HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑤ 脚部の改修など

今回は、HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作⑤をご紹介します!

手を加える箇所の多いアドバンスド・ヘイズルですが、今回は主に脚部を弄っていきます。ボールジョイントタイプの大腿部は簡単な合わせ目消しを施し、肉厚な膝から下の部分は作りもいいのであまり手を加えない予定。ソールはちょいちょい施しが必要なので、その辺りを処理していきたいと思います。

膝は1個パーツ構成で作りが簡素なので、スプリングなどを使って動力パイプを別パーツ化していきます。

パーツの動力パイプ型モールドをニッパーで切り落とし、動力パイプの口を1.0mmピンバイスで開口。動力パイプにはハイキューパーツの精密スプリング1.9mmとウェーブのALライン1.0mmを使用します。スプリングはペンチで1cm程度にカット、ALラインは1.5mm程度に切り出して折り曲げ、コの字型にしておきます。

組み合わせるとこんな感じに。太いスプリングを使うと干渉して膝が曲がらなくなるので注意です。スプリングがパーツに埋まるよう、パーツに溝を掘り、裾も削っておいたほうがいいですね。もう少し見栄えが良くなるよう、パイプの口に筒型プラ棒を使ってカバーを作るかも。(MGヘイズル改っぽく。)

作った動力パイプパーツは塗装後に接着するため保管しておきます。

前回合わせ目を接着しておいた前腕パーツはヤスって合わせ目を消しておきます。パテ埋めした首パーツ、ビームライフルのマガジンはヤスリがけして形状を整えておきます。パテ埋めで凹みができた場合は、フィニッシャーズのラッカーパテなどを使えば簡単に埋めることができます。ラッカーパテは長期保管でカチカチになった場合、ラッカー溶剤を数滴垂らしておけば柔らかく戻ります。

マガジンは表面と同様のモールドを裏面にもスジボリしておきました。あってもなくてもいいですが一応;

アンクルアーマーは内側にガッツリ肉抜き穴があるので、こちらもタミヤのエポパテで埋めておきました。足首の内部パーツも合わせ目を接着。後日処理していきます。

以上、大して進んでいませんが、今回はここまでです。合わせ目消しやパテ埋めした部分をヤスリがけなど、整形しているだけであっという間に時間が過ぎていきますね。ヤスリがけは地味な作業で面倒なところもありますが、表面がきれいになっていくのは何気に気分が良かったり・・・。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す