1/100ガンダムグシオンリベイクの改修ポイント

こんにちは!今回は、1/100ガンダムグシオンリベイクの改修ポイントをご紹介します!

DSC_0059

今回製作した1/100ガンダムグシオンリベイクの改修ポイントは4点。それぞれメタルパーツの取り付け、ショルダーアーマーと脚部へのスジボリ、シールド肉抜き穴のパテ埋め、アンテナのシャープ化です。

1/100とサイズが大きいガンプラなので、改修もしやすいかと思います。それでは早速改修ポイントについてそれぞれ解説していきたいと思います。

■メタルパーツの取り付け

メタルパーツを埋め込んだ箇所は全部で4箇所です。胸部、ショルダーアーマー、脚部膝部分、バックパックです。

使用したメタルパーツはこのサイトでお馴染みのイボルブワークス製1.7mmマイナスモールドです。

DSC_0008 (2)

ショルダーアーマーとバックパックは裏表共にメタルパーツを埋め込んでいます。ショルダーアーマーにはもともと凹んだモールドがありますが、モールドの近くに丸いメタルパーツを埋め込むのもバランスが悪いと思ったのでモールドの部分にそのままメタルパーツを埋め込みました。

埋め込みにはウェーブ HGワンタッチピンバイスセットを使用し、WAVE HGワンタッチピンバイス 専用ドリル刃 (単品) ドリル径 1.7mmのドリルで穴を開けています。メタルパーツの接着にはセメダイン3000ゼリー状を使いましたが、瞬間接着剤の種類は特になんでもいいかと思います。

DSC_0001

メタルパーツマイナスモールドの角度調整をするため、精密ドライバーを使用しています。メタルパーツマイナスの凹みにドライバーを合わせて回すと簡単に角度を調節することができます。

何度もピンバイスをねじって穴を大きくしてしまうとメタルパーツが裏側にすり抜けてしまうので、適度の大きさを心がけるといいかもです。

■ショルダーアーマーと脚部へのスジボリ

ショルダーアーマーと脚部の腿の部分にスジボリを施しました。ラインは自分の好みのデザインです。スジボリをすることで情報量が増し、リアル感あるものになります。

1

スジボリにはスジボリ堂のBMCタガネ 幅0.2mmとハイキューパーツのスジボリ用ガイドテープ 3mm (30m巻)を使用しています。

DSC_0001_3

タガネはお値段が少し高めですが、これがないとキレイにスジボリするのが難しいので、スジボリをするなら必需品です。ガイドテープも同様です。タガネは折れやすいので、できれば複数持っておきたいところです。

ガイドテープを適度にカットし、スジボリしたい箇所に貼り付けます。そしてテープのラインに沿ってタガネでスジを入れていきます。はじめは軽くなぞり、少しラインが入ったところを何度も力を入れずになぞっていきます。そうするとキレイなスジを掘ることができます。

DSC_0090

テープのラインを外れると後が残ってしまい、ヤスリでキレイに整えるという無駄な作業が発生するので、慎重にひとすじになるように少しずつ掘っていきましょう。また、どんなデザインにするか迷った時や、正確でキレイなスジを引くのが難しいという場合は、墨入れペンなどでお好みのラインを引き、そのラインに沿ってテープを貼ってスジボリするとラクにできると思います。

DSC_0091

画像のように書いては消して、お気に入りのデザインにしていきます。(何故かパーツが沢山(2体分)ある^_^;)

DSC_0092

スジボリ後、一度紙やすりでキレイに慣らし、スジを綿棒などでカスを取ってキレイなスジにします。

■シールド肉抜き穴のパテ埋め

リベイクのシールド裏には大きな肉抜き穴があり、これが結構目立ちます。なので、パテで肉抜き穴を埋め、キレイなディティールに仕上げてみました。

3

使用したのはタミヤ エポキシ造形パテ 速硬化タイプと塗料の混ぜ棒(クラフトツール 調色スティック 2本セット)です。混ぜ棒はパテの表面をキレイに慣らすために使用しましたので、特に調合スティックを使わなければいけないわけではありません。キレイに整形できるものならなんでもよいかと思います。

DSC_0001-(2)

パテはオレンジと白のパテを適量合わせて練りこんで使います。粘着力があるので、水につけながら整形すると手につかずキレイな表面に整形できるかと思います。なので、整形には調合スティックに水をつけながら形を整えました。ちなみにグシオンの足裏もパテで埋め込みました。

DSC_0054

パテの色はランナー色に近いものでしたが、そのままにせず一応塗料でランナー色に近い色合いを作って塗装しました。

■アンテナのシャープ化

最近のHGや1/100シリーズのガンプラはほとんどアンテナの先端が丸みを帯びていいて、怪我をしないようになっています。安心してガンプラを組み立てることができるいい配慮なのですが、ディティール面を考えると少し不満があるのも事実です。なので、よりよく見せるためにアンテナの先端をカットし、ヤスリでシャープにしました。

5

とくに難しいことはしておらず、ニッパーで余分な箇所をカットして紙やすりでキレイに整形しました。

以上です。グシオンリベイク改修の参考になればと思います。

細かいところを改修することでよりリアルになりますので、オリジナルの改修を施して、自分だけのガンダムグシオンリベイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

では今回はこの辺で。よいガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でタミヤのツールを探す


コメントを残す