1/100 ガンダムバルバトスの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、1/100 ガンダムバルバトスの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

20151102160439ff5-2

1/100ガンダムバルバトスは劇中のガンダムフレームエイハブリアクターを再現しているガンプラです。HGには付属しなかった滑空砲が標準で付属となり、関節など細部までリアルに再現されています。

紋章やバックパックが色分けされていない、滑空砲がHGサイズと比べてほとんど違いがないなどまだまだ物足りない部分もいくつかありますが、番組初期段階での発売であったり、まだ試作段階ということを考えるとそれなりに完成度の高いガンプラといえるのではないでしょうか。

そんな1/100ガンダムバルバトスの塗装、組み立てが完了しましたので、塗装を施した画像とその塗装レシピをご紹介したいと思います。

ではまずは塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。

■塗装後(アフター)

DSC_0018 DSC_0021

■塗装前(ビフォー)

DSC_0077

DSC_0078

以前にご紹介したHGガンダムバルバトスの塗装レシピと比べて基本的な部分はそれほど変わりない色を使っていますが、関節部から見えるシルバーパーツや武器、滑空砲などを少し色合いを変えています。

この1/100ガンダムバルバトスもガンダムの基本であるトリコロールカラーは淡いカラーリングにしていて、内部フレーム系はアイアンやシルバーの塗料で金属感を出しています。さらに、ところどころブラックが散りばめられているので、全体的なカラーバランスはかなり良い物に仕上がっていると思います。

脚部のスジボリやメタルパーツも大きさこそ違うものの、HGのバルバトスとほぼおなじ位置に配置させてあまり変化を出していません。

ですがもともとバルバトスのディティールは申し分ないので、これくらいが調度良いのではないでしょうか。(あまりやり過ぎても下品になるかもしれませんし。)結果的に改修ポイントがワンポイントとしていい味を出していると思います。

では少し参考画像をご覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

DSC_0012 DSC_0017 DSC_0024 DSC_0026 DSC_0032 DSC_0035 DSC_0046 DSC_0048 DSC_0057 DSC_0059

DSC_0063

それでは1/100ガンダムバルバトスの塗装レシピです。

■1/100ガンダムバルバトスの塗装レシピ

○内装部分:スターブライトアイアン(ガイアカラー)
○内装部分(シャフトシルバー部分):スターブライトシルバー(ガイアカラー)
○内装部分(ゴールド部分):ゴールド(Mr.カラー)
○青色部分:コバルトブルー+インディブルー+ホワイト(Mr.カラー)
○赤色部分:シャインレッド+レッド+イタリアンレッド+あずき色(Mr.カラー)
○黄色部分:橙黄色(Mr.カラー)
○武器類(滑空砲含む):ジャーマングレー(Mr.カラー)
○紋章部分:フラットレッド+フラットホワイト(タミヤエナメル)
○黒部分:ブラック(Mr.カラー)※場所によってエナメルのフラットブラックを使用
○滑空砲センサー部分:メタリックグリーン(Mr.カラー)
○滑空砲白い部分:フラットホワイト(Mr.カラー)
○スミ入れ:コピックモデラー、フラットブラック、フラットブルー、フラットブラウンなど(タミヤエナメル)
○トップコート:Mr.スーパークリアーつや消し

○デカール:ハイキューパーツのRBコーションデカール(ホワイト)、(グレー×オレンジ)、TRデカール(ナンバー)

白い部分以外は塗装をしています。白い部分はトップコートだけの簡単フィニッシュです。

紋章部分は赤色部分の塗装色をさらに白でピンクに近い色にしました。紋章部分は塗装していない白いパーツにタミヤエナメルでの塗装なので、エナメルの溶剤ではみ出たところを拭き取ればOKです。

ガンダムフレームのシャフト部分はパーツが分かれていないので、マスキングをして塗り分けました。

この他、ショルダーアーマーの黄色と裏面の黒、腿の上部、バックパックの黒い部分(一部はエナメルなどでの筆塗りです。)、滑空砲、内部フレームのゴールと部分(一部)などをマスキングして塗装しています。

では幾つか塗装した1/100ガンダムバルバトスの画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

DSC_0016 DSC_0027 DSC_0030 DSC_0036 DSC_0045 DSC_0047 DSC_0050 DSC_0053 DSC_0060

合わせ目が少し気になるところですが、組立工程をご紹介する都合上、致し方ない部分ではあります。(といいつつ、少しめんどくさかった感もあります^^;)

ですがそれ以外のところは自分でもかなり満足感があります。もちろん、スミ入れの精度やマスキング塗装の完成度など、高めていかないといけない部分も多々ありますが^_^

失敗すると手直しが大変ということもありますが、やはりガンプラは細かく手を加えてこそいいものに仕上がりますし、失敗を恐れずにいいものに仕上がるよういろいろと試してみてみましょう。

HGのバルバトスとこの1/100のバルバトスそれぞれ良し悪しや組む都合などありますが、お好みの方にチャレンジしてみていただければと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天で1/100 ガンダムバルバトスを探す
⇒駿河屋で1/100 ガンダムバルバトスを探す

icon


コメントを残す