SDBD RX-零丸の製作⑨ 簡単なディテールアップ、メタルバーニア追加など

今回は、SDBD RX-零丸の製作⑨をご紹介します!

前回、塗装、デカール、つや消しコートを済ませましたので、後は組み立てつつ各部をディテールアップ、メタルバーニアの取り付けなどをして仕上げていきます。今回で零丸の制作も終了なので、ラストには完成したRX-零丸を少しだけ披露したいと思います。

武装装甲八鳥の頭部と仮面パーツは、センサーや丸型モールドをグリーンに色分けするため、形状に合わせてハセガワのホログラムフィニッシュシートを切り出していきます。

仮面の丸型モールドはタミヤのモデラーズポンチ3.0mmでシートをくり抜き、他は形に合うよう、適当なサイズにカットしています。小さく、少しミスっただけでぐちゃぐちゃになりかねないので、何枚か予備を用意しておきました。

その他、頭部(SD体型、リアル体型共に)前後センサーやツインアイもシートを切り出します。

ツインアイはシールの大きさを参考に切り出しました。一回りくらい大きくカットし、シールを剥がしてからツインアイのパーツに貼り付けるといいと思います。フィニッシュシートがかなり取り扱いが難しいので、シールを剥がす時も崩れないよう注意です。

画像では顎までしかマスキングしていませんが、ツインアイ下部の縁までマスキングしておきます。(かなり難しいです;)

脚部の足首前側にある網状モールドは、マスキング塗装し忘れたので水性ホビーカラーのメタリックレッドで筆塗りしておきました。

脚部パーツは後ハメ加工しておいた部分を接着します。やり直しがきかないので、CSフレームや脚部外装パーツの向きに注意して正確に接着します。

肩アーマーのウイングは、一部を塗り忘れていたので、マスキングして下地艶ありブラック→ブライトゴールド(ガイアカラー)で塗装しておきました。

そしてリアル体型の膝部も塗り忘れていたので、しっかりとマスキングして下地艶ありブラック→ブライトゴールド(ガイアカラー)で塗装。ウイングパーツはデカールを貼り、塗装したゴールド部分をマスキングしてつや消しコートに備えます。

切り出しておいたホログラムフィニッシュシートやツインアイはクリアーグリーン(Mr.クリアーカラーGX)で塗装。

メタルバーニア(ハイキューパーツSTDスラスターショート6.0mmは、マルチプライマーを吹いて塗料の食いつきを良くし、内部はクリアーブルー(ガイアカラー)、外部はスターブライトシルバー(ガイアカラー)を吹いています。

塗装したホログラムフィニッシュシートを各部に貼り付けます。シートを塗装したことでホログラムのグリーンになり、宝石のような輝きを発します。バックパックには塗装したメタルバーニアを接着しておきました。

ウイングパーツはつや消しコート、膝パーツはゴールド塗装、そしてツインアイはエナメルのフラットブラックを吹いておきました。

それぞれマスキングを剥がすとこんな感じに。ツインアイはエナメル溶剤と極細の綿棒でツインアイのブラックを落とし、色分けしておきます。

そして後ハメ加工を施しておいた頭部パーツに下部から差し込んで接着。画像は仮ハメですが、接着する場合は首に赤いCSフレームボールジョイント型パーツを忘れずにはめ込んでおきます。

後は各パーツを組み上げたら完成です。それでは完成した零丸を簡単に何枚かどうぞ。

以上です。とにかくマスキング塗装の激しいキットでさすがに疲れました;ホビージャパンの作例担当者はきれいに仕上げているのでホントにすごいなと思います。

ただ、制作は大変ですが勉強になることも多いので、あえてハードなキットにチャレンジしてみるのもいいですね。またそのうち、完成した零丸の塗装レシピ&レビューもご紹介したいと思います。

では良いガンプラライフを。ではは~。

⇒楽天でSDBD RX-零丸を探す
⇒駿河屋でSDBD RX-零丸を探す
⇒ヤフーショッピングでSDBD RX-零丸を探す

コメントを残す