MG プロヴィデンスガンダムの製作⑫ ホログラムシート貼り付け、スラスター・台座塗装など

今回は、MG プロヴィデンスガンダムの製作⑫ ホログラムシート貼り付け、スラスター・台座塗装などをご紹介します!

MGプロヴィデンスガンダムの製作も今回がラストです。後は細かいホログラムシートや、スタスターなどの装飾系を施しつつ、キットを仕上げていくだけとなります。これらは割りと外見の良し悪しを左右する部分ですし、プロヴィデンスガンダムをワンランク上のキットに仕上げてくれるので、完成するまできっちりと仕上げていきたいですね。ってことで、ラストの仕上げ工程をどうぞ~。

まずは改修してキリッとした表情になった頭部ツインアイに、ハセガワのホログラムフィニッシュシートを貼り付けます。ツインアイを削って薄めにしたことで、それに合わせてシートも細くカットするようになります。

デザインナイフなどでカットし、精密なピンセットを使って剥がしたり貼り付けたりをこまめに行いますが、これくらいの小ささだと台紙から剥がせたかどうかも確認しにくいです。

ホログラムフィニッシュシート自体もかなり薄くて裏表がほとんど分からないので、キレイに貼れるまで何度もチャレンジして、無くしたり貼れなかったりすることを前提で作業を行うといいでしょうね。(っていうか、今になって思いますけど、前もって台紙から剥がしてカットしたほうがラクかもですね。)

とさかのセンサーのところもホログラムフィニッシュシートをカットして貼り付けておきます。こちらは少し大きめなので作業がラクです。センサーの部分はイエローに塗装したクリアーパーツもあるので、どちらかお好みの方をチョイスしてもいいかもですね。

バイザーなどを取り付けたら、ハイキューパーツのガンマズルレギュラーS1.5mmを頬に接着しておきます。頭部改修ページではS1.7mmのガンマズルを仮組みしていますが、それほど大きな差はないのでお好みでチョイスしてくださいましm(_ _)m (今回はS1.7mmをドラグーンに使ったため在庫がなくなりました。なので仕方なくS1.5mmを使用しました^_^;)

後はアンテナを取り付けたらプロヴィデンスガンダムの頭部の完成です。アップ画像なのでちょっとわかりにくいかもですが、プロヴィデンスガンダムの頭部は胴体に比べてかなり小さいです。15頭身ぐらいあるので、8頭身くらいのザクと比べるとかなり全体がシャープで引き締まった印象になっています。

続いてバックパックの内側にあるセンサーにもホログラムフィニッシュシートを貼り付けておきます。バックパックのセンサーは小さい丸型なので、パンチコンパスなどでカットするのはかなり難しいです。なので、タミヤのモデラーズポンチを使ってくり抜きます。(大きさはおそらく2mmだったような^_^; )

モデラーズポンチは2mmと3mmの開口用ビットが付属していますが、別売りで1.5mmや2.5mm、3.5mmのビットもあるので、サイズに応じてくり抜くことができます。

カッティングマットの上にホログラムフィニッシュシートを敷き、モデラーズポンチでグサッと貫きます。少し力が必要なので、キレイにくり抜けるように何度か試してみるもいいですね。

カットしたホログラムフィニッシュシートはバックパック内側の4箇所に貼り付けておきました。下部2箇所はセンサーでは無いのかもしれませんが、この方がカッコイイので結果オーライです。

次にバックパック上部の台形っぽいモールドやセンサー下にある三角形の部分(赤◯)にハセガワのミラーフィニッシュシートを貼り付けておきます。これは特にあっても無くてもいいですし、他の箇所のようにマスキングで塗り分けてもいいと思うのでお好みでどうぞ。

大型ビームサーベルは根元をグラデーション塗装し、台座の付け根や底板はフラットホワイトで塗装後、つや消しでコートしておきました。

支柱のマスキングを剥がし、底板に取り付けた状態。正直この塗り分けは失敗したと思います_| ̄|◯どうも簡素過ぎて物足りず、変に安っぽくなってしまいました。なので、どうせ塗装するなら全部黒にしたほうがまだ良かったと少し後悔^_^;

以前MGフルアーマー・ガンダムVer.Ka(サンダーボルト版)で台座におうちdeデカールを貼り付けましたが、今回もそれをしようとしてやめたので中途半端な状態になってしまいました。中途半端はこういった悲劇を生むという良い教訓になりましたね。(大げさ・・・^_^;)⇒MGフルアーマーガンダムVer.Ka 台座へのデカール貼り付け(おうちdeデカールの使い方)

続いてハイキューパーツのスラスター(STDスラスターショート8.0mmと10.0mm、4.0mm)を塗装しておきます。

このハイキューパーツのスラスターは内外でパーツが分かれています。それぞれ組み合わせて使うことも出来ますし、別々に使用しても良いと言うわけですね。今回はもちろん両方とも使っていきます。

一度に2体分製作しているので、画像ではタコ足みたいになっちゃってますが、1体分だとそこまで多くはないです。小さいスラスターは割り箸にガムテープを巻き、スラスター(外側)を貼り付けて塗装します。

メタルパーツは塗料の食いつきが悪いので、はじめにマルチプライマーを吹いてから塗装しました。

両側ともマルチプライマー吹きかけ後、外側はスターブライトアイアン、内側はスターブライトシルバーを吹いてからクリアーブルーで表面を塗装しています。内外を組み合わせると画像の上のような状態になります。

塗装したバーニアをパーツに接着してバックパックに組み込みます。

ブルーのバーニアもなかなかオシャレでいい感じになります。バックパックに装着すると、今にもスラスターを噴射するかのようなディテールになるのがいいですね。まさにプロヴィデンスガンダムのダークな印象に華を添える感じになっています♪

以上、これでMGプロヴィデンスガンダムの製作は終了です。と~ってもお疲れ様でした~(^O^;) あとは説明書に沿って組み立てていくだけです。今回はガッツリ改修してがっつり塗装したので、素組みに比べてだいぶ完成品に変化が出ているのではないでしょうか。

では最後に、プレミアムエディション用の台座が残っていますので、これを塗装しておきたいと思います。

もともと赤い成型色のザフトロゴ入り台座ですが、赤そのままだとちょっと味気ないですし、ザフトロゴカラーにすると派手すぎてキットよりも目立つ場合があるので、今回はブラックとゴールドの2色でシックに仕上げてみました。

まずはエヴォブラックで全体を塗装しておきます。エヴォブラックを吹くことでちょうどザフトロゴの開いたところがブラックになり、ゴールドの下地効果にもなります。さらにヤスリ後を隠したり塗料の食いつきを良くしたりと一石四鳥くらいの効果があるわけですね。(ついでに手間いらずです(^o^))

ロゴの隙間をマスキングして隠します。かなり曲線部分が多いので、思ったよりもマスキングに手間がかかりました。こまめに切り出して、曲線に合わせて貼り付けていきます。端や重なった部分は爪楊枝などでなぞり、隙間をなくすようにマスキングしていきます。

マスキングしたら、全体をスターブライトプラス50%+スターブライトゴールド50%(ガイアカラー)で塗装します。

乾いたら、マスキングを剥がし、塗り分けた境目をコピックモデラーなどでなぞってラインをキレイに整えていきます。これで完成。塗り分けてザフトロゴを浮かび上がらせることができました。塗装ハゲなどが気になる場合は、半ツヤのコートなどをしておくといいでしょうね。

さてっ、長かったMGプロヴィデンスガンダムの製作もついに終わりを迎えました。全12記事分というなかなかの大作でしたがお楽しみいただけましたでしょうか。名残惜しい気もしますが、あとは次回ご紹介する、総仕上げの写真レビューをどうぞお楽しみくださいませ!(次の制作物は、本来このサイトでご紹介するつもりのなかった2機をサクサクっとご紹介していきたいと思いますっ!)

ではよいガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMGプロヴィデンスガンダムを探す
⇒駿河屋でMGプロヴィデンスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでMGプロヴィデンスガンダムを探す

コメントを残す