MG ジム・スナイパーカスタムの製作⑥ 汚し その2 ドライブラシ、チッピングなど

今回は、MG ジム・スナイパーカスタムの製作⑥をご紹介します!

前回、キットにキズを付けつつ、ウォッシングを済ませたので、今回はドライブラシやチッピングをして細かい汚れを加えていきたいと思います。汚しも今回で終了なので、ラストには汚し前と汚し後の比較画像もご紹介していきます。

まずは武器類にドライブラシをしていきます。ドライブラシとは乾いた筆に塗料を付け、ティッシュなどでしっかりと拭き取って乾燥させたあと、ポンポンと塗料粒子を加えつつ金属感や汚れ感を出していく手法になります。

使用する塗料はラッカー系のMr.カラーガンクローム。シルバー系塗料ならどれでも大きな変化は出なさそうですが、これが身近にあったので使うことにしました。それと使い古した毛先がボロボロの筆を用意します。ドライブラシ専用の筆も販売されているので、そちらを使ってもいいですね。

なお、今回は汚し前に一度組み上げてしまっているのでラッカー系でドライブラシをしていますが、組み上げる前のパーツがバラバラな状態だと、ウォッシングしたあとに一旦つや消しコートしてからエナメル系シルバーでドライブラシをするという方法もありますし、やり方は様々です。

ガンクロームを筆に付け、ティッシュなどで水気を切ります。(実際は水気ではなく溶剤気ですね;)そしてカサカサになって手で触っても塗料がほとんどつかない状態にしてから、ポンポンとパーツの角などに押し付けていきます。ラッカー系だと失敗したら拭き取れないので、その点だけ注意です。角から少しずつ色をのせていくといいですね。ちょっとわかりにくいかもですが、色をのせると画像右のような金属感が出てきます。

武器類それぞれにドライブラシをしておきました。ドライブラシをしたことで多少重機感や金属感が出たと思います。

続いてジム・スナイパーカスタム本体の外装パーツにもドライブラシを施し、劣化や擦れなどによる塗装剥がれなどを演出していきます。宇宙では酸素がないため、サビ感は必要ないので、茶系でのドライブラシやチッピングはしませんでした。

ハンドパーツは武器類を保持することで擦れが激しくなる部分だと思うので、よりはっきりと表現されるよう多めにドライブラシをしておきました。その他肘や膝などの関節部も少し多めにドライブラシをしています。

関節のシャフトやシリンダーはそのままだとキラキラで使用感が全く無いので、エナメルのオイルを筆塗りしてオイル汚れを再現しています。

バーニアやバーニアマウント部もキラキラ感がそのままなので、Mr.ウェザリングカラー(マルチブラック)で汚しておきます。

そしてバーニアはエナメルの煤(すす)を溶剤で薄めてエアブラシで吹き、使用感を表現しておきました。

最後にチッピングです。エナメルのジャーマングレイを、穂先の小さい筆でちょこちょこと加えて擦れ感を出していきます。画像左がチッピング前で画像右がチッピング後になります。これをすることでグッと汚れの質感が変わってきますが、汚し方によっては不自然さも出やすいので注意しながら施していきます。今回はウォッシング後にコートしていないので、こちらも失敗できませんでした;(今回の方法の場合、水性塗料でチッピングをすれば修正は可能です。)

チッピングも手法は様々で、下地をグレーで塗装して、表面塗装を擦って剥がして擦れ感を出す方法などもあります。

以上、これで汚しは終了です。では最後に汚し前と汚し後の比較画像をどうぞ。(画像をクリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。)

個人的な感想としては、特別良くもなく、それほど悪くもなくと言った感じかなぁと。こんな感じの汚れ方をするときもあるでしょうし、不自然と言われればそんなところもあるのかなと思います。

一年戦争の最終局面を考えると、デブリ干渉や被弾によるキズは多く発生すると思いますし、戦場の機数も多いため燃料ガス汚れもより激しく発生すると思うので、汚れ度は高いのではないでしょうか。そう考えると、コレくらいのキズや汚れはまずまず自然にできるかなと。

汚しテクニックで言えば、ウォッシングに関しては特に仕上がりに不満はないですが、ドライブラシやチッピングなんかはもう少し汚れ方を観察して、細かい筆で書き込んだりすることも必要だと思うので、その点は次回の汚しキットでより良くなるようにしていきたいと思います。

ではラスト(次回?)は汚し後のキットをレビューしてMGジム・スナイパーカスタムは終了です。最後までご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMGジム・スナイパー カスタムを探す
⇒駿河屋でMGジム・スナイパー カスタムを探す
⇒ヤフーショッピングでMGジム・スナイパー カスタムを探す

コメントを残す