SDガンダム クロスシルエット ユニコーンガンダム(デストロイモード) レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット ユニコーンガンダム(デストロイモード)のレビューをご紹介します!

SDガンダム クロスシルエット ユニコーンガンダム(デストロイモード)は、機動戦士ガンダムUCに登場するMS『ユニコーンガンダム』のSDガンダム クロスシルエットシリーズキットです。『密度感・組み立てやすさ・可動』を焦点にキット化。特徴的なサイコ・フレームをクリアーパーツで再現。別売りのCSフレームと連動させることで、高頭身、高可動形態が再現可能です。価格は1,080円(税込み)。

2018年12月に発売されたSDCSフェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) をベースにキット化された、機動戦士ガンダムUCの主人公機ユニコーンガンダム(デストロイモード)。外装とサイコ・フレームがパーツによって色分けされ、リアルさも表現されています。

成型色は外装がホワイト、サイコ・フレームがクリアーレッド。頭部アンテナやセンサーなどの色分けをシールで補うようになっています。内部のSDフレームはホワイト成型色。

ポリキャップを使わない構造で、肩や足の付根などはボールジョイント型。関節は劣化などでゆるくなってくることもありますが、パーツの組み合わせ強度は高めです。構造がシンプルなので、別売りのCSフレームへの組み換えは比較的ラクに可能。

頭部。頭身サイズに対してかなり大きいアンテナを装備しています。アンテナは表面のゴールドがシールでの色分けで、アンテナ中央部はグレーパーツでの色分け。とさか前後のセンサーはグリーンのシールを貼っての色分けです。サイコ・フレームだけでなくこめかみのバルカンもきっちりと色分けされているのがいいですね。

頭部は内部パーツを組み換えることで瞳入りと瞳なしがチョイス可能。瞳なしはグレーとメタリックグリーンパーツによる色分けとなっています。首のボールジョイント部が硬い場合があるので、ねじ切れたりSDフレームの軸が折れたりする前にグリスなどを塗って可動をスムーズにしておくのもありかと。(個体差がありそうです。)

瞳なしに組み換えて。また一味違った印象。

胸部から腰部。サイコ・フレーム部分がパーツによってうまく色分けされています。肩の左右センサーは塗り分けが必要です。

リアアーマーは装甲が展開した状態やバーニアまで1個パーツで表現。バーニアは塗り分けが必要です。フロントやサイドアーマーのサイコ・フレームもパーツでの色分けです。フロントアーマーはボールジョイント接続で適度に可動します。

腕部。ショルダーアーマー、前腕ともに細かくパーツ分けされています。ショルダーアーマーの固定強度は高め。他のキットのように外れたりすることがないのでストレスを感じません。フェネクスと同様に前腕にビームトンファーはありません。

脚部。膝のサイコ・フレームはパーツによって色分けされています。スネ周りのサイコ・フレームは塗り分けが必要。

足裏には肉抜き穴があります。

バックパック。サーベルは別パーツによる色分けです。本体部分は1個パーツ構成なので、バーニアやサイコ・フレームなどは細かく塗り分ける必要があります。

バックパックにはフェネクスと同じく中央にダボ穴があるので、アームド・アーマーDEを装備することも可能です。

バックパックは2ダボ接続。

なので他のSDCSキットバックパックも装備が可能です。

SDCSフェネクス デストロイモード(ナラティブVer.)と並べて。同型なので、ユニコーンガンダム本体は同じ形状。頭部形状がシンプルなのと外装がホワイトなので、その点ではユニコーンガンダムのほうが主人公機感が強いですね。一方、フェネクスのボリューム感も魅力的。

可動域に関してはSDCSフェネクス デストロイモード(ナラティブVer.)と同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒SDガンダム クロスシルエット ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) レビュー

シールド、ビーム・マグナム、ビームサーベル×2が付属。ビームサーベルは1個パーツなので、ビーム刃部分を塗り分ける必要があります。

シールド。フェネクスに付属(アームド・アーマーDEを分解)のものと同じです。サイコ・フレームが別パーツで色分けされ、縁は白いシールでの色分けです。裏面などは塗り分けが必要。

ビーム・マグナム。こちらもフェネクスに付属のものと同じ。1個パーツ構成で、片面に肉抜き穴があります。マガジンやシャフトは塗り分けが必要です。

ビーム・マグナムとシールドを装備して。シンプルな武装なので安定した保持が可能です。

低頭身なので、ちょっと動かせば躍動感が出るのはいいですね。

SDキットなのでどうしても干渉はありますが、何気ないポーズでも結構様になっています。

白の外装と赤のサイコ・フレームの組み合わせはとても映えますし、美しささえ感じさせてくれます。ちなみにサイコ・フレームはブラックライトで照らしても発光しませんでした。

続いて別売りのCSフレーム(ホワイト)に組み換えて。SDフレームよりも高頭身でスタイルが良くなりました。ツインアイは瞳なしに組み換えています。

SDフレームのユニコーンガンダムと比べて。個人的にはCSフレームのほうが好みかな。どっちもいいですけどね。

腕部。CSフレームによって二の腕と肘関節が追加された形になります。

脚部も大腿部と膝関節が追加されてサイズアップしました。足首も隙間が広がり、可動がスムーズになっています。

CSフレームでの可動域もフェネクスと同じなので、そちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒SDガンダム クロスシルエット ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) レビュー

肘や膝が曲がるので、ポージングでよりリアルな表現が可能になります。

平手などが付属していると、もう少しポージングの幅が広がったかも。

別売りのSDCSシルエットブースター(ホワイト)に組み換え、CSフレームよりもさらに高頭身に。

SDフレームのフェネクスと並べて。CSフレーム、シルエットブースターと、じわりじわりと高頭身に変わっていく感じ。

片足立ちで。

ビーム・マグナムにフォアグリップはないですが、腕を添えて両手持ちっぽく。肩が十分に可動するので余裕で再現可能です。

以上です。主人公機なので安定した良さがありますね。フェネクスと同型ですが、白い機体色には特有の美しさがありますし、造形もいいのでポージングしていても別格のかっこよさを味わうことができます。外装が白いからか、頭身を変えてもそんなに違和感を感じないのもいいですね。

SDフレームの低頭身もいいですが、劇中のポーズをある程度再現したい場合はより可動域の広がるCSフレームやシルエットブースターを使ったほうが、躍動感のあるポージングがしやすいと思います。

武器類は最低限のものしか付属していないので、もしフルアーマー・ユニコーンガンダムや覚醒Ver.などがキット化されるなら、平手や武装類が付属してくれると、よりポージングの幅が広がるでしょうね。

⇒楽天でSDCSユニコーンガンダム(デストロイモード)を探す
⇒駿河屋でSDCSユニコーンガンダム(デストロイモード)を探す
⇒ヤフーショッピングでSDCSユニコーンガンダム(デストロイモード)を探す

コメントを残す