icon
icon
icon

HG エルガイムの塗装済み完成品 レビュー

今回は、HG 1/144 エルガイムの塗装済み完成品 レビューをご紹介します!

HGエルガイムが完成しましたので、塗装済み完成品のレビューと塗装レシピをご紹介していきます。

今回製作したHG エルガイムは、派手な改修、ディテールアップなどはせず、部分的な合わせ目消しと後ハメ加工、マスキングによる色分け塗装くらいで仕上げています。

その中で外装の白をパール塗装し、少し上品な雰囲気が出るようにしてみました。その他の成型色もメタリック塗料を混ぜて塗装していますが、つや消しを吹いたこともあってあまりわからないですね;それではまず塗装後と塗装前の画像からどうぞ。

■塗装後(アフター)

■塗装前(ビフォー)

成型色に近い色味で塗装しているため、素組みと比べてもほとんど差はない状態。ですが白外装にパールシルバーを吹いたので、全体がパール調の艷やかな感じになりました。実物だともっとパール感が強いです。その他は細部モールドを塗り分けているのと、背部のランドブースターをマスキングで塗り分けている分、少し印象が違っているくらいです。

いろんな角度から。エルガイムにマーキングというのが想像できなかったので、デカールなどは貼らずに仕上げています。

頭部は特に何もしていません。額と後頭部の三角モールドを塗り分けたくらい。ゴーグルはハセガワのホログラムフィニッシュシートを貼ってみましたが合わなかったので剥がしました。

胴体部。胸部は左右のフレームに合わせ目があったので、頂部のモールドを一旦切り離し、合わせ目を消してから接着しておきました。その他色分けするため、内部フレームパーツを後ハメ加工しています。腰アーマー各種のモールドや背中などはエナメルのダークアイアンで塗り分けています。

腕部はショルダーアーマーの付け根(肩側)は合わせ目を段落ちモールド化。前腕の合わせ目は後ハメ加工をして消しておきました。側面のスリット入りダクトはダークアイアンで塗り分け。

脚部は大腿部の合わせ目を消し、マスキング塗装してます。アンクルアーマー側面の◯モールドはマスキングで塗り分け。膝内側など各部の細かいモールドはダークアイアンで塗り分けました。

ランダムストレートは展開可能。内部はシリンダーをガンメタル系、シルバー系で塗り分けています。部分的なモールドもエナメルのガンメタルで筆塗り。装甲の内側も黒く塗り分けました。

ランドブースターは上部の装甲板をマスキングして塗装後、本体内に収納して合わせ目消し。その後マスキング塗装などで色分けしました。かなりめんどくさかったですが、その分仕上がりには満足しています。ウイングの内側はエナメルのガンメタルで塗り分けています。

HG エルガイムの塗装レシピです。

■HG エルガイムの塗装レシピ
外装(パールホワイト):(下地:白サフ)セミグロスホワイト(ガイアカラー)を吹いたあと、パールシルバー(ガイアカラー)で塗装
外装(ダークブルー):(下地:白サフ)ブルーグレー40%+ガンメタル35%+ウルトラブルー25%(すべてガイアカラー)
○関節・内部(ライトブラウン):
(下地:サフ)サンドブラウン60%(Mr.カラー)+ライトステンレスシルバー30%(ガイアカラー)+ウッドブラウン10%(Mr.カラー)

脚部シリンダー(メタリックグレー):(下地:サフ)ガンメタル70%+ダークステンレスシルバー30%(共にガイアカラー)
脚部シャフト(シルバー):(下地:サフ、艶ありブラック)ライトステンレスシルバー(ガイアカラー)
脚部◯モールドや武装類(メタリックグレー)(下地:サフ)適当に混ぜ合わせたグレー(おそらくジャーマングレー+ガンメタル辺り)
ランダムストレート裏(ブラック)ガンメタル50%+フラットブラック50%(共にエナメル)
バスターランチャーの動力パイプ(下地:ピンクサフ)スカーレット(ガイアカラー)
バスターランチャーの砲身(下地:サフ)ブルーグレー40%+ガンメタル35%+ウルトラブルー25%+フラットホワイト適量
スミ入れ、細部の塗装などMr.ウェザリングカラー(マルチブラック)、ダークアイアン、ガンメタル、チタンシルバー、メタリックブルー(タミヤエナメル)
コーティング:スーパークリアーⅢ(Mr・カラー)、Mr.スーパースムースクリアーつや消し
※アイアン部分の希釈にはメタリックマスターを使用しています。

その他掲載していない塗料もあるので、詳しくはHG エルガイムの各制作工程をご参考くださいm(_ _)m

ライトブラウンの内部パーツはもう少し違った色にしても良かったと思いますが、調色した色味が成型色とほぼ同じ色に;ランダムストレートのダークブルーなどは割と思ったような色味になったと思います。

シールドは裏面をマスキングで塗り分けています。

パワーランチャーも合わせ目を消したあと、砲身部分をメタリック系で塗り分けています。

バスターランチャーは後ハメ加工を施したあと、合わせ目を消しています。組み合わせ箇所が複雑な形状をしているため、後ハメ加工がかなり難しいので注意が必要です。

後部の内側は底のスリットモールドをプラ棒で再造形。奥にはモデリングメッシュを接着してディテールアップしています。

部分的なモールドや動力パイプはメタリックブルーやチタンシルバーで塗り分けています。

一通り武装して。

腰回りが干渉しやすいので、塗装した場合は各部の塗装剥げが気になるかも。ビニールパイプが抜けやすいので注意が必要です。塗装後は気になるなら接着してしまっても良さそうです。(武器側のみ接着。)

ランダムストレートを展開して。シリンダーシャフトや装甲裏を塗り分けているので、そのあたりは素組みとは違った感じが出ているかと。ただ、何度も開閉していると干渉で色が剥げてくる場合があるので注意が必要です。

そんなに柔軟に動く方ではないので、干渉などが気になってポーズをとったりするのがちょっと怖いですね。塗装後はガシガシ動かさず、簡単なポーズなどでディスプレイさせておくのが良いかもです。

セイバーはクリアイエロー+パールシルバーで塗装後、フラットホワイトでグラデ塗装しています。

エネルギーケーブルの接続ピンはアイアン色に塗り分けました。

グリップを塗り分けたので違和感がなくなりました。少し深めの平手が付属するので、バスターランチャーを抱えるようなポーズは自然な形で再現できますね。

あまり多くは撮影していないですが、適当に何枚かどうぞ。

それでは今回もPC版・スマホ版壁紙をご用意しましたので、もし気に入ったものがあればダウンロードしてみてくださいね。ダウンロード方法:(①画像を右クリック → ②『名前を付けて画像を保存』をクリック → ③ディスクトップなどを選択して保存

■壁紙(PC版)

1920×1200サイズ

1920×1080サイズ
1600×1200サイズ

■壁紙(スマホ版)

750×1334サイズ 640×1138サイズ

 

以上です。成型色に近い色味で塗装したため、素組みと比べてそんなに変化がないのはちょっと不本意。ですが外装はパール塗装したことで少しツヤ感が出て、違いが表現できているのは救いかなと思います。ただ、マーキングを貼らない場合は変化が付けにくいところもありますし、その分素組みの完成度が高いキットだとも言えますね。

なのでこのHGエルガイムを塗装する場合は、全く違った感じにアレンジ塗装するなりしたほうが変化が出ていいのかも。目の荒いサフを吹いたため、表面に少し凹凸が出てしまっているのも課題点なので、次のパール塗装やキャンディ塗装などではもう少し目の細かいサフを使ってツヤ感が引き立つように仕上げていけたらと思います。

色々と気になる箇所はありますが、また次のキット製作に活かしつつ、満足いくものが作れたらと・・・・。

⇒あみあみでHGエルガイムを探す
⇒DMM.comでHGエルガイムを探す
⇒楽天でHGエルガイムを探す
⇒駿河屋でHGエルガイムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGエルガイムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す