成度が違ってきますねー。胸部のパーツを一覧に加え忘れたので、別撮りにて追加しております。

パーツ的には1/100ガンダムバルバトスと全く寸分違わず同じ。ですが塗装はだいぶ違っているので、ガンダムフレーム完成状態も違ったものになっています。なので、今回の塗装は1/100バルバトスの参考にもなるかもですね。

2

リアクター部分を組み立てていきます。注意点はポリキャップを入れ忘れないということと、被せる円型のパーツの向きに注意するということですねー。円型のパーツには大小の凹みが2箇所あって、小さい凹みが下に来るようにハメ込みます。(すでに向き・・・というかパーツの位置が違っちゃってますね^_^; 下の画像の位置が正解。) ちょちょいとリアクター部分を組んでおきましょう。

3

4

丸穴が付いているパーツを大きめの凹みにハメ込みます。この丸穴はバックパックをマウントする穴ですね~。

5

6

リアクター部分を組み立てたら、背骨と首のパーツを組合せて胴体の中心部を組み立てます。背骨パーツや首のパーツは塗装時にすでに組合せていたので、仮組みからそのままの状態です。

7

背骨と首のパーツを組み立ててリアクター部に挟み込みます。左右で挟み込むリアクター部は前後の向きに注意です。

8

9

11

続いて組み立てた胴体の背面に、動力パイプなどのパーツ類を組み合わせていきます。

ここでハメる動力パイプ部分(画像一番右パーツ)はポリエチレン素材なので弾力があります。なので、マルチプライマーを下地に吹いているとはいえ、塗装ハゲが気になるところです。挿し込み部分も少し硬いので、あまりグリグリひわらせながら差し込むと塗装ハゲもあり得るので、マイナスドライバーなどでピンポイントで抑えつつダボを差し込んでいくとパーツに負担なくはめ込めると思います。

12

組み合わせるとこんな感じ。各部にシルバーで色分けしているのでだいぶリアル感がありますね(*^^*)

13

ガンダムフレームおなじみの腹部シャフトを取り付けます。特に注意点もない?ので簡潔に。塗装している分挿し込みにくくなっているので破損にご注意を。

14

15

16

腕の付け根パーツを組み立てます。ポリキャップと肩部用のアタッチメントを挟み込むのを忘れずに。

17

18

後は各部のパーツ類を中心部に取り付けて胸部の完成です。(かなり簡単な解説の組立工程ですなぁ^_^;)

19

20

前後からのビューをどうぞ。

21

22

だいぶいい感じに仕上がりました♪

23

では頭部も組み立てておきます。頭部は数個のパーツの組み合わせなので簡単。まずは頭部のパーツ一覧です。頭部も1/100バルバトスと全く同じですし、パーツ数が少ないのでちょちょいと一瞬で完成させちゃいましょね~。

24

特に挟み込むものもなく、頭部をモナカにて組み合わせておきまする。ツインアイも仮面に差し込みタイプの簡単仕様。ツインアイはスターブライトシルバー+クリアーグリーンのラメっぽい塗装にしております。

25

ポリキャップさえも後からの差し込みタイプであっと言う間に完成。

26

27

以上です。かなり簡単にご紹介していきました。組立自体はそれほどわかりにくいところもなくスムーズに組み立てられるかと思いますです。

塗装に関しては動力パイプを塗り分けるなど細かくする分、完成した状態ではかなり見栄え良くなりますね~。素組みだとグレー単色なので味気ないですが、筆塗りでも細かいところに手を加えることでいい感じでリアルに仕上がるので、できれば時間をかけて細かく塗装してみてくださいね。

では次回は腕部の組み立てをご紹介します。腕部も簡単に素早くご紹介していきますね。そして早く完成させて次のキットを手がけるってことで。

次のキットは・・・・ん~、HGガンダムヴィダール、1/100ガンダムヴィダール、RE/100バウ、MGフルアーマーガンダムサンボル版、MGサイコザクVer.Ka・・・・・何にしよう?・・・・・山盛りですなぁ^_^;

その分楽しみが多いのでいいですが、ペースを早めてちゃっちゃと、そしてお手軽塗装で仕上げていきたいと思いまーす♪

では次回は1/100ルプスの腕部を組み立てていきますのでお楽しみに。良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天で1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスを探す
⇒駿河屋で1/100フルメカニクスガンダムバルバトスルプスを探す


コメントを残す