icon
icon
icon
icon

RG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバーク 塗装済み完成品 レビュー

今回は、RG 1/144 ウイングガンダムゼロEW&ドライツバーク 塗装済み完成品 レビューをご紹介します!

RG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバークが完成しましたので、塗装済み完成品のレビューと塗装レシピをご紹介していきます。

今回製作したRG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバークは、手元にあったクリアカラー版ウイングゼロEWをスノーホワイトプレリュード風に塗装して仕上げてみました。また、月刊ガンダムベースの付録だったドライツバークも合わせて塗装しています。

制作に関しては若干プロポーションに違和感があったので腹部を延長したのと、マスクのへの字スリットが貫通しているので、そのあたりを修正しておきました。それ以外は特に手を加えておらず、ほぼ塗装のみで仕上げています。それではまず塗装後と塗装前の画像からどうぞ。

■塗装後(アフター)

■塗装前(ビフォー)

塗装前がクリアのガンダムカラーなので、塗装した後の変化が分かりやすいですね。もちろん元のクリアカラーはならではの良さがありますが、今回塗装したことで実体感が出ていますし、各部の形状も把握しやすくなっていると思います。

外装はスノーホワイトプレリュード風に白ベース(パール調)に塗装し、関節や内部のアドバンスド・MS・ジョイントなどはアイアン+ゴールドでチタン風に塗装。GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE(G.F.F.M.C.)の画像を参考にしつつ、できるだけ気品を感じるようなカラーリングにしてみました。

クリアカラーにはマーキングシールしか付属していないので、RGウイングゼロ&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]用の水転写デカールを別途入手して貼り付けています。成型色が異なるので部分的に好みで調整。オリジナリティは薄いですが、純正品なのでその分デザインの安定性は高いです。

アンテナなどのゴールド部分はスターブライトゴールド+スターブライトプラスで塗装し、黄色みの強いゴールドにしています。マスクはへの字スリットが開口していたので、パテで埋めて彫り直し。

胸部サーチアイやツインアイ、額のセンサーなどはホログラムフィニッシュシートを貼り、蛍光ブルーグリーンで塗装。角度を変えると虹色に輝きます。

プロポーションに違和感があったので、腹部にプラ板を貼って整形し、延長しておきました。サーチアイや額のセンサー、ツインアイなどは蛍光塗料で塗装しているので、ブラックライトで照らすと発光します。

マシンキャノンの砲口はアイアン色に塗装。

一部のモールドはエナメルのチタンゴールドで塗り分けています。

腕部も配色を意識しつつ、バランスが良くなるように塗装しました。ショルダーアーマー前面の丸モールドをアイアン色に塗装したのがワンポイント。

前腕のセンサーもホログラムフィニッシュシートを貼り付け、蛍光ブルーグリーンで塗装です。ブラックライトで照らすと発光。

脚部はふくらはぎのみ色味を変更しています。ソール部はスノーホワイトプレリュード風にブラウン系で塗装。調色が難しかったですが、少しずつ塗料を加えつつG.F.F.M.C.の色に近づけました。

外側の大翼は組んだ状態でそのまま塗装。白成型色はセミグロスホワイト+コールドホワイトで塗装した後、プレミアムガラスパールを吹いてパール調にしています。

内翼は合わせ目を消し、大翼やその他の白外装と同じくプレミアムガラスパールを吹いています。

アームは一部をアイアン色で塗装。少しメタリックが入ることでグッとメカらしさが強まります。

RG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバークの塗装レシピです。

■RG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバークの塗装レシピ
外装(ホワイト):(下地:ホワイトサフ)セミグロスホワイト50%+コールドホワイト50%(共にガイアカラー)の上からプレミアムガラスパールでコート
外装(ブラウン):(下地:サフ)ライトガルグレー57%+オキサイドレッド10%+橙黄色10%+スカーレット10%+ダークステンレスシルバー10%+ジャーマングレー3%(全てガイアカラー)
外装(グレー):(下地:サフ)ニュートラルグレーⅡ60%+ダークステンレスシルバー40%(共にガイアカラー)
外装(メタリックグレー):(下地:サフ)フレームメタリック1 50%+ジャーマングレー40%+フラットホワイト10%(すべてガイアカラー)
外装(ゴールド):(下地:サフ、艶ありブラック)スターブライトゴールド50%+スターブライトプラス50%(共にガイアカラー)
関節・内部(アイアン):(下地:サフ、艶ありブラック)フレームメタリック1 70%+スターブライトゴールド30%(共にガイアカラー)
武装類(ダークブラウン):(下地:サフ)ジャーマングレー40%+フレームメタリック1 40%+フライトホワイト10%+オキサイドレッド10%(全てガイアカラー)
武装類(グレー):(下地:サフ)ジャーマングレー40%+フレームメタリック1 40%+コールドホワイト20%(全てガイアカラー)
センサー部分の下地(下地:艶ありブラック)スターブライトシルバー(ガイアカラー)
センサー部分の発光蛍光ブルーグリーン(ガイアカラー)
スミ入れ、細部の塗装などMr.ウェザリングカラー(マルチブラック)、フラットレッド、フラットブルー、フラットブラウン、フラットブラック、チタンシルバー、チタンゴールドなど(タミヤエナメル)
コーティング:Ex–09セミグロスクリアープレミアム
※アイアン部分の希釈にはメタリックマスターを使用しています。
※アドバンスド・MS・ジョイントは塗料の食いつきを良くするため、最初にマルチプライマーを吹いています。

その他の制作内容についてはRG ウイングガンダムゼロEW&ドライツバーク各制作工程をご参考くださいm(_ _)m

続いて武装類です。バスターライフルは内部パーツをグレー、外装をダークブラウンで色分けしています。センサー周りもアイアン色でメカニカルさを強調。

動力パイプはチタンシルバーで塗り分けました。センサーはホログラムフィニッシュシートを貼り、蛍光ブルーグリーンで塗装したのでブラックライトで照らすと発光します。

2本を連結してツインバスターライフルに。

メッサーツバークもバスターライフルと同様、ダークブラウンとグレーで塗り分けています。一部モールドはチタンシルバーで塗り分け。

砲身の裏面モールドもチタンシルバーで塗り分けています。基部は合わせ目を処理。

メッサーツバーク3基と基部パーツを組み合わせてドライツバークに。重厚感ある武装に変化します。

ヒイロ・ユイフィギュアはジャケット姿での再現。かなり小さいですが、ハズキルーペを使うことで格段に筆塗りしやすくなりました。このサイズでもほぼはみ出すことなく塗り分けできます。

固定式のハンドパーツがあるので、バスターライフルはしっかりと保持させることができます。後部が長いので、前腕と干渉して肘の曲げる角度が制限されるのが玉に瑕。片手でも腕が垂れることなく保持できています。

マシンキャノンを展開。

2本を連結させてツインバスターライフルに。はじめは保持してくれましたが、徐々に垂れやすくなってきます。塗装してもアドバンスド・MS・ジョイントの強度を保つのは難しいところがありますね;

ラストシューティングポーズを再現。お決まりのポーズもかっこよく決まります。

メッサーツバークを装備して。こちらは軽装なので片手で余裕で保持できます。

RGウイングゼロEWのギミックである大気圏突入モードを再現。ウイングがフレキシブルに可動するので、ウイングゼロを包み込むようなスタイルもラクに再現できます。この形態もなかなかいいですが、ネオ・バード形態もあるともっと良かったですね。

メッサーツバークを3本連結させてドライツバークに。重厚感ある射撃ポーズでかなり様になっています。流石に重量があるため、射撃ポーズはスタンドを使用しないと腕が垂れてしまいます。

スノーホワイトプレリュード風に塗装したことで、ドライツバークと相まって外伝っぽい雰囲気に。

こちらでもラストシューティングシーンを再現。

ビームサーベル刃は蛍光ブルーグリーンにパールシルバーを混ぜて塗装しています。蛍光塗料が混ざっているのでブラックライトで照らすと発光します。

ビームサーベルもダボ固定なのでしっかりとした保持が可能です。羽根つきの機体はどんなポーズでも様になりやすいのがいいですね。塗装しても手甲パーツなどポロリしやすい箇所がいくつかあるので、グリグリ遊ぶ場合は少し注意が必要そうです。

適当に何枚かどうぞ。

それでは今回もPC版・スマホ版壁紙をご用意しましたので、もし気に入ったものがあればダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法:(①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存

■壁紙(PC版)

1920×1200サイズ

1920×1080サイズ
1600×1200サイズ

■壁紙(スマホ版)

750×1334サイズ 640×1138サイズ

 

以上です。今回はG.F.F.M.C.を見習ってスノーホワイトプレリュード風に塗装してみましたが、既存のキットを自分好みに塗装することでオリジナリティが出ますし、思い入れもより強いものになるのでいいですね。ウイングゼロEW自体演出力が高いキットですが、白いカラーリングにしたことで通常版とは違った雰囲気も表現できたかなと思います。

外装のパール塗装は画像ではあまり目立たないかもですが、実物はきらびやかな感じがありますし、センサーに蛍光塗料を使ったことで発光演出も楽しめるようになりました。RGは小さいのでパーツ紛失には注意ですが、マスキング塗装などはあまり必要ないので、思い立ったときにでもサクッとオリジナル塗装を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

⇒あみあみでRG ウイングガンダムゼロEW、ドライツバークを探す
⇒DMM.comでRG ウイングガンダムゼロEW、ドライツバークを探す
⇒駿河屋でRG ウイングガンダムゼロEW、ドライツバークを探す
⇒楽天でRG ウイングガンダムゼロEW、ドライツバークを探す
⇒ヤフーショッピングでRG ウイングガンダムゼロEW、ドライツバークを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. vestige

    on 2022年3月29日 at 20:09 - 返信

    完成レビュー待ってました!
    レビューを見ていると自分も制作意欲がわくので楽しく読ませてもらってます!
    (今日MGブリッツゲットしたので僕も頑張ろ)

  2. 名無し

    on 2022年3月30日 at 10:12 - 返信

    色味が渋いというよりにぶい
    淡い感じダークな感じを表現するのにも何かワンポイントでメリハリのある色を挿せばよかったと感じました

コメントを残す