icon icon

EXモデル 駆逐モビルポッド オッゴ レビュー

今回は、EXモデル 1/144 駆逐モビルポッド オッゴのレビューをご紹介します!

EXモデル 駆逐モビルポッド オッゴは、『機動戦士ガンダム MS IGLOO黙示録0079」』第2話に登場する『駆逐モビルポッド オッゴ』の1/144スケールモデルキットです。駆逐モビルポッドの特徴的な機体形状を新規造形で再現。パーツの差し替えによるアーム展開ギミックの他、180°回転可能なターレットにより、背後への攻撃形態が再現可能なキットになっています。ザク・マシンガン、ザク・バズーカ、ミサイルポッドといった武装類が付属。価格は3,850円(税込み)です。

一年戦争末期、モビルスーツの絶対数不足を補うべく、「決戦兵器」と称して緊急開発された『駆逐モビルポッド オッゴ』がEXモデルでキット化。ドラムフレームを取り入れたリサイクル兵器らしい素朴な雰囲気の機体形状が新規造形で再現されています。

成型色はマットな質感のブラウンとダークグレーの2色。アルビオンなど戦艦系のEXモデルはホワイト成型色のみで塗装が必須でしたが、このオッゴは素組みでも様になるくらいの色分けが再現されています。

ホイルシールは付属せず。アームやセンサーなど一部を塗装する必要があります。

KPSやABSは不使用。すべてPS素材で構成されています。

ポリキャップも不使用。左右のアームマウント部や上部カメラユニットが回転ギミックがありますが、各部ともパーツの組み合わせのみの構造になっています。

ザク・バズーカ、ザク・マシンガン、6連装ロケット弾ポッド、シュツルム・ファウスト✕2、差し替え用の展開時アーム(左右)、台座用の支柱パーツ2種、裏面カバーパーツが付属。

専用の水転写デカールが付属します。ナンバーデカールも一通り付属し、エルヴィン・キャディラック曹長搭乗の『021』号機も再現可能。

上部センサーユニットは多数パーツの組み合わせで緻密に造形。センサー類や可動レールなどもメカニカルでリアルに再現されています。右のセンサーはグリーンに、左のグレーセンサーは中央をピンクに塗り分けが必要です。中央のレールもグレーに、後部動力パイプの一部もレッドに塗り分けが必要。グレーのセンサーは上部アンテナが細身なので破損に注意です。

センサーユニットは360度回転可能。

中心のドラムフレームは大まかに上下の2個パーツ構成ですが、表面にはスリットモールドなどが細かく造形されています。表面にある4基の突起パーツ(フック?)は別パーツ化されているので塗装で塗り分けても良さそうです。小さいパーツなので紛失に注意して組み付けます。

 

後部はドラムフレームの装甲にスリットモールドが造形され、後部ダクトもパーツによる色分けを再現。こちらも各部の突起パーツは別パーツ化されています。

両側面には武器アタッチメントが造形。右側は上部にザク・マシンガンやザク・バズーカ用のホルダーが造形されています。側面は中央武器アタッチメントと共に3基の小型アポジもモールド化。それぞれダークグレーに塗り分けが必要です。

前面中央は即席感のある装甲で個性的。後部は左右に1基ずつバーニアが造形。バーニア内部は網状のモールドが細かく造形されています。

オッゴ前面には武器アタッチメント下部から中央にかけてクロー展開用のアームが造形。アームは上下の簡単な組み合わせ箇所が多く合わせ目ができます。各部とも分解できるので合わせ目消しはラクそう。

オッゴ裏面もかなりメカニカル。ドラムフレームの裏面には動力パイプ、アームにはシリンダーシャフトなどが細かく造形されています。

専用の台座は重機的なフレーム構造。底板は1個パーツ構成です。接地面が広いので、オッゴをディスプレイしてもバランスが良く安定しています。

オッゴの下部中央には3.0mm穴があり、こちらを使用することで台座に設置できますし、アクションベースなどを使用すれば浮かせてディスプレイさせることもできます。付属のカバーパーツを組み付けることで穴を塞ぐことも可能。カバーパーツは小さいので紛失に注意です。

台座には2本(合計3本)の支柱パーツが付属し、組み替えることで高さ調整が可能。ディスプレイ時の高さがかなり変わってきます。

HG陸戦型ジムと並べてサイズを比較。適度な大きさがあり、縦横共にHG1.5体分ほどの幅があります。台座を含めない場合でも陸ジムを寝かせたくらいの大きさでまずまずの存在感。

劇中で対峙したボールが手元にないので、気休め程度にHGUC量産型ザク(040(画像左)、HGUCザクⅡ(241)(画像右)と並べて。オッゴがメカニカルなので、どちらかといえばリメイク版と組み合わせたほうが良さそうです。

展開時のアーム(左右)。L字型に角度の付いたアームで、先端のクローも展開した状態で造形されています。収納状態と同様、シリンダーシャフトも別パーツでの再現。アームの可動ギミックはありません。

アームの基部は上下のモナカ割で左右に、先端部分は左右のモナカ割で上下に合わせ目ができます。節目ごとに分解できるので合わせ目消しはラク。

先端には展開した状態のクローが再現されています。クローの先端部や後部の引き出されたアーム部分はシルバーに塗り分けが必要。

クローは上下に開閉可能。簡単な表情を付けることができます。先端部の可動ギミックはありません。内側には適度なモールドが造形。

アームを組み替えて展開状態に。なかなか個性的なシルエットですが、構造が急造機らしく簡素。連邦のボールと同じ匂いがしますね。良く言えば「分かりやすい」、悪く言うと「単純」な感じ。

アームは武器アタッチメント部分を中心に反転させることができます。

ザク・バズーカ。280mmもしくは240mm口径の対艦用武装になります。オッゴで編成された小隊の場合は1機のみが装備することが多いとのこと。

本体部分は左右の組み合わせで上下に合わせ目ができます。砲口と後部は別パーツ化。

センサーやフォアグリップは上下に可動します。センサーはピンクに塗り分けが必要。

エコプラですがHGUC量産型ザク(040)(画像左)、HGUCザクⅡ(241)(画像右)に付属のザク・バズーカと並べて。それぞれ形状が違っています。オッゴ用に新造されたもの(画像中央)はセンサーやフォアグリップが前寄りなのが特徴。

ザク・バズーカの装備は一旦オッゴ側面の武器アタッチメントを外して組み付けます。グリップをしっかりと挟み込むので、特にふらついたりポロリしたりすることはなさそうです。

ザク・マシンガン。口径120mmの大型機関砲で、オッゴのみならず、ジオン軍で最も多く使用された主兵装になります。他のHGUCザク系などに付属しているものとは異なり、フォアグリップがありません。

本体部分は左右の組み合わせで上下に合わせ目ができます。個体差かもですが、固定強度がいまいちで銃口やドラムマガジンがバラけやすいので注意です。

センサーは上下にスイングが可能。表面をピンクに塗り分ける必要があります。

こちらも武器アタッチメント部分を外して組み付けます。グリップ周りを包み込むように組み付けられてしっかりと固定させることができます。

ザク・マシンガンもHGUC量産型ザク(040)(エコプラ)(画像左)、HGUCザクⅡ(241)(画像右)に付属のザク・バズーカと並べて。すべて形状や大きが少しずつ違っています。

6連装ロケット弾ポッド。側面にマウントされるロケット・ランチャーになります。発射筒を6つ円環状に束ねただけの簡易的なものですが、単純な投射火力は高く、大隊規模の一斉射撃であれば小艦隊級の目標にも有効とのこと。筒型パーツや薄型のパーツを重ね合わせる構造で、側面の一部に縦状に合わせ目ができます。一部をブラウンに塗り分けが必要。

6連装ロケット弾ポッドはオッゴ側面のアタッチメントを外して組み付けます。固定強度がまずまずあるので簡単には外れません。

シュツルム・ファウスト。ジオン軍で幅広く使用されている定番の使い捨て式ロケットランチャーになります。オッゴの場合はジョイントパーツに2基、前後互い違いに1本ずつ装備。アタッチメントを回転させることで連射することが可能となっています。

シュツルム・ファウストはジョイントパーツから取り外しが可能。弾頭部分がモナカ割で合わせ目ができます。弾頭部分はオレンジに塗り分けが必要。

シュツルム・ファウストもオッゴ側面のアタッチメントを外して組み付けます。アタッチメント部分はしっかりと固定されますが、グレーのジョイントパーツが少し外れやすいかなという印象。

簡単に武装して。

あまり可動箇所がないので動きは付けにくいですが、ディテールがしっかりとしているので見栄えがしますし、少し斜めにディスプレイさせれば、劇中の出撃後に向かってくるような演出は十分表現することができます。

背面も情報量が多いのでなかなか見応えがありますね。

センサーユニットを可動させれば少し表情を付けることができます。汚しなどを施すとリアルさや実機感が出てもっと良くなりそうですね。

アームを展開状態のものに組み替えることで、コンパクトなオッゴにダイナミックさが出てきます。

武器アタッチメントを反転させて後方への攻撃シーンを演出。前方への展開とは違ったワイルドさがありますが、展開状態のアームに組み替えないと武器アタッチメントがロールできないのはちょっと難儀かも。

ザク・マシンガンと6連装ロケット弾ポッドに組み替えて。6連装ロケット弾ポッドは厚みのある武装なので、オッゴに装備させると幅が出ますし、その分重厚感が出るのがいいですね。

アームは片側のみを展開状態にしてみても面白そうです。

ザク・マシンガンとザク・バズーカの併用はできませんが、シュツルム・ファウストは左右両側に組み付けられるので少しは装備を盛ることができます。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。連邦のボールと同様、見た目が素朴でヒロイックという分野からは程遠いですが、このEXモデルは細部まで細かく造形されていてディテールがしっかりとしていますし、色分けも2成型色で再現されているぶん設定に近く、格好良く仕上がっています。オッゴを複数用意すれば、物量で勝る編隊も組めそうですね。

気になる点はあまりないですが、ザク・マシンガンの固定が甘く、銃口などがポロリしやすかったのと、小さいパーツがいくつかあるので、組み立て時に紛失しないように注意です。それとオッゴの元々の設定なのかもですが、アームを展開しないと武器アタッチメントが反転できないのはちょっと寂しいですね。

展開状態のアームに組み替えるとダイナミックさが出ますし、各部に武器を盛ればオッゴ単体でも重武装仕様になって迫力が出ます。更にザクやボールと組み合わせれば戦闘シーンもリアルに演出可能。造形的にも申し分なく、リサイクル兵器とは思えない質の高さを感じさせるキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでEXモデル 駆逐モビルポッド オッゴを探す
⇒DMM.comでEXモデル 駆逐モビルポッド オッゴを探す
⇒駿河屋でEXモデル 駆逐モビルポッド オッゴを探す
⇒楽天でEXモデル 駆逐モビルポッド オッゴを探す
⇒ヤフーショッピングでEXモデル 駆逐モビルポッド オッゴを探す

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く、長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

積みプラは罪 管理人様、いつも記事を楽しく読ませて頂いております!レビューを見て満足してしまい自身の積みが消化出来ません笑 オデッセイの制作をされるどの事でしたが、実車用のタッチアップペンで塗装などされて見ては如何でしょうか?これからもガンプラレビューや制作など楽しみながら見させて頂きますので、管理人様も楽しみながら制作&記事更新をお願い致します!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す