RG フォースインパルスガンダムの制作① モールド再造形など

今回は、RG フォースインパルスガンダムの制作①をご紹介します!

RGサザビーの制作が終わり、対となるRGνガンダムを制作しようと思っていましたが、訳あって2体手元にあるRGフォースインパルスガンダムを先にサクッと塗装して済ませておきたいと思います。

制作手順はおそらくいつもどおりで新鮮味は少ないかもですが、内部の一部はメタリック系で塗装し、外装で気になった部分だけちょこっと修正しつつ仕上げていきたいと思いますので飽きずにお付き合いくださいませm(_ _)m

まずはキャノピーですが、アンダーゲートの跡があるので400番でヤスり、1000番でヤスって大味なキズを細かいキズにしておきます。

そしてMr.コンパウンドの『極細』を使ってキズを消します。付属している不織布(ふしょくふ)に少し垂らしてパーツを磨くときれいにキズが消えていきます。(コンパウンドはしっかりと振って混ぜてから不織布に垂らします。)RGはパーツが小さいので磨くのが難しいですが、磨けば磨くほど透明度が増していきます。

前腕パーツにはパーティングライン、ウイングパーツにはヒケを発見したので、それぞれヤスリがけして、表面処理をしておきます。ウイングパーツには段差モールドがあったりするので、その段差や角を消さないように注意しながらヤスっていきました。

フォースシルエット後部のスラスターパーツはパーティングラインに僅かなモールドが造形されていますが、パーティングラインやゲート跡を消すため、モールドも全てヤスって落としておきます。

そしてプラ棒(エバーグリーンのプラ棒0.5mm)をカットして接着し、モールドを再造形しておきました。このプラ棒だと少し太かったので、接着後に紙やすりでふちをヤスりつつ、サイズを修正しています。

フォースシルエット下翼のバーニア展開口パーツにもパーティングラインがあるので、パーティングラインと共にモールドもヤスって削り、プラ板でモールドを再造形しておきました。

後は各パーツをヤスリがけしてゲート跡を消し、塗装するパーツごとに分けつつパーツ洗浄をして塗装に備えます。

以上、今回はここまでです。RGはアンダーゲート仕様でゲート跡がほとんど出ないので、ヤスリがけもけっこう適当;パーツが小さい分、紛失には注意ですが、表面処理はラクでいいですね。完成度が高いので手を加える部分も少なくてスミマス(笑)

⇒楽天でRG フォースインパルスガンダムを探す
⇒駿河屋でRG フォースインパルスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでRG フォースインパルスガンダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す