HG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の制作⑧ 仕上げ、メタルパーツ埋め込み、ドライブラシなど

今回は、HG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の制作⑧をご紹介します!

HGのシャア専用ザクⅡ制作も終盤に差し掛かってきました。今回は仕上げとして、デカール貼りやつや消しコート、そして各部メタルパーツを埋め込みつつ、組み立ててキットを完成させていきたいと思います。武器類には簡単にドライブラシを施し、最後には完成画像もアップしていますのでお楽しみに。

まずはデカールを貼っていきます。デカールはガンダムデカール『HG機動戦士ガンダムTHE ORIGIN汎用①』のシャア専用ザクⅡ用のものを使用。ただこれだけだと大きめのマーキングしか無いので、その下のシャア専用ザクⅠのものやRB01、RB02のコーションデカール(ホワイト)も使用しました。

あまり多いのもハデハデしくなって嫌なので、全体的に少なめに貼っています。参考にしたのはGUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEのシャア専用ザクII 。武装類にはRB01RB02のコーションデカールを使いました。

改修時に用意しておいたGEMドーム(オーロラ)各サイズは、裏面にハセガワのミラーフィニッシュを貼って発色が良くなるようにしておきます。

そしてGEMドームをクリアーピンクで塗装。塗装し忘れたザク・バズーカ用のセンサーパーツは、マルチプライマーを吹いた後にスターブライトシルバーで塗装しておきました。

デカールを貼ったパーツを含め、塗装した各外装パーツはMrカラーGX スーパースムースクリアー つや消し(1:つや消し、3:溶剤で希釈)を吹いてコートします。武装類はスーパースムースクリアー50%+Mr.カラー クリアー50%(1:クリアー、3:溶剤で希釈)を吹いてコート。

開口しておいた各部には、塗装済みのツインパイプやマイナスモールドを埋め込んで接着します。マイナスモールドは精密ドライバーで回して埋め込むと接着剤がなくても埋め込めたりします。ただ、ずれたりして外装パーツにキズをつけないよう注意が必要です。(画像は用意していないですが、足裏のツインパイプは組立時に埋め込みました。)

モノアイにもメタルパーツ接着し、バーニアはパーツを組み合わせておきます。

武装類はエナメルのチタンシルバーでドライブラシ。ちょっとイメージとは違ったのと、やりすぎたかな?とも思いましたが、これでもそんなに悪くはないですね。ヒート・ホークやマガジンなどもすべてドライブラシをかけておきました。

ここまで終わったら、説明書の記載順に組み立てていきます。(画像では一通りパーツを撮影したつもりでしたが、アイアン色で塗装した内部パーツを一緒に撮影するのを忘れました;)サフを吹いてダボが太っている場合があるので、組立時はグリスを塗りつつ、組み合わせやすいようにして組み立てます。

クリアーピンクで塗装したGEMドーム(オーロラ)は、ミラーフィニッシュをカットします。

そしてSPプレートやセンサー部分に埋め込んで接着しておきました。

後は各部を破損しないように組み立てて完成になります。動力パイプ部分はパイプが抜け落ちないよう慎重に接着し、肘や脚部などの後ハメ箇所も慎重に接着して完成させます。

そして完成したHGシャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の画像はこちら。

外装が成型色と同じような色になっているので、一見すると素組みとあまり変わらないかも。ですがドット迷彩や細部のモールド、動力パイプの形状などに少し変化が出ている感じですね。

以上です。NHKの機動戦士ガンダムTHE ORIGINの放送はだいぶ前に終わってしまいましたが、とりあえず早い段階でシャア専用ザクⅡが完成して一安心です。オリジン版のザクは作りがいいので塗装しても映えますね。次は何を作るかは未定ですが、できれば今旬のガンプラにチャレンジしたいですなぁ。(でも多分、今ほったらかしのアイツに手を付けるかと・・・。)

⇒楽天でHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す
⇒駿河屋でHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す
⇒ヤフーショッピングでHG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.を探す

コメントを残す