HGガンダムグシオンリベイクの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、HGガンダムグシオンリベイクの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

10356497p

ガンダムグシオンリベイクは、ガンダムグシオンを鹵獲した鉄華団が、テイワズ支援のもとガンダムグシオンリベイクとして改修した機体です。このため随所にガンダムグシオンのデザインが見られます。ガンダムフレーム内蔵ということもあり、バルバトスと同型のスタイルも併せ持つ機体になっています。さらに通常装備以外にも、背面バックパックに隠し腕を持つなど、ロングレンジライフル所有の長距離攻撃だけでなく接近戦でも威力を発揮するであろう装備を持っています。

では早速HGガンダムグシオンリベイクの塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。完成度はそれなりですが、少しでも塗装の参考になれば幸いです。

■塗装後(アフター)

DSC_0001 DSC_0026

■塗装前(ビフォー)

DSC_0001 DSC_0002

HGガンダムグシオンを各部アーミーっぽく色分けしたので、HGガンダムグシオンリベイクも同じように色分けをしてみました。少し奇抜な塗装になって珍しいかもですが、まあ良しとしましょう。

HGリベイクの外装は本来薄茶色系のボディをしていますが、今回の塗装では少し濃い目の茶色を各部にほどこしてみました。

MG(マスターグレード)などのガンプラは同じ白でも部分的にグレー系の色合いになっているのでリアル感が増しています。なので今回のHGガンダムグシオンリベイクもそれを意識して、各部濃い目の茶色で塗り分けてみたわけです。

本当ならもう少しボディーに近いカラーリングにして色の差が出ないようにしたかったのですが、少し茶色が濃すぎて奇抜なデザインになってしまいました^^;結果的にはそこまで悪くはない塗装には仕上がっていると思います。

シールドやバックパックの色分けなどはマスキングに結構手間取りましたが、マスキングをすればするほどキレイに仕上がっていきます。なので、やはりガンプラの完成度を高めるにはとにかく練習あるのみと感じました。

鉄血系のガンプラはモールドが多く、このグシオンリベイクもシールドなど細いディティールが入っているのでそれほど手を付けることもないですね。気になったのは脚部の腿の両脇と隠し腕用バックパック、そしてすねの辺りです。

この辺りはスジボリを考えたのですが、スジボリはすね部分だけにして、他の部分は塗装の塗りわけとデカールでアレンジしてみました。

それでは少し参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

DSC_0013 DSC_0015 DSC_0025 DSC_0033 DSC_0054 DSC_0056

それではHGガンダムグシオンリベイクの塗装レシピです。

■HGガンダムグシオンリベイクの塗装レシピ

○内装部分:スターブライトアイアン(ガイアカラー)
○外装部分(濃い目部分):ジャーマングレー10%+モンザレッド10%+橙黄色15%+ホワイト65%(Mr.カラー)
○黄色部分:橙黄色80%+レッド10%+グレー10%(Mr.カラー)
○黒部分:フラットブラック80%+グレーグリーン20%(Mr.カラー)
○白部分:フラットホワイト95%+グレー5%(Mr.カラー)
○ロングレンジライフル:ジャーマングレー(Mr.カラー)
○ロングレンジライフル白い部分:
フラットホワイト(Mr.カラー)
○額メインカメラ:チタンシルバー+フラットグリーン(タミヤエナメル)
○スミ入れ:コピックモデラー、フラットブラック、フラットブラウンなど(タミヤエナメル)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

使用したデカールはハイキューパーツのRB01コーションデカール(グレー)(グレー×オレンジ)、メタルパーツはいつものイボルブワークス製1.7mmメタルパーツです。

ショルダーアーマーやシールドなどは特にパーツが色分けされていないので、本編どおりに塗装しようと思ったらほぼマスキングが必要です。筆塗りでもきれいにできれば問題ないですが、ムラなく仕上げるにはエアブラシ&マスキングかと。マスキングで塗装後はモールド(スジ)にスミ入れをすればキレイになりますね。

隠し腕用バックパックもなかなか手強いところです。円形の黒い部分は脇をマスキングで固めて塗装しました。

DSC_0029

円形のマスキングテープなどを使えばキレイに仕上がるかもしれませんが、自分は普通のマスキングテープを小さく切り取ってちまちま円形に並べていきました。

それでも若干塗料がはみ出るのですが、そこはコピックモデラーのブラックで縁をなぞればキレイな黒丸型に仕上がります。顔に関してはカメラアイの部分は付属のシールを使っていますが、それ以外のところは面相筆で細かく塗装しています。

マスキング塗装といい、面相筆の細い塗装といい、初心者にとってはかなり難しく、キレイに仕上げるにはそれなりのレベルが必要です。そういった意味ではHGグシオンリベイクの塗装はなかなかの上級者向けと言えるかもしれません。

ですが、マスキングはやればやるほど綺麗に仕上げるコツを覚えますし、どうやればキレイに仕上がるかを考えるのもガンプラの楽しさです。キレイに仕上がった時の喜びは感慨深いですし、次の作品に活かせるので頑張って塗装してみてくださいね。

では幾つかHGガンダムグシオンリベイク(塗装済み)の画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

DSC_0003

DSC_0004 DSC_0008 DSC_0012 DSC_0016 DSC_0031 DSC_0041 DSC_0047 DSC_0052 DSC_0057 DSC_0060 DSC_0065

DSC_0043

さて、1/100サイズのガンダムグシオン/グシオンリベイクが発売になりましたので、個人的には塗装をどうするかな~といったところです。参考にしてみてくださいと言っておきながら、ちょっとこれらとは違うデザインにしようかとも考えています。(迷彩ではなく普通のバージョンにしてみようなかなぁと^_^;怒らないでねm(_ _)m)

多分内装関係はいつもどおりスターブライトアイアンになるでしょうし、迷彩以外はそれほど変えるところもないのでそれほどレシピ的には変化ないと思います。外装パーツの色合いを少し変えるくらいかな?

HGよりもコンパチ可能な1/100サイズの方が人気っぽいので、また1/100ガンダムグシオン/グシオンリベイクの塗装レシピ&写真レビューもそのうちレビューしたいと思います(^^) 今回はHGグシオンリベイクの塗装レシピでしたが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムグシオンリベイクを探す
⇒駿河屋でHGガンダムグシオンリベイクを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムグシオンリベイクを探す


2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2016年2月23日 at 16:55 - 返信

    ヤバいですね。想像は容易に出来ましたが、実際にそうだと聞くと、マスキング地獄を想像して憂鬱になります。が、私も少しは経験値を上げているつもりなんで、挑んでみたくもなりますね♪(´ε` )
    自分を奮い立たせる事が出来るかが、一番の課題かも知れません。

    • nori

      on 2016年2月23日 at 16:59 - 返信

      コメントありがとうございます!
      HGのリベイクはかなり難儀ですね^_^;サイズも小さいのでちまちま感があります。ですがそのぶんやりがいはありますね。
      1/100のグシオン/リベイクはその点が見事に解消されていて、ほとんどマスキングの必要がないくらいになっていて楽です(^^)
      サイズが大きいぶん欠点もありますが、それはまたレビューしてご紹介したいと思います。
      1/144サイズは手頃ですし、収まりもいいです。どちらにも良さがありますね。

コメントを残す