HG エルガイムの制作③ バスターランチャーのディテールアップなど

今回は、HG エルガイムの製作③をご紹介します!

前回までで各部の後ハメ加工や合わせ目消しは終わっていますが、バスターランチャーのモールド造形などがまだだったのでディテールアップしつつ、表面処理やパーツ洗浄などをして塗装に備えていきます。

まずは前回、記事の最後に合わせ目を接着して乾燥させていたバスターランチャー後部の合わせ目を消しておきます。消した後は砲身側と一旦組み合わせ、うまくハマるかどうか確認します。多少干渉しつつもハマるようなら後ハメ加工は成功。難しいようなら干渉する部分を切り落とすなどして調整します。

スリットモールドを削り落としておいたバスターランチャー後部は、エバーグリーンのプラ棒(0.5mm)を適当な長さにカットして接着。切り出したプラ棒を充てがい、流し込み接着剤で接着します。

バスターランチャー後部は特に何も造形されておらず、味気ない感じだったので、ハセガワのモデリングメッシュを切り出して貼り付けることにします。一旦プラ板を合うサイズに切り出し、それを型にしてモデリングメッシュをカット。

ハサミでも切り出せますが、専用のエッチングカッターを使ったほうが安心かと。あと、切り屑は怪我の原因にもなるので、そのまま放置せず、寄せ集めて捨てるなりしておきます。

切り出したモデリングメッシュを充てがうとこんな感じに。モデリングメッシュはこの段階では接着せず、メタルパーツなどが入っていたビニール小袋などに入れて保管しておきます。そして塗装後に接着する予定です。

これでバスターランチャーの処理は終わったので、後は各パーツをヤスリがけ、表面処理をしてパーツ洗浄に備えます。

バックパックのウイングにはパーティングラインがあるので、きっちりとヤスって消しておきます。その他にも外装にヒケがあったりするのでしっかりと処理をします。

塗装するパーツごとにパーツ洗浄をし、塗装に備えます。右上のパーツは塗装後に組み合わせ、合わせ目消しをする部分のパーツなどが含まれています。

以上、今回はここまでです。とりあえずパーツを乾燥させ、後日塗装をしていきます。

⇒あみあみでHGエルガイムを探す
⇒DMM.comでHGエルガイムを探す
⇒楽天でHGエルガイムを探す
⇒駿河屋でHGエルガイムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGエルガイムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す