icon

HG エルガイムの制作④ 塗装その1 パール塗装など

今回は、HG エルガイムの製作④をご紹介します!

パーツ洗浄をしたあと、ペーネロペーを制作するため長期に渡って放置していたHGエルガイムですが、久々ながら塗装して仕上げていきたいと思います。外装のホワイトはパール調にし、マーキングは貼らない予定。

まずは脚部内部のシリンダーシャフトを塗り分けます。いつものようにサフを吹き、艶ありブラックで下地塗装した後、シャフト部分をライトステンレスシルバー(ガイアカラー)で塗装します。

そして塗装したシャフト部分をマスキングし、関節パーツやケーブルの接続ピンをガンメタル70%+ダークステンレスシルバー30%(共にガイアカラー)で塗装。

マスキングを剥がすとこんな感じになりました。特別目立つ感じでもないですが、脚部に組み込むと違いが出てきそうですね。画像アップだとパーティングラインが気になりますねぇ・・・;

次に外装のホワイトを塗装していきます。まずは白い外装パーツにホワイトサフを吹いてヤスリ傷を消し、セミグロスホワイト(ガイアカラー)で塗装します。画像はセミグロスホワイトを吹いた後の状態。この上からパールシルバー(ガイアカラー)を吹き、外装をパール調にしていきます。

パールシルバーを吹くとこんな感じになりました。パール塗料を吹いたことで、表面の光の反射が虹色のようにツヤっぽくなり、少しクローム調のなめらかな雰囲気が出ています。ガンプラの成型色だとウェルドラインが目立つようなパールも、塗装すると全体がきれいに仕上がるのがいいですね。

白いパーツすべてを同じように塗装しておきました。ただのホワイトとは全く別物。

次に関節や内部などのパーツです。一見すると何もしていないようにも見えますが、サフを吹いた後、サンドブラウン60%(Mr.カラー)+ライトステンレスシルバー30%(ガイアカラー)+ウッドブラウン10%(Mr.カラー)で塗装しています。画像ではわかりにくいかもですが、シルバーを混ぜたことで光を当てたときに艶っぽくテカって見えるようになっています。

以上、簡単ですが今回はここまでです。外装はパール塗料を使うことで印象が違ってくるのがいいですね。上品なエルガイムになりそうなので楽しみです。デカールは貼らないので、後はスミ入れとコートして仕上げていきます。

⇒あみあみでHGエルガイムを探す
⇒DMM.comでHGエルガイムを探す
⇒楽天でHGエルガイムを探す
⇒駿河屋でHGエルガイムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGエルガイムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す