MG プロヴィデンスガンダム用 ドラグーンディスプレイエフェクト レビュー

今回は、MG 1/100 プロヴィデンスガンダム用 ドラグーンディスプレイエフェクトのレビューをご紹介します!

hakoe_w1500

MG 1/100 プロヴィデンスガンダム用 ドラグーンディスプレイエフェクトは、別売りのMGプロヴィデンスガンダムをドラグーン射出状態でディスプレイしておけるオプションセットです。合計11基のドラグーンを迫力あるスタイルでディスプレイ可能。クリアーブルーパーツによる劇中の射出演出とクリアーグリーンパーツによるビーム発射状態が再現可能です。価格は2,376円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

000

大きめのドラグーン射出再現ユニットが4本、やや小さめのドラグーン射出再現ユニットが8本、そしてドラグーン用ビームエフェクトパーツが10本用意されています。ただし大きめのドラグーン射出再現ユニットは3本しか使用しません。1本は余剰パーツとなります。

001

このドラグーンディスプレイエフェクトは、MGターンXのオールレンジアタック用に付属していた『BA3-J2』クリアーランナーが使用されているため、その余剰パーツが多数付属します。

001_2

MGプロヴィデンスガンダム用の水転写デカールが付属。上部は「ガンプラビルダーズワールドカップ2013」世界チャンピオンの山内俊平氏デザインの新規デザインマーキングで、下部は通常版のマーキングです。MGフリーダムガンダムVer.2.0用拡張エフェクトセットに付属していたものと同様に、シルバー部分は特色刷色が採用されています。

002

大きめのドラグーン射出再現ユニット。前述しましたが、使用するのは3本のみで1本は余剰パーツです。

003

大型ドラグーンをマウントして射出状態を再現します。クリアーのアームジョイントパーツを2本連結させたものになります。

004

大型ドラグーンマウント側。モナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。発射炎の細かなディテールが演出されています。

005

ドラグーンシステムのバックパックにマウントする側です。よりシャープなディテールになっていて細身です。こちらは一体型パーツでアームジョイントパーツに差し込むだけでOK。

006

アームを組み替えることで様々な形状に変化させることが出来ます。ロック機構があるので一定の角度で固定させることができます。

007

100

バックパックに装備されている3基の大型ドラグーンにマウント。伸ばした状態でマウントすると、かなりワイドな演出になります。この状態でディスプレイしておくにはかなり広い場所を確保する必要があります。

101

エフェクトパーツが細身なので、ドラグーンの重量に対して若干ひわる感じがありますがなんとか耐えてくれます。

008

小さいドラグーン射出再現ユニット。小型のドラグーンをマウントして発射状態を演出します。バックパックに2本と、腰周りに6本の小型ドラグーンを発射状態にするために使用します。こちらもクリアーのアームジョイントパーツを2本連結させたものになります。

009

小型ドラグーンマウント側。大型ドラグーンよりも細身です。モナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。ドラグーンを差し込んでマウントさせますが、何度か抜き差しすると合わせ目が広がるので、ドラグーンがポロリしやすくなります。

010

反対側は1個パーツなので、クリアーのアームジョイントパーツに差し込むだけの仕様です。

011

こちらもアームを組み替えることで角度調整が可能。ロック機構によって一定の角度で固定させることができます。

012

102

小型ドラグーン用でも長いので、マウントするとだいぶ広範囲に広がります。

103

バックパック側のマウント部分は前方に可動しますが、重さでドラグーンが倒れることはなさそうです。

014

腰部のドラグーンにマウントさせてみました。かなり長いので、アクションベースをだいぶ伸ばして高さ調整をする必要があります。サイドアーマーがエフェクトパーツの重量に耐えられないので、画像のようにドラグーンが常に下がった状態になってしまいます。

013

大型ドラグーン射出再現ユニットと小型ドラグーン射出再現ユニットを比較してみました。長さも大型のものの方が長いです。

105

エフェクトパーツを全てマウント。かなり広範囲での演出となります。全てのドラグーン射出エフェクトパーツをマウントしましたが、バックパックはなかなか安定した状態で耐えてくれています。

106

107

108

それぞれの角度調整をすることで、ドラグーンを集中砲火させる演出も可能です。バックパック側面のドラグーンはしっかりと差し込むとなんとか重量に耐えられました。腰部のドラグーンは脚部を支えにして演出させています。

110

各部のアームをひとつ減らして長さを調整をすることで、小スペースでのディスプレイも可能になります。

111

112

113

アームショートバージョンでの一斉射撃を演出。

016

018

019

022

ドラグーン用ビームエフェクトパーツは長短のものが合計10本付属。

023

小型ドラグーン(バックパック側)用のビームエフェクトパーツ。長短のものが各2本付属します。

024

マウント部分がU字型になっています。ダボの側面にゲート跡があるので、きれいにカットしておかないとマウントしにくくなります。

025

U字のダボ穴をドラグーンのマズルにマウントさせて演出します。

026

長短のビームエフェクトによって、マウントすると同じ長さになるよう設定されています。

027

ビームエフェクトパーツをマウントした状態でもアームで保持可能。それほど重量の負担にはなっていないようです。ただし、ビームエフェクトパーツはポロリしやすいので注意です。

028

大型ドラグーン用ビームエフェクトパーツ。2本付属します。マウント部分がが円形になっています。

029

大型ドラグーン先端に差し込むだけでマウント可能。

030

こちらもアームにマウントさせてもそれほど保持に影響はなし。

031

032

腰部の小型ドラグーン用ビームエフェクトパーツ。各2本ずつ付属します。全ての腰部ドラグーンにビームエフェクトパーツが付属するわけではないので、どれか2本に絞ってビームエフェクトをさせることになります。

033

マウント側はU字型のダボ穴になっていて、先端は2段になっています。バックパック側のドラグーン用ビームエフェクトパーツとは違った演出がされています。

034

こちらも長短のビームエフェクトパーツをマウントさせることで長さが同じになります。

035

036

037

ドラグーン射出再現ユニットとビームエフェクトパーツをマウントしてフルバーストのような状態を再現。

では適当に何枚かどうぞ。

020

021

017

115

114

以上です。かなり広範囲に演出されるディスプレイエフェクトパーツなので、組み換え作業がやや大掛かりで手間になることと、ビームエフェクトパーツがたまにポロリしたりするのは若干ストレスがあるかもです。ですがある程度形にしたらその位置で割りと我慢してくれますし、画像のような派手な演出ができるのは嬉しい限りです。

これでもかというくらいのフルバースト状態や一斉射撃状態はこのエフェクトユニットならではなので、劇中でフリーダムを追い詰めた名シーンを再現しつつMGプロヴィデンスガンダムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

114

コメントを残す