MG プロヴィデンスガンダムの塗装レシピと写真レビュー

今回は、MG プロヴィデンスガンダムの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

MG プロヴィデンスガンダムが完成しましたので、塗装レシピと塗装後の写真レビューをご紹介していきます。今回製作したMG プロヴィデンスガンダムは、全体的なプロポーションやディテールは素組み状態でも申し分ないので、ゴム素材で出来ている胸部動力パイプをスプリングに変更し、全体にメタルパーツを埋め込むなど、細かなところに注力しつつ仕上げてみました。

元々良くできたキットなので、可動部や造形もほぼそのままでも十分な完成度になっています。ですが通常のMGなだけに、バックパックや各部ダクトなどは細かくパーツ分けされておらず、素組みでは物足りなさも感じさせます。なので、そのあたりもマスキング塗装で塗り分けつつ、メカニカルな印象が引き立つようにしています。それではまず塗装・改修後の画像からどうぞ。

■改修・塗装後(アフター)

■改修・塗装前(ビフォー)

頭部はそのままでも十分な出来でしたが、少し悪そうな印象を強めるために、ツインアイのクマドリ部分を削ってシャープ化し、目つきの鋭さを出してみました。目や額センサーにはホログラムフィニッシュを使い、角度によって七色に輝くようなディテールにしています。

ドラグーンの砲口や各部モールド類にガンマズルやツインパイプ、マイナスモールドなどを埋め込んでディテールアップをし、その他、バックパック背面にはミラーフィニッシュシートやホログラムフィニッシュシートなどを貼り付けてセンサーやミラーっぽく仕上げています。

また、スペシャルエティションとしてザフトロゴの台座が付属しているので、派手なザフトカラーではなく、ダークなプロヴィデンスガンダムに合うようブラックとゴールドで塗り分けてみました。

製作においてはまだまだ甘い箇所もありますけど、それなりには仕上がっていると思いますのでご覧いただければと思います。

なお、今回の写真レビューでは、製作時に撮影したものとは違うプレミアム・エディション版を使用して撮影しています。なので、製作時よりもわずかに改修箇所の形状が異なりますがどうぞご了承下さいませ。

また、胸部を動力パイプに変更したことで、肩部の伸縮可動ギミックが固定された状態になり、可動域が制限されています。なので、ご参考くださる場合は、その点に注意して改修を行っていただきますよう宜しくお願い致しますm(_ _)m

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます。

それではMG プロヴィデンスガンダムの塗装レシピです。

■MG プロヴィデンスガンダムの塗装レシピ

外装白部分:フラットホワイト95%+青15号5%+ローズブライトレッド少々(ガイアカラー)
○紺色部分:青15号75%+パープルヴァイオレット少々+ジャーマングレー25%(ガイアカラー)
赤色部分:モンザレッド90%+ジャーマングレー10%(ガイアカラー)
黄色部分:イエロー65%+橙黄色30%+グレー5%(Mr.カラー)
ダークブラウン部分(膝や足裏、バイザー、胸部など):ジャーマングレー80%+スターブライトシルバー10%+ローズブライトレッド10%(ガイアカラー)
アイアン部分1(各部内装やダクト類の塗り分けなど):スターブライトアイアン100%(ガイアカラー)
アイアン部分2(脹脛、腿内装):ガンメタル100%(ガイアカラー)
シルバー部分(膝裏など):スターブライトシルバー100%(ガイアカラー)
ゴールド部分(関節など):スターブライトゴールド50%+ブライトゴールド50%(ガイアカラー)
ダークグレー部分(バックパック裏面や手首周り):ジャーマングレー100%(ガイアカラー)
バックパック裏センサー部分:ネイビーブルー+ダークグリーン+ジャーマングレー(ガイアカラー)
ビームライフル本体:ネイビーブルー+ジャーマングレー(ガイアカラー)
その他:ブライトゴールド、クリアーブルー、ウッドブラウン、(ガイアカラー)
○細かい筆塗り箇所ジャーマングレイ、フラットブラウン、フラットブラック、フラットブルー(タミヤエナメル)など
○スミ入れコピックモデラーブラック、タミヤスミ入れ塗料
○コーティング:Ex-04フラットクリアー(膝や胸部、バイザーなどのダークブラウンパーツ)スーパークリアーつや消し(その他の外装パーツ類)(Mr.カラー)※瓶

塗装に関しては、Ver.Kaなどのほぼ完璧と言えるパーツ分けがされたキットではないので、各部をマスキングによって塗り分ける必要があります。特にバックパックは表裏が全く別パーツ化されていないので、マスキングがなかなか大変な作業になります。 ですがその分、きっちりと塗り分けるとメカニカルで豪華なディテールに仕上がります。

外装を素組みより少し明るめに塗装していますが、その中でもダークな印象は消さないように、白い外装部分には若干のパープルを、赤い部分には少しだけグレーを混ぜて、全体的に僅かながら深めの色合いにしています。

胸部エアインテーク周りや膝関節部、バイザー、武器の一部といったダークブラウン部分は、通常のダークブラウンにシルバーを混ぜ、少し金属感を出しています。そしてその金属感を消さないよう、つや消しコートではこれらのパーツ類は、比較的つや消し度合いが弱く半ツヤ仕上がりになるEx-04フラットクリアーを吹いて粒子感が消えないようにしておきました。

それではMG プロヴィデンスガンダムの塗装済み完成品画像を幾つかどうぞ。

以上、MGプロヴィデンスガンダムの画像レビューをご覧いただきました。

プロヴィデンスガンダムと言えばやはり、セリフの飛び交うフリーダムとのラストバトル。オプションセットのドラグーンディスプレイエフェクトを使うことで、ドラグーンが生きているかのような激しいアクションポーズが再現できます。フリーダムガンダムと戦ったときのような迫力のある無双シーンを再現することができるのがいいですね♪

では最後に、恒例のPC,スマホ用壁紙をご用意しましたので、気に入っていただければ壁紙をダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法は、 ①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存 です。

■壁紙見本(PC版)

1920_1200

1920_1080

1600_1200

■壁紙見本(スマホ版)

750_1334

  

640_1138

  

お好みでパソコン・スマホの壁紙に設定していただければと思います。

それにしても、ホントにキットのディテールや出来の良さには脱帽です。さすがバンダイさん。可動域も広いですし、ちょっとしたポージングだけでも十分な絵を撮影することが出来ました。MGフリーダムガンダムVer.2.0も同じフレーム構造なので、このMGプロヴィデンスガンダムと組み合わせてラストバトルのシーンを再現してもいいですね。(ミーティアがないっか・・・^_^;)

それでは良いガンプラライフを。ではでは~♪

⇒楽天でMGプロヴィデンスガンダムを探す
⇒駿河屋でMGプロヴィデンスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでMGプロヴィデンスガンダムを探す

2 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年11月5日 at 12:00 - 返信

    nori様

    プロヴィデンスガンダム完成、おめでとうございます。
    完成品までのUPお疲れ様でした。
    ラスボスらしく圧倒的な存在感、威圧感カッコイイです。
    後ろ姿が萌えます(*^^*)
    素組の写真と比べると命が吹き込まれた感じです。
    手間を惜しまず丁寧に作られ素晴らしい作品ですね!
    良い作品を見せて頂きありがとうございました。

    • nori

      on 2017年11月6日 at 05:16 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ねぎらいの言葉ありがとうございます^_^
      おっしゃる通り、各部を塗り分けたりすることで、素組みと比べてプロヴィデンスガンダムが生き生きとした感じに見えますね(親バカ的ですm(_ _;)m)
      手間をかけて造ったかいがあるというものです。
      ですがこれも閲覧者さまのおかげでもあるので、いつもいただいているありがたいお言葉には本当に感謝ですm(_ _)m
      こちらこそ、いつもご覧いただきありがとうございます!
      それにしても、MGプロヴィデンスガンダムは前より後ろ姿の方がまとまっていてキレイに見えますよね~♪

コメントを残す