HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑩ 細部の塗装、スミ入れなど2

今回は、HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑩をご紹介します!

前回に引き続き細部の塗装やスミ入れをしていきます。なかなかやることが多いので、内容的には前回と対して代わり映えしないかも。ですが、細かい部分にちょこちょこと手を加えつつ進めていきたいと思います。

メタリックグレーやダークグレーに塗装した各部パーツ、ビームライフルにもMr.ウェザリングカラーマルチブラックでスミ入れをしておきます。イエローに塗装したパーツはタミヤエナメルのフラットブラウンを溶剤で薄めてスミ入れ。黒いパーツはあまりスミ入れしても目立ちませんが、なかったらのっぺりとした感じなままなので面倒くさくてもスミ入れしておきます。

前回も強化型シールドブースターのところでご紹介していますが、白いパーツ類はタミヤのスミ入れ塗料(グレイ)でスミ入れしています。

リアアーマーのスラスター周りはエナメルのジャーマングレイ50%+フラットブラック50%程度に混ぜ合わせて筆塗りしています。

ダークブルーに塗装したパーツは前回スミ入れをしていますが、イエローに塗装したスラスター内部や頭部左右のダクト内部をフラットブラックできれいに塗り分けておきます。スラスターのふちはスミ入れしたことでうまくごまかせてますね。

シールド裏や強化型シールドブースターの拡散ビーム砲部分を細かくマスキングします。画像左のシールド裏はイエローに塗装した部分もきっちりとマスキング。強化型シールドブースターの砲口部分は段差になっているので、マスキングテープを角型に細かくカットし、形状に合わせて少しずつ貼り付けて隙間がないようにしています。手間ですがそういった細かい処理が仕上がりに影響してきます。(多々妥協している自分が言うことでもないけど・・・;)

シールド裏はあまりもの塗料を混ぜ合わせたメタリックグレーで塗装。強化型シールドブースターの拡散ビーム砲口はニュートラルグレーⅢ(ガイアカラー)で塗装しています。塗装する直前に今一度爪楊枝などで境目をなぞり、隙間がなくなるようにしてから塗料を吹いていきます。

マスキングを剥がすとこんな感じに。汚く見える箇所はスミ入れなどでごまかして・・・・・。

忘れていましたが、ダークブルーに塗装したシールド裏も同じように塗り分けておきました。見本では赤◯の部分もイエローに塗り分けられているようなので、こちらも後でマスキング塗装しておきます。

指先や各部のセンサーモールドはエナメルのフラットレッドと極細の面相筆で塗り分けておきます。

その他シールドの丸モールドもエナメルのフラットレッドで塗り分け。強化型シールドブースターの拡散ビーム砲口は前回のように水性カラーアクリジョンのあずき色で筆塗りしておきます。

そして白い部分はタミヤのスミ入れ塗料(グレイ)でスミ入れし、拡散ビーム砲口はMr.ウェザリングカラーマルチブラックでスミ入れしておきました。

以上、今回はここまでです。こういった細かい処理も多いですが、塗装することで素組みとはだいぶ違った感じになると思うので仕上がりが楽しみです。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す